INCIDENT

堤裕貴が現在逮捕で三菱重工広島にも家族もファンもショック・・

元オリックスバッファローズの内野手だった三菱重工広島の堤裕貴の現在がこんな形でNEWSになるとは。

妻はタレントの木口亜矢さん。堤裕貴は現在は三菱重工広島で野球も続けており、プロ野球を引退した後も恵まれた生活だった彼に何があったのだろうか。

スポンサーリンク



高校時代は俊足巧打の守備の名手


背番号 6
氏名 堤 裕貴 (つつみ ゆうき)
年齢 24歳
経歴 龍谷高校-オリックス・バッファローズ
出身地 佐賀県
身長 172cm
体重 70kg
投打 右・左
所属 山九(株)

堤裕貴は、龍谷高1年時から遊撃手のレギュラーに定着。

甲子園の出場経験はないものの、高い守備力と肩の強さに定評があった。

2011年のNPBドラフト会議でオリックス・バファローズから6巡目で指名される。

オリックスにプロ入り後はプロの高い壁にぶち当たる

これは堤裕貴だけではないが、例に漏れず彼もプロの高い壁にぶち当たる。

特に、金属バットの違いや二軍の投手でも高校時代とは桁違いのボールを投げる投手に悪戦苦闘。

一年目はプロで戦う為の基礎トレーニングなどを徹底的に行った。

その成果もあり、二年目の2013年に堤裕貴はフレッシュオールスターゲームに、同リーグ選抜のメンバーとして初出場を果すなど期待も高かった。

実際にファームのウェスタン・リーグでは100試合に出場するなど実質上の強化選手となっていた。

その年の消化試合となった10月には2番・セカンドとしてスタメン出場、さらに翌日は一軍公式戦での初安打・初打点・初盗塁を記録するなど二年目は翌年の飛躍を期待する順調な年となった。

その後は、タレントの木口亜矢との結婚の話題などがあったものの一軍の試合出場は一桁にとどまり2016年にオリックスバッファローズから戦力外通告を受けていしまう。

トライアウトを受験するものの、プロからは声がかからなかった。

引退後は三菱重工広島で野球を続けていた

オリックスバッファローズから戦力外通告を受けた彼は幸運にも三菱重工広島で野球を続けることが決定。

2017年から三菱重工広島で内野手としてプレーしていた。

ちなみに、三菱重工広島の監督は広島ファンには懐かしい町田公二郎監督だ。

 なぜ通用しなかったのか。プロ5年間を振り返り受け身だった自分に気づいた。他人の目ばかり気にし、コーチの指摘を納得できないまま実践し同じ失敗を繰り返した。

 「自分に素直な野球がしたい」。そう思っていた矢先、トライアウトに来ていた三菱重工広島の町田公二郎監督から声がかかった。

スポンサーリンク



堤裕貴は現在、第一子が誕生、木口亜矢さんは元タレント・・誰もが羨む人生なのに・・

堤裕貴はプロから社会人野球の活躍の場を移した。

プロ野球退団後は露頭に迷う選手も多い中で、堤裕貴は現在、幸運にも三菱重工広島で午前中はサラリーマン。

午後から練習という生活を送っていた。

昨年は妻でタレントの木口亜矢さんとの間に第一子が誕生。

誰もが羨む幸せな生活を送っていたという。

堤裕貴の逮捕の報道

そんな堤裕貴の逮捕の報道にネットや野球ファンはショックを受けている。

プロ野球オリックスの元選手で現在は社会人野球、三菱重工広島に在籍する会社員、堤裕貴容疑者(24)が、広島市内で24日に逮捕されていたことが25日、分かった。堤容疑者はタレント木口亜矢(32)の夫。

広島県警安佐南署の調べでは、堤容疑者は24日午後7時10分頃、同県安佐南区山本一丁目のスーパーマーケットの駐車場で犯行に及んでいたという。

スーパーの買い物客が目撃し、通報。駆けつけた同署員が同7時27分に現行犯逮捕された。犯行当時、堤容疑者は1人だった。

スポンサーリンク