musics

金澤ダイスケが彼女と結婚して結婚指輪は?Superfly越智志帆に祝福の声

スポンサーリンク





シムシムも天国できっと喜んでいる・・
金澤ダイスケが彼女と結婚して結婚指輪をついに送ったのか!Superfly越智志帆に祝福の声が上がってる

フジファブリックの金澤ダイスケといえばキーボードの腕前は素晴らしいものがある。

さらにアジカンのサポートなどバンドの内外で活躍するアーティストだ。

金澤ダイスケの彼女がまさかSuperfly越智志帆だったとは・・。
さらに、結婚して結婚指輪まで渡していたとなるとファンにとってはまさにやっときた明るいニュースといったところだろうか。

金澤ダイスケの彼女はSuperfly越智志帆だった!

いやまさか・・・金澤ダイスケの彼女がSuperfly越智志帆だったとは。

かなりの衝撃だった。

ここで簡単にフジファブリックの金澤ダイスケの経歴を振り返ってみたい

金澤ダイスケの経歴とプロフィール

氏名:金澤ダイスケ
かな:かなざわだいすけ
生年月日:1980年2月9日
年齢:38歳
出身:茨城県久慈郡大子町出身
血液型:O型
学歴:青山学院大学中退
 


フジファブリックのコーラス件キーボードの金澤ダイスケさん。

茨城県久慈郡大子町出身で学生時代はトランペットやギターなど様々な楽器に挑戦。

もともと、姉がピアノを習っていた影響もあってピアノを習い始めるのが
音楽に携わったきっかけと言われている。

その後、2002年12月にサポートとしてフジファブリックに参加。

翌年には正式に加藤とともにフジファブリックに加入している。

グレイプバインのカネやんとイサオスキーのようなパターンといったらわかりやすいか。

スポンサーリンク




金澤ダイスケはアジカンやKinKi Kidsなど様々なアーティストにも積極的にさんかしている

「電光石火」のMVも良い感じに完成。ってか、指が疲れる。

A post shared by 金澤ダイスケ (@daisukekanazawa_ff) on


金澤ダイスケはフジファブリックだけの活動にとどまらず様々なアーティストのサポートとしても活躍している。

金澤ダイスケのサポートはwikiがわかりやすくまとめている。

2010年 – 2011年にかけて行われたASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーではサポートメンバーも務めた。同バンドのボーカルである後藤正文からは、「実際に彼がこのツアーに参加していなかった場合のことを思うと、少し恐ろしい。そのくらい重要な役割を担ってくれている。」などと評されていた[12]。
著作に「週刊金澤 2007-2014」、伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION)との共著による「SESSION IN THE KITCHEN」がある。
住岡梨奈「Heatbeat」のサウンドプロデュース、コレサワ「これから」の編曲も手がけている。
KinKi Kids「夢を見れば傷つくこともある」通常版収録「Alright!」にもキーボードとして参加。

顎関節症やメンバーの死を乗り越えてきた金澤ダイスケ

金澤ダイスケが所属するフジファブリック。

やはりシムシムこと志村正彦の話は避けて通れない。

どうしても、悲運のバンドといったイメージが拭えなかった。

フジファブリックのボーカルだった志村は2009年12月24日にこの世を去っている。

まだ弱冠29歳だった志村。

天才的なメロディセンスと少しかすれた優しい歌声。
そして、ナーブすぎるほど繊細な心。

短すぎた生涯と、フジファブリックの中でも中心的な存在にだれもがフジファブリックはもう解散か。

そんな憶測がとんでいた。

実際にクリスマスに訃報をきいた金澤ダイスケたちは年末のイベントをキャンセル。

かわりに和田唱と仲がよかった志村を追悼してトライセラや奥田民生に騎士団がそのステージでフジファブリックの楽曲を演奏。

志村は奥田民生のライブをみて音楽の世界に飛び込んだと公言していただけに
奥田民生はステージの上で演奏中に号泣したと言われている。

しかし・・金澤ダイスケたちはすぐに立ち上がった。

富士急ハイランドで開催される「フジフジ富士Q」に向けて準備を行うことを表明。
幸いにもフジファブリックと仲の良かったアーティストたちとの共演で金澤ダイスケらは見事に志村亡き後のステージをやってのけたのだ。
「フジフジ富士Q」を成功させた金澤ダイスケや加藤、内山の三人は三人でフジファブリックの継続を決定してファンからは喚起の声が上がってた

スポンサーリンク


をして金澤ダイスケの結婚・・あまりに嬉しすぎる!ファンは大喜び

志村が亡くなってからもバンド活動を継続。

しかし、どうしても、あの志村のフジファブリックというイメージは一般の人の印象はなかなか取れるものではない。

やっと?といったら少々言い過ぎだが、
金澤ダイスケと彼女だったスーパーフリー結婚はそれほどファンにとっては嬉しいニュースだったのだ。

ロックバンド「フジファブリック」のキーボード・金澤ダイスケ(38)が、ソロユニット「Superfly」の女性ボーカル・越智志帆(34)と結婚したことを公式ホームページで発表した。

 金澤は「私事ではありますが、本日2018年4月17日にSuperfly 越智志帆さんと入籍したことを、ここに報告させていただきます」と結婚をファンに報告。

 さらに「驚かせてしまっていると思いますが、はっきり言って僕も驚いています。思えば38歳、気がつけば38歳、いろんな事があるものです。志帆さんは、誰からも愛される、聡明で人間的にとても尊敬できる方です。これからの長い人生、更に気を引き締めていかねばと思う次第です」とつづった。

スポンサーリンク