Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

貴乃花親方の容態や病名は?大丈夫?重病?などネットでは心配の声が上がる

大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が21日、秋田市内での夏巡業中に倒れて、救急車で病院に搬送されたことが関係者の話で分かったと報知新聞社がスクープで速報を流しています。

ネットでは貴乃花親方の容態や病名を心配する声が上がっています。

貴乃花親方は相撲界の悪しき習慣の一掃と改革を訴えていたものの、3月に弟子の幕下・貴公俊が春場所中に起こした暴行事件などで降格処分を受けるなどネットしていました。

スポンサーリンク







貴乃花親方が救急搬送・・病名や容態は不明


大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が21日、秋田市内での夏巡業中に倒れて、救急車で病院に搬送されたことが関係者の話で分かった。

貴乃花親方は帯同していた秋田市内の夏巡業に参加。午前の朝稽古中に若い力士を指導している最中に倒れたという。

貴乃花親方は3月に弟子の幕下・貴公俊が春場所中に起こした暴行事件の責任をとって親方衆の階級で委員から一番下の年寄に降格処分を受けていた。今回の夏巡業は3月末に審判部に配属され、この夏巡業では審判員として帯同していた。

現在のところ、貴乃花親方の詳しい容態や病名は分かっていません。

貴乃花の容態や病名は分かり次第追記したいと思います。

心労が重なっていた・・省エネ説明に心無いヤジも

相撲界のモンスターを相手に奮闘していた貴乃花親方。

しかし、自らの部屋の力士に暴力スキャンダルが噴出するなど、次第に改革を訴える状況ではなくなってしまいます。

親方衆の階級で委員から一番下の年寄に降格処分を受けていいました。

今年5月の大相撲の夏場所では初めて責任審判を務めるなどしていました。

 大相撲の夏場所5日目には責任審判を努めた立会で17番目の神山(高砂)と大翔虎(追手風)との一番で初めて物言いが付いた。貴乃花親方は館内アナウンスで「軍配通り東側の勝ちとします」と省エネ説明。すると館内から「説明になっていない」と心無いヤジが飛んでいた。

さらに、26番目の石原(二所ノ関)と照道(伊勢ヶ浜)との一番でも物言いが付き、再び「軍配は西側に上がりましたが、東側力士の勝ちとします」と省エネ説明。再び館内から「なんで物言いが付いたのか理由がわからない」とのヤジが飛び交っていた。

こういった格闘技やスポーツの会場でヤジを飛ばすような輩は、どうしようもない人間が多いので気にする必要はないが、貴乃花親方に心労が溜まっていたのは間違いない。

貴乃花親方の容態を心配する声

スポンサーリンク