INCIDENT

高橋雄一パソコン横浜HDD転売流出でブロードリンク社社員が逮捕までの経緯・・

警視庁は6日、窃盗容疑で、情報機器会社「ブロードリンク」(東京都中央区)社員高橋雄一容疑者(50)=横浜市旭区=を逮捕したと報じられています。

逮捕されたの高橋雄一容疑者はパソコン情報機器会社の社員でありながら身勝手な犯行で神奈川県の公文書を流出してしまいました。
公文書管理が問題になる中で起きた事件に注目が集まっています。

パソコン情報機器社員の高橋雄一が逮捕

神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)18個がインターネットオークションを通じて流出した問題で、警視庁は6日、窃盗容疑で、情報機器会社「ブロードリンク」(東京都中央区)社員高橋雄一容疑者(50)=横浜市旭区=を逮捕した。高橋容疑者は「私がしたことに間違いありません」と容疑を認めている。

逮捕されたは50歳のベテラン社員でした。

名前:高橋雄一
職業:情報機器会社「ブロードリンク」(東京都中央区)社員
住所:横浜市旭区
年齢:50歳

高橋雄一は窃盗の容疑を認めている

窃盗の容疑で逮捕された高橋雄一容疑者。

高橋雄一は警察の取り調べに対して容疑を認めていると言います。

高橋容疑者は「私がしたことに間違いありません」と容疑を認めている。

高橋雄一は技術職として働いていた

逮捕された高橋雄一はブロードリンク社では技術職としてデータの消去などの実務を担当していたと見られています。

データ流出の経緯

高橋雄一という中年男性が起こした窃盗と転売による犯罪が神奈川県の公文書管のガバナンスに対する問題を浮上させています。

神奈川県庁で行政文書の管理に使われていたサーバーのハードディスク(HDD)が、インターネットオークションで転売され、個人情報を含む大量のデータが流出していたことが6日に時事通信などの報道で明らかになりました。

個人の納税記録など公文書流出の経緯は次の通りです

情報機器再利用会社「ブロードリンク」の高橋雄一が窃盗

HDDを持ち出していたのは、情報機器再利用会社「ブロードリンク」(東京都中央区)の技術職として働いていた高橋雄一。

高橋雄一が勤務していた情報機器再利用会社「ブロードリンク」(東京都中央区)は防衛省や最高裁など官公庁や金融機関と取引がある。

ブロード社幹部は取材に対し、社員の高橋雄一が他にもHDDを複数持ち出したことを認めているといいます。

外部からの情報提供でブロードリンク社が社員に対して抜き打ち検査を実施

ブロード社が先週、外部通報を受け、帰宅する社員の持ち物を抜き打ち検査したところ、複数のHDDを所持していたことが判明。社員が神奈川県のHDDと認識していたかは不明だが、複数の不正持ち出しを認めているという。

大森警察にブロードリンク社が被害を相談

すでにブロードリンク社は大森警察に今回の窃盗被害を相談。

捜査に乗り出していました。

神奈川県がHHDを富士通リースに返却しブロードリンク社がデータ消去と廃棄を委託されていた

現在までにわかっている今回の流出の流れは次の通りです。

神奈川県が富士通リースにサーバーをリースする
  ↓
サーバーのリース契約が終了
  ↓
神奈川県は富士通リースにHHDを返却
  ↓
富士通リースは神奈川県から返却されたHHDのデータ消去と廃棄をブロード社を情報機器再利用会社「ブロードリンク」(東京都中央区)に委託していた
  ↓
消去するはずのHHDを高橋雄一が密かに持ち出し転売

本来であればブロード社がデータ消去と廃棄するはずだった

本来であればブロードリンク社がデータ消去室で復元不可能にするはずでした。

しかし・・これを担当していたのが技術職員の高橋雄一容疑者だっと見られています。

高橋雄一が持ち出したHHDがデータ未処理のままオークションに出品

本来ならブロード社のデータ消去室で復元不可能な形にするはずだったが、担当の高橋雄一容疑者が処理前に部屋から持ち出し、オークションサイトに出品。18台が落札、転売されたとみられています。

 

HHDに入っていた流出したデータは?

 

前代未聞ともいえる公文書の流出事件。

中年男性の小遣い稼ぎの窃盗事件が日本の公文書管理の根幹を揺るがす大事件に発展しています。

高橋雄一が結果として流出させてしまったHHDにはどのようなデータが入っていたのでしょうか。

産経新聞などが流出したデータを詳細に報じています。

神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)計18個が、インターネットオークションを通して出品・落札され、納税に関する個人情報や職員名簿などの大量の秘密情報が流出していたことが6日、県への取材で分かった。HDDの廃棄に携わった業者の従業員が持ち出し、転売に関与したことを県が認めた。

報道によると現在までにわかっている流出データは次の通り。

  • 個人の名前や住所を記した自動車税の納税記録
  • 法人名を記した税務調査の通知
  • 課税に関する職員名簿
  • 県庁内部の業務記録 など

現在までに分かっているのは18個が持ち出されているが・・

逮捕された高橋雄一容疑者が持ち出したHHDは現時点では少なくとも18個が外部に持ち出されていたと見られています。

神奈川県によると持ち出されたHDDは計18個。

HDDは完全消去されていない状態でブロードリンクが保管。その際に、逮捕された高橋雄一容疑者ががHDDの一部を持ち出し、ネットサイトのヤフーオークションに出品していました。