2017年8月18日(金) 19時00分~19時56分放送の爆報!THE フライデー【実録ミステリー&あの美女は今大追跡SP!】にて、実録!S銀行・9億円横領事件が放送される事がわかった。

かつて日本中を驚かせた史上最悪の横領事件として実録!S銀行・9億円横領事件が特集される。
この事件は、滋賀銀行9億円横領事件のことだ。[

9億円というと、今の価値に換算するとなんと30億円もの金額になるのだ。

S銀行9億円横領事件こと滋賀銀行9億円横領事件の概要を改めて振り返ってみたい。

スポンサーリンク


S銀行9億円横領事件は滋賀銀行9億円横領事件・・・奥村彰子と山県元治と愛憎の物語

S銀行・9億円横領事件こと滋賀銀行9億円横領事件の事件概要からまとめる。

かつて日本中を驚かせた史上最悪の横領事件として、日本中を震撼させた滋賀銀行横領事件。
なんと、奥村彰子は山県元治に7年間に渡って9億円もの金を貢ぎ続けていたのだ。

そこにあったのは奥村彰子の驚愕の横領手口と驚くべき犯罪テクニック。そして、女性と10歳年下のヒモ男との愛憎劇があった。

【S銀行9億円横領事件・事件概要】

事件は1973年10月21日に奥村彰子が逮捕された事から事件が明るみになる。
奥村彰子は当時42歳のベテラン行員だった。

奥村彰子はなんと同年2月までの6年間で、およそ1300回にわたって史上空前の9億円の金を着服、横領していたのだ。しかも驚くべきことに、その金額のほとんどは、奥村彰子の10歳年下のタクシー運転手の山県元治(32歳)に貢がれていたのだ。

広告

奥村彰子の経歴

【氏名】奥村彰子
【生年月日】1930年12月生まれ
【年齢】逮捕当時42歳
【学歴】市立堀川高女卒業
【出身】大阪府北河内郡
3人姉妹の末っ子として誕生した奥村彰子は、大阪府からその後、京都市左京区に一家で移り住む。

当初は始めに編入した高校を7月で中退している。
なんと、驚くべきことに中退の理由は母親が愛人を作って出ていったために男性不信になり、奥村彰子の男女共学に猛反対したのだ。

そして、その年の12月に滋賀銀行の京都支店に入行する。

プライベートでは高校中退の理由にもなった母親が相変わらず男女交際の事になると口を出してきたせいもあり、お見合いなどをするものの、結婚となると全く話しが進まなかったようなのだ。

一方で、滋賀銀行での仕事ぶりは非常に真面目そのもの。「男性には負けたくない」そんな思いが彼女を仕事に向かわせていたようだ。同時に、仕事でうまくいなかないプライベートから目を背けていたのかもしれない。

貢がれたヒモ男の山県元治の経歴

【氏名】山県元治
【生年月日】1940年生まれ
【年齢】逮捕当時32歳
【学歴】中学卒業後、豊浦高校に受験失敗後、、定時制の商業高校に通う
【出身】朝鮮生まれ

山県元治は、七男五女の五男坊で、父親は警察官をしていた。

中学を卒業すると豊浦高校に受験失敗。ガラス店で住みこみで働きながら、定時制の商業高校に通い始めるが、この頃友人に誘われて競艇をするようになった。

山県元治は絵に描いたようなヒモ男の素質があった。
彼には歌手になるという夢があった。この当時では珍しく、鼻を整形手術するなどして歌声喫茶で歌うなど女性にはかなりモテていた。

スポンサーリンク

滋賀銀行9億円横領事件・・ヒモ男と自分に自身のない女が出会ってしまう

当時、滋賀銀行の行員として、プライベートはイマイチながら仕事では周囲から信頼されていた。

当時は今と違い30をすぎた女性が独身というのは、どこか肩身が狭い思いをしていた。周囲の男性からも相手にされなくなる時代だった。

そんな彼女が、偶然が重なり、天性のヒモ男の山県元治と出会ってしまうのだ。
奥村彰子が35歳、山県元治が25歳の頃だった。

1965年、奥村彰子には交際していた男性がいた。

しかし、その彼氏と奥村彰子は喧嘩をしてひどく落ち込んでいたのだ。
職場の飲み会でお酒が入ってしまったせいもあり、帰りのタクシーの中で、深くにも涙を流していた。

その、たまたま拾ったタクシーの運転手が山県元治だったのだ。
女性の扱いになれていた山県元治は、優しく涙を流す奥村彰子に話しかけたのだ。

見知らぬ二人はタクシーという密室で深く話し込んだ。
山県元治は、聞き上手だったのだろう。モテる優男の術を知っていたのだ。

どうせ会うこともないからと思ったのか、普段は奥手だった奥村彰子の方から「酔ってかえると母がうるさいから」とそのままドライブをしたいと京都市内を30分ほど走っていた。

奥村彰子は、またどこかでこのドライバーと会いたい、そう思いながらも自分に自身の無かった、奥村彰子は自分が務める滋賀銀行とは違う銀行の名前を告げてタクシーを降りたのだ。

その後、奥村彰子は滋賀銀行山科支店の普通預金を担当する科に異動になっていた。

奥村彰子は一晩の不思議な体験を心にしまって山科支店に異動していった。

次のぺージでは奇跡で偶然の再開、そして山県の信じられない真実が明るみになる!

スポンサーリンク


次ページに続きます
ページ:

1

2
コメントは利用できません。