Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
MUSIC

DOUBLEのTAKAKOが乳がんステージや余命を心配する声!姉の死因はクモ膜下出血により25歳で死去していた

90年台後半に彗星のように現れた姉妹デュオDOUBLEのTAKAKOが乳がんを公表した。
ネットでははTAKAKOさんのステージや余命おw心配する声が上がっている。

DOUBLEといえば、姉のSACHIKOが25歳の若さでこの世を去っている。

それだけに43歳になりこれからのさらなる活躍が期待されていたTAKAKOさんの乳がんの報告は衝撃が走っている。

スポンサーリンク






90年台彗星のように現れた姉妹デュオのDOUBLE

DOUBLE(ダブル)は1998年に姉妹デビュー。

姉のSACHIKO と妹のTAKAKO との姉妹デュオとして人気を博していた。

タイトル

TAKAKO (タカコ、1975年3月14日 – )
本名:平沢 貴子 (ひらさわ たかこ)
出身地:新潟県新潟市
血液型:A型
学歴:新潟市立宮浦中学校卒業、以後不詳
3人姉妹の三女
SACHIKO (サチコ、1973年11月21日 – 1999年5月21日)
本名:平沢 幸子 (ひらさわ さちこ)
出身地:新潟県新潟市
血液型:B型
学歴:新潟市立宮浦中学校卒業、新潟県立新潟中央高等学校入学、以後不詳
3人姉妹の次女
クモ膜下出血により25歳で死去。

 

TAKAKOさんの姉は25歳の若さで他界していた

DOUBLEは姉妹デュオとしてデビューした。

しかし、姉のsachikoさんが25歳の若さでくも膜下出血で他界。

その後は妹のTAKAKOさんのソロプロジェクトとして活動していた。

そんな、TAKAKOさんが乳がんを発症して手術することを公表した。

TAKAKO「実感ありません」乳がん発覚し手術へ

 98年に姉妹デュオDOUBLEとしてデビューし、姉の死去後はソロプロジェクトとして活動するTAKAKO(43)が14日、ブログで乳がんを患い、手術を行うことを発表した。

 この日が自身の誕生日であることを明かし、さらに今年がDOUBLEとしてデビュー20周年の特別な年だと報告。そして、「え~、そんなおめでたい時にみなさんにご報告する事があります。私、昨年末に乳がんが発覚し、間もなく手術を迎える事になっています。(突然で驚かせてしまったらごめんなさいね)。今の心境は? と言うと正直余り実感がありません、今のところピンピンしていますからね。手術に対しては、実は2年前に耳下腺腫瘍という左耳の下の小さな良性の腫瘍を摘出する手術を経験し、この時に散々悩んだおかげで今回は何のためらいも心配もなく手術に臨めます」などとつづっている。

スポンサーリンク