ついに北口聡美さんの事件で犯人として鹿嶋学=広島県廿日市市が逮捕された。

14年間に渡る警察の執念の捜査が実った形だ。

鹿嶋学はどのような顔をしてどのような生い立ちなのか。
また14年という長い間、鹿嶋学の逮捕を待ち望んでいたご家族の気持ちを思うと胸がいたい。

改めて鹿嶋学が逮捕された事件を振り返ってみたい。

スポンサーリンク




鹿嶋学の逮捕で北口聡美さんの捜査が集結へ

北口聡美さんが被害に合われた事件で警察の執念の捜査がついに実った。

警察は鹿嶋学を逮捕したのだ。

逮捕されたのは鹿嶋学35歳。

氏名:鹿嶋学
かな:かしままなぶ
年齢:35歳
職業:会社員
住所:山口県宇部市

鹿嶋学は、別の暴行事件で捜査対象になり警察から事情を聞かれていた。

北口聡美さんの事件で警察は目撃された山口県宇部市の鹿嶋学の似顔絵を公開。

さらに事件現場に残されていた指紋やDNAなどから
他の事件で逮捕された容疑者との照合していくとう
地道な作業を続けていた。

鹿嶋学の顔写真の画像は

今回の鹿嶋学の逮捕では、犯行当事から警察は似顔絵を公開。

現在は逮捕第一報といことで
鹿嶋学の画像は公開されていないが
公開され次第追記したいと思います。

さらに現場に残されていた指紋など
細かな情報を採取していただけに
鹿嶋学の逮捕は近いと思われていた。

しかし、反して捜査は難航を極めていた。

目撃証言やDNAに指紋などが採取されたにもかかわらず鹿嶋学は浮上していなかった。

スポンサーリンク


FacebookやTwitterなどのSNSは?

現在までに逮捕第一報ということもあって
鹿嶋学のTwitterやFacebookなどの情報は特定には至っていない。

コチラに関しては改めて情報が分かり次第追記したいと思います。

鹿嶋学の14年前の事件はあまりに非道な事件だった

今回逮捕された鹿嶋学の事件。

この事件は2004年に広島県廿日市市で起こった痛ましい事件だった。

当事、高校二年生の北口さん方にて高校二年生だった娘さんが自宅に侵入してきた鹿嶋学と思われる男性に被害にあってしまった事件だ。

この事件は04年10月5日午後3時ごろ発生。
廿日市市上平良の北口さん方で、北口さんが若い男に刃物で○されて死亡し、
駆け付けた祖母も切りつけられて重傷を負った。

目撃者の情報などから、犯人は当時20歳ぐらいで身長165センチ前後の男とみられてきた。

鹿嶋学逮捕に向けて懸賞金がかけられていた

事件当所は目撃証言があったことや指紋なども採取されており
犯人逮捕は時間の問題だと誰もが思っていた。

しかし、捜査は難航。

警察は事件直後から犯人の似顔絵を公開し、16年には現場周辺で道路を逆走するバイクなど新たな情報を公開。

有力な犯人=鹿嶋学につながる情報はなかなか浮上しなかった。

捜査は長期化しており2008年から有力情報の提供者に公費で支払う「捜査特別報奨金」(上限額300万円)の対象になり、今年3月に受付期間(1年)が延長されたばかりだった。

鹿嶋学の逮捕報道

広島県廿日市市で2004年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅に侵入した男に刺殺された事件で、広島県警は13日、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を殺人容疑で逮捕した。鹿嶋容疑者の指紋とDNAが、廿日市の現場で採取されたものと一致した。広島県警は事件の全容解明に向け、北口さんと鹿嶋容疑者の接点や動機などを追及する方針。

鹿嶋学の生い立ちに問題があったのか

今回の事件で話題にあがるのが鹿嶋学のような容疑者の
生い立ちがかならず話題になる。

現状で詳しい状況や動機は分かっていないが
逮捕のきっかけになったのも別の事件を起こしたことが
きっかけになっているだけに

鹿嶋学がどのような生い立ちであっても
けっして許される犯行ではない。

スポンサーリンク





コメントは利用できません。