Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

Y社長のしゃぶしゃぶ鍋事件 社長や事務所の名前実名の特定は?

週刊新潮が報じたY社長の『しゃぶしゃぶ鍋事件』

一夜明けて、ワイドショー番組が一斉にこの事件を取り上げて大きな話題になっています。

ネットではパワハラというレベルではなく「傷害事件」としてY社長の実名報道をするべきではとの声が多く上がっています。

スポンサーリンク







しゃぶしゃぶ鍋事件でY社長の名前や事務所の実名特定の動き

日本はおかしくなってしまったのか。

当時25歳の芸能事務所社長のY社長のパワハラ報道が大きな話題になっています。

まずは、週刊新潮の報道のまとめと、本日22日に行われた被害者男性の会見をまとめてみたいと思います。

週刊新潮がY社長のパワハラを報道

本日発売の週刊新潮が芸能事務所のY社長によるパワハラを報じています。

簡単に報道の内容をまとめてみたいと思います。

ここにタイトルを入力

“加害者”は当時25歳の芸能プロ社長のY社長

被害者は当時23歳の従業員Aさん

事件は2015年12月20日 渋谷の居酒屋で行われた忘年会での出来事。

「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」

火がついたコンロに顔を・・・

Aさんが弁護士と会見

22日の午前にAさんが弁護士と会見を開きました。

報道をAbemaTIMESからご紹介します。

会見に同席したレイ法律事務所の河西邦剛弁護士によると、A氏は2014年、A氏が大学生の時に芸能事務所のY社長と出会い、イベントの手伝いを始めたという。

その半年後、A氏はY社長の芸能事務所に入社(現在は退社)したが、その年の忘年会で二日酔いし遅刻したことから坊主にするよう強要され、罰金10万円の支払いを命じられたのだという。

さらに翌2015年には半日以上にわたり正座で業務を行うことを強要されたり、寝坊について説明した際に顔を殴られたりしたこともあったという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00010007-abema-soci

 

しゃぶしゃぶ事件現場にはY社長の他にモデルなどもいた

Aさんが被害にあったしゃぶしゃぶ事件の現場の様子は壮絶なものだったようです。

AbemaTIMESの報道では2015年12月20日、渋谷にある居酒屋で撮影されたものだという。

この時はA氏とその友人に加え、Y社長、所属モデル、さらに取引先の人物も同席していたという。

何か面白いことをやれとY社長が強要

大きな話題になっているしゃぶしゃぶ事件のきっかけはY社長の一言から始まったようです。

この宴席でのパワハラ行為は「面白いことをやれ」というY社長の発言をきっかけに始まり、「出来ない」と答えるA氏に「じゃあ飲め」と苦手な柑橘系の酒をピッチャーで一気飲みするよう強要、飲み始めるとピッチャーの底を持ち上げたという。

そしてY社長はA氏の首を掴んで沸騰しているしゃぶしゃぶの鍋に2度にわたって顔を押し込んだ。

Y社長から「顔がほんとやばいから帰ったほうが良いよ」

Y社長からは宴席の終了時、「顔がほんとやばいから帰ったほうが良いよ」と言われたが、謝罪はなく、介抱されることもなかったという。

被害者のAさは泥酔しながらも山手線に乗ったものの明け方に友人に釣れられて病院に。

診断の翌日Y社長から「自分で突っ込んだんだよな」

しゃぶしゃぶ鍋事件で顔に大やけどを負ったAさんは火曜日に病院を診断。

翌日、Aさんの自宅を訪れたY社長は信じられない言葉をはっします。

「お前、自分から頭突っ込んだんだよな。何日後から仕事できるの。2,3日後からできるんだよな」との言葉を掛けたという。

Y社長の実名や事務所の名前を報道すべきの声

現在のところ、ネットではY社長や事務所の名前は公表されていません。

2ちゃんねるなどでは、Y社長の実名や事務所の名前を公表するべきとの声が多く上がっています。

現在のところ、事務所とは全く関係のない方の情報が間違って拡散されるなどの風評被害も出ています。

すでに渋谷警察に被害届が出てますが、証拠の動画もあるために逮捕は時間の問題なのでしょうか。

スポンサーリンク