Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

鈴木充と伊藤基樹のFacebookは顔の画像は?使用した闇サイトは何のサイトなのか・・?

鈴木充と伊藤基樹の逮捕でネットでは名古屋闇サイト事件の再来だと怒りの声があがっています。

静岡県藤枝市の山中で9日に女性の遺体が見つかった死体遺棄事件で、県警は12日、女性の連れ去りに関与したとして、11日夜に名古屋市内の警察署に出頭した40代の無職の鈴木充を監禁容疑で逮捕した。すでに別の20代の伊藤基樹も監禁容疑で逮捕している。

鈴木充は被害者の女性を連れ去ったことは認めているものの、遺棄については現在否定してる。

改めて今回の事件を振り返ってみたい。

スポンサーリンク



無職の鈴木充と伊藤基樹を逮捕でネットは怒りの声


今回の事件で逮捕されたのは
無職の鈴木充と20代の伊藤基樹。

静岡県藤枝市の山中で女性の遺体が見つかった事件で、県警は12日までに、この女性に対する逮捕監禁容疑で40代と20代の男を逮捕した。捜査関係者によると、2人はインターネットのサイトを通じて知り合ったという。浜松東署捜査本部は2人が女性の遺棄にも関わったとみて調べている。40代の男は浜松市内で面識のない女性を連れ去ったことを認めているが、遺棄容疑については否認しているという。

また捜査本部は12日、遺体の身元を浜松市浜北区、看護師内山茉由子さん(29)と特定した。

引用出展:共同通信

氏名:鈴木充
かな:すずきみつる
生年月日:不明
年齢:42歳
出身:不明
住所:名古屋市天白区原1丁目
職業:無職

氏名:伊藤基樹
生年月日:不明
年齢:28歳
出身:不明
住所:住所不定
職業:

岡県藤枝市の山中に看護師内山茉由子さん(29)=浜松市浜北区=の遺体が遺棄された事件で、内山さんを車で連れ去ったとして、静岡県警は14日、住所不定の伊藤基樹(28)、名古屋市天白区原1丁目の鈴木充(みつる、42)の両容疑者を逮捕監禁容疑で11日までに逮捕したと発表した。

 県警によると、両容疑者は5月26日午後6時ごろ、浜松市中区のスポーツジム駐車場で、内山さんの乗用車に乗り込んで発進させ、内山さんを車内に監禁した疑いがある。県警によると、伊藤容疑者は8日夜に警視庁赤坂署で、鈴木容疑者は11日夜、愛知県警中川署で逮捕したという。

鈴木充と伊藤基樹はインターネットの闇サイトで知り合う

鈴木充と伊藤基樹はもともとはなんの面識もない関係だった。

しかし、鈴木充と伊藤基樹はインターネットのサイトを使って知り合ってという。

正に、『名古屋闇サイト殺人事件』を模倣した犯行内容にネットでも怒りの声が上がっています。

鈴木充と伊藤基樹ははインターネットで知り合ったといい、「事件当日初めて会った」と供述。「女性とは面識がなかった」と話しているという。

被害者は何の罪もない看護師の女性

今回の事件でなんの落ち度もない女性が鈴木充と伊藤基樹の被害にあったのだ。

これまで、被害者のお名前は伏せていましたが、
ご家族がコメントを発表しています。

共同通信などが報じたところによると鈴木充と伊藤基樹の被害にあったのは
女性は浜松市に住む、29歳の看護師と発表した。

年齢:29歳
職業:看護師
住所:静岡県浜松市浜

今回の鈴木充と伊藤基樹の犯人逮捕をうけて被害者のご家族がコメントを発表しています。

内山さんのご家族は12日、静岡県警を通じて報道各社に「今回の件で私たち家族は大変心を痛めております」として、自宅周辺の取材の自粛を求めるコメントを出しています。

鈴木充と伊藤基樹は名古屋闇サイトを模倣か

鈴木充と伊藤基樹の逮捕をうけて思い出されるのは
やはり同様にインターネットの闇サイトで知り合った『名古屋闇サイト殺人事件』が思い出される。

この事件は、2007年(平成19年)8月24日深夜に起こった。

インターネット上の闇サイト「闇の職業安定所」で集まった男3人組により、帰宅途中の会社員女性(事件当時31歳)が拉致された事件。

被害者女性の自宅から数メートル手前の愛知県名古屋市千種区春里町の住宅街路上で女性を拉致。
同県愛西市内で殺害された後、岐阜県瑞浪市内の山中に遺体を遺棄された非道極まりない事件だった。

この事件では被害者の女性が母のために
自宅を建てて上げたいという夢をもった女性が真面目に働いてコツコツと貯めた貯金を口座から奪おうとして失敗。

逆上した犯人が犯行に及んでいる。

犯人は次の三名だ。

川岸健治・・派遣会社を辞めたばかりで家もなく車の中で生活していた。

堀慶末・・・岐阜生まれの元左官職人 無職でヒモ状態で借金まみれだった

神田司・・・群馬県出身 新聞勧誘員だった素行不良で金に困っていた

犯人らはインターネット上の携帯電話用闇サイト「闇の職業安定所」で知り合った3人は、いずれも消費者金融から、数十万円から数千万円の借金を抱えていた。

この事件では主犯の男に死刑判決が下っている。

名古屋の事件と同様に犯人グループの一人が出頭

今回の鈴木充と伊藤基樹の逮捕では犯人逮捕までの経緯も名古屋闇サイト事件の逮捕のきっかけと同じだ。

スポンサーリンク