爆報!THE フライデー・金スマ

鳩山幸の現在!若い頃は宝塚で活躍さらに韓国やアジアとの友好の架け橋になっていた!

日本の戦後、最高の総理として海外からは評価の高い鳩山由紀夫総理の妻の鳩山幸の現在を爆報!THE フライデーで特集されることがわかった。

鳩山幸といえば若い頃は宝塚の有名女優として活躍。さらに韓国など近隣各国との関係改善に尽力するなど私人の安倍昭恵とはまさに雲泥の差で活躍したファーストレディだった。

スポンサーリンク




鳩山幸さんは日本のファーストレディの中でも抜群の活躍をしていた

日本の戦後、完全にアメリカの属国としてジャイアンのケツを舐めまくっている情けない自称ホシュたちを尻目に、日本の本当の独立をおこなおうとしていた本当の日本の保守の鳩山由紀夫さん。

思考停止の低能なネトウヨやマスコミ、さらに外務省からの偽公文書に騙された形で総理の座を奪われるなど悲運の総理としても海外からの高い評価がある一方で、日本ではまるで変人のように扱われている鳩山由紀夫さん。

その奥様が鳩山幸さんだ。

はっきり言って鳩山由紀夫元総理よりも、良い意味で「宇宙人」だ。

鳩山幸さんの現在を爆報!THEフライデーで特集される

そんな鳩山由紀夫以上の本当に宇宙人とされる鳩山幸さんが爆報!THEフライデーで特集される。

鳩山幸は現在74歳。

田園調布から歩いて数分のところに敷地面積250坪、土地だけでも推定価格が5億円はくだらないという豪邸に今も夫の鳩山由紀夫さんと仲良くくらしている。
さらに、鳩山幸さんから週刊誌などで報じられた「不倫略奪婚」の真相が語られることになる。

スポンサーリンク

鳩山幸さんの生い立ち

鳩山幸さんは1943年に新聞記者の父の次女として生まれた。

新聞記者として活躍していた父と母は先見の明があり「これからはグローバルの時代で英語が必要になる」という考えのもとで幼いころから英語などを学んでいた。

神戸で一家四人、とても裕福な家庭に育っていた。

そんな自主性を重んじる家庭にそだった鳩山幸さんは、こともあろうに、規律の厳しい名門小学校に入学することになる。

当時は、女学生はおかっぱか三つ編み。

その中でも異彩をはなったのが鳩山幸さんだった。

 「私は結構、自分の好きなように動いていたので、困った生徒だなと思っていたと思います……」

なんと、鳩山幸さんだけは校則なんてガン無視でマッシュルームカットで登校していたと言うのだ。

鳩山幸さんの頑固で一本気な性格は当時から変わらなかったようだ。

鳩山幸さんは若い頃は宝塚で活躍していた

そんな鳩山幸さんは1959年に宝塚音楽学校に入学する。

当時16歳だった。

そこから六年間は娘役として活躍。
宝塚を退団した後にある料理人の男性とのお見合いをすることになる。

もともとは知人から軽い気持ちで誰か相手がいないか聞かれた鳩山幸さんが
 「う~ん、あっ!  ねえ、これって私でもいいの?」

このような展開でみずから軽い気持ちでお見合いをしたというのだ。
一年の交際期間を経て料理人の男性と結婚。

さらに、この男性がアメリカで日本料理店を出店することになり、海外に渡米。さらに得意の英語を使って活躍していた。

結局、料理人の男性とは価値観の違いなどから離婚を前提に別居生活を開始する。

スポンサーリンク

鳩山幸が自ら「不倫略奪婚」の真相を語る

そんな時に、出会ったのが鳩山由紀夫さんだった。

鳩山由紀夫さんと鳩山幸さんの出会いは実に偶然が重なったものだったという。

○幸さんが日本に一時帰国した際、知り合いから1人の青年を紹介される。それが当時のスタンフォード大学に留学を目前に控えた鳩山由紀夫さんだった
○幸さんがアメリカに戻る飛行機に乗ると、何とそこには渡米する由紀夫さん偶然乗り合わせる
その後、幸さんは別居生活にはいる。

二人はその後、一年もの間会うことは無かった。

○偶然の再会は50km離れたスタンフォードから買い物に来ていた鳩山由紀夫さんと出会う。
結局、鳩山由紀夫さんが猛アプローチして離婚が成立した鳩山幸さんの家に転がり込む形で同棲がスタートしたというのだ。

週刊誌の誤報とゴットマザーに救われた日々

その後、週刊誌はこぞって鳩山幸さんのありもしない「不倫略奪婚」を捏造してあたかも事実のように報じていた。

その鳩山幸さんをフォローしたのがなとゴッドマザーとまでいわれていたのが由紀夫さんの母・安子さんだった。安子さんはブリヂストンの創始者である石橋正二郎氏の長女だだった方だ。

じつは、鳩山幸さんと義母の安子さんはメディアでは2人の間で不仲説がうわさされる。

しかしこれも完全なフェイクだった。
「義母は100%すばらしい人でした」

なんと、ありもしない不倫略奪報道に落ち込んでいた鳩山幸さんを支えたのも母の安子さんだった。

スポンサーリンク

日本の暗部・・鳩山由紀夫さんの裁定でも県外の真実

そして自民党を下野させて日本の総理大臣に就任したのが夫の鳩山由紀夫さんだった。

鳩山由紀夫さんはアメリカからの真の独立を目指した総理大臣だった。
しかし、アメリカと財務省とメディア、この3つの利権と支配から日本を開放しようとして一瞬で失脚してしまったのだ。

有名なのが沖縄の基地問題だ。「最低でも県外」このフレーズは一度は聞いたことがあるセリフだった。

しかし・・・民主党政権時の2010年4月19日、防衛、外務の官僚たちが、官邸に鳩山首相を訪ね「米軍基地の沖縄県外への移設」についてレクをする。

すると官僚の1人がある外務省の極秘公文書を三枚提示するのだった。

文書のタイトルは「普天間移設問題に関する米側からの説明」。右肩には『極秘』の判が麗々しく押されている。

この文章は簡単に言うと、「航空部隊と陸上部隊の訓練の一体性を考えると、移転先は普天間から65マイル(105km)以内に限る」と記されていたというのだ。

 
沖縄全島は70マイル。沖縄以外は移転できないとアメリカ軍の規定があると報告を受けて基地移転を断念したのだ。

しかし、この公文書の存在を外務省が引いていして原口議員などがこれを追求している。

そして、偽の公文書で基地断念して責任をとって総理を辞任するときも鳩山由紀夫さんが最後まで説得したのが鳩山幸だったというのも今では鳩山幸さんの伝説の一つとなっている。

スポンサーリンク