Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

近畿財務局Aさんの遺書の内容が報じられる!大阪地検の取調べ後の痛ましい結果にネットは怒りの声

今回の近畿財務局のAさんの件で、菅野完氏のスクープはネットで一気に拡散。
さらに、遺書の内容まで一部で報じられるなど、大きな注目を集めている。

森友学園を巡る国有地売却問題で
なぜか批判の矢面に立たされていた
近畿財務局池田統括官の直属の部下だった。

懐疑的な見方も多いが田中龍作氏は、「書き換え役の近財職員」と断定的に報じるなど、

メディアよりもtwitterなどで拡散される情報の報じられ方も大きな議論になっている。

もともと、今回のAさんの件を
名前を伏せた状態で配慮をして情報をメルマガに配信したのが著述家の菅野完さんだ。

菅野完さんといえば、当所森友学園の籠池泰典元理事長とバチバチにやり合ったあの人物だ。
その後、籠池泰典さんが心から信頼する数少ない人間として話題になった。

菅野完氏は、きちんと「菅野本人もまだ裏取れてないと認めてる」と付け加える事を条件に引用を許可している。

https://twitter.com/SUGANOTAMO2/status/971909491523399680

スポンサーリンク






Aさんの直属の上司は近畿財務局池田統括官

今回、近畿財務局の職員の痛ましい事件をスクープで報じたのは菅野完氏だった。

その後、上念司さんがAさんの名前をひらがなでツイートして一気に情報が拡散。

最初にツイートした菅野完氏は昼頃情報が報じられるとしていた。

https://twitter.com/SUGANOTAMO2/status/971910697167634432
https://twitter.com/SUGANOTAMO2/status/971911166048878592

このツイート通り、共同通信が第一報を12:32に報じる

森友問題対応の近畿財務局職員が自○か
森友学園の国有地売却問題を巡り、財務省近畿財務局の担当部署で対応に当たった男性職員が7日に神戸市の自宅で死亡していたことが9日、兵庫県警の捜査関係者などへの取材で分かった。自○とみて調べている。

2018/3/9 12:32
出典:引用 ©一般社団法人共同通信社
※当ブログで一部表現を伏せ字にしています。

ネットでは次々に元政治家や現職の区議ジャーナリストがAさんの実名を報じる

twitterでは菅野完さんはキチンと報道がでるまで、Aさんの名前をtwitterでは伏せていた。

当然のように所属も伏せていた。

しかし、上念司さんが、 近畿財務局池田統括官の直属の部下だった事をリーク。

ネットでは次々に元政治家や現職の区議ジャーナリストがAさんの実名を報じている。

https://www.youtube.com/watch?v=YMi1_IteYx0

払い下げの価格交渉で汚れ役を一身に背負わされていた池田靖統括官の直属の部下

ジャーナリストの田中龍作ジャーナルでお馴染みの田中龍作さんも独自取材によるかなり踏み込んだ内容をスクープで報じている。


 

田中龍作ジャーナル

田中龍作ジャーナルの報道によると、

神戸市内の国家公務員宿舎には「改ざん前の原本」と「遺書」があったとされる。

赤木氏は問題の文書改ざんに直接関わっていた、いわば“実行犯”の一人と目されていた。

 遺書には組織に対する恨みが綴られているという。上司の実名を挙げて「●●から やらされ(書き換えを命じられ)た」と書かれているとの情報もある。

Aさんは昨年後半から休職中だった

田中龍作氏の取材によるとAさんは
昨年の後半から休職中だったという。

朝日新聞のスクープから国会で大問題になり、一昨日から近畿財務局に登庁していた。

Aさんは、どのような思いで登庁したのだろうか。
休職中ということは、かなりの心労やストレスから仕事が出来ない状態にあった可能性は十分に考えられる。

スポンサーリンク


森友事件での二人目

ちょうど、一年前の3月、ゴミが埋まっている、埋まっていないの疑惑の中で、「ゴミなんて埋まってない」と証言した土の運搬業者の社長が同じように亡くなっている。

八億円の値引きの根拠とそされた地中のゴミ。

それがないと証言した後に同様の事件が起こっていしまった。

籠池泰典元理事長の音声データの声にも登場と報じられる

時事通信が報じたところによるとAさんは

 一連の問題では、この幹部職員と学園側が2016年に交渉した際のものとされる音声データの存在が明らかになっている。音声では、籠池被告が「グーンと価格を下げて」と求め、幹部職員とみられる男性が「ゼロに近い金額まで努力している」などと応じていた。

スポンサーリンク