Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
爆報!THE フライデー・金スマ

金スマで林佳秀さん一家と認知症・・若年性アルツハイマー型認知症で進行がゆっくりになる家族の絆4年に渡る記録を特集!

《 若年性認知症と闘う父を支える家族の絆の記録 》・・本日2018年10月19日 (金) よる 8時57分〜放送の金スマ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は林佳秀さん一家の若年性認知症を特集します。

林佳秀さんと京子さんと長男の大介くんたちの日常に「進行がゆっくりになる」

若年性認知症は、早期発見と早期治療で症状の進行を緩やかにすることができると言われています。

スポンサーリンク







林さん一家の認知症との共存を金スマで特集

林さん一家は徘徊や妄想が出てもおかしくない発症から10年目。

環境によって、認知症の進行がゆっくりになるという。

 

障害者枠で採用されてた工場で林佳秀さんは片道17キロを毎日自転車で通勤している。

 

現在も一家の大黒柱として現在も活躍しています。

 

50歳のときに若年性アルツハイマー型認知症と診断。

林さんは、若い頃は会社を経営。

睡眠時間を削って仕事に励んでいた。

そして発症から14年。
通常であればかなり進行してしまうのだが・・・

番組では、家族の様子を通して「認知症の症状の進行が遅いこと」に突いて特集します。

 

 

年性認知症と闘う父を支える家族の絆の記録

年性認知症と闘う父を支える家族の絆の記録・・

幼い1男2女を抱える父が48歳で認知症を発症…。それから14年、認知症の進行は驚くほどゆっくりだった。そこには父を支える家族の絆があった…

出演者

【MC】
中居正広

【パネラー】
IMALU
假屋崎省吾
室井佑月
ほか

山内あゆ(TBSアナウンサー)

【構成】
都築浩
鈴木おさむ
樋口卓治
【チーフディレクター】
竹永典弘
【プロデューサー】
帯純也

【担当プロデューサー】
谷澤美和
壁谷政彦

若年性認知症とは

若年性認知症とは・・どのような症状なのでしょうか。

まだまだ、社会的な認識が少ない若年性認知症。

年性認知症とは?

認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」とされます。

若年性認知症は働き盛りの世代ですから、ご本人だけでなく、ご家族の生活への影響が大きいにもかかわらず、その実態は明らかでなく、支援も十分ではありません。
引用:http://y-ninchisyotel.net/about/about.html

若年性認知症は、多くの場合子育て世代・働き盛りの方々に突如訪れる病。

当然、若年性認知症の症状がでたご本人、さらに配偶者に大きな負担がかかります。

病気の症状が大きくなると、仕事をつづけることが困難になり、経済的に困窮するケースも多いそうです。

若年性認知症の症状はどんなものか

若年性認知症といっても、じつは一つの病名ではありません。

認知症を起こす病気はさまざまですが、多くの場合は脳の病気であり進行性です。

国が調査した結果では血管性認知症が多いことが認知症高齢者との違いと言われています。
認知症高齢者の場合はアルツハイマー型の認知症が多いとされています。

血管性認知症とは

脳卒中(脳梗塞や脳出血)などに引き続いて起こります。

そんな若年性認知症の症状は様々です。
代表的な若年性認知症の症状を認知症の症状は、基本的な症状である中核症状と、それに伴う二次的な症状である行動・心理症状とに分けることができます。

中核症状とは脳の障害が原因で起こる症状

最近の記憶が薄れていく・・・数日前から症状が進むと数分前のことが思い出せない
時間や場所がわからなくなる・・ いつどこでという感覚がわからなくなっていきます
判断や思考力の低下・・普段なら当たり前にできていた日常生活に支障が出てくる

行動心理症状とは心理な原因などから起こる症状。

徘徊や妄想に厳格や不安、抑うつなどの症状が現れます。

若年性認知症のには支援センターもある

若年性認知症のには支援センターもあるようです。
若年性認知症コールセンターの施設紹介映像です。

スポンサーリンク