Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
TV

眠狂四郎 the final ネタバレあらすじキャスト!田村正和と吉岡里帆の共演で話題に!

2018年2月17日(土) 21時00分~23時10分放送の土曜プレミアム・眠狂四郎 The Final【田村正和主演の時代劇!】ネタバレやあらすじ・キャストについて特集してきます。

さらに、一部週刊誌で報じられた主演の田村正和さんの引退作品になるのではとの噂なども合わせてご紹介してきいたいと思います。

眠狂四郎シリーズは柴田錬三郎の剣豪小説が原作。

柴田錬三郎の小説に登場する剣豪で1956年5月から週刊新潮に掲載された
「眠狂四郎無頼控」で初登場した。

今夜、半世紀ぶり円月殺法が見られると思うと、今から時代劇ファンは楽しみでならない。
さらに、今回は椎名桔平さん演じる強敵・加賀美美耀蔵との対決も、どのように映像化されるのか話題になっている。

スポンサーリンク






眠狂四郎 the final 番組概要

眠狂四郎 the final 番組概要番組タイトル:土曜プレミアム・眠狂四郎 The Final【田村正和主演の時代劇!】
放送日:2018年2月17日(土) 21時00分~23時10分
放送局:フジテレビ系
スタッフ
原作:柴田錬三郎(「眠狂四郎無頼控」新潮社刊)
脚本:齋藤雅文
編成企画:保原賢一郎  加藤達也
プロデューサー:河瀬光(東映)  小林由幸(東映)  江平光男
監督:山下智彦
制作:フジテレビ  東映

孤高の剣豪眠狂四郎は田村正和さんにとっても代表作の一つ。

原作者の柴田錬三郎の直々の指名で20代で田村正和さんが演じてからのはまり役となっている。

さらに、平成の新しい風もしっかりとキャスティングされている。
今や飛ぶ鳥を落とす勢いの吉岡里帆さんが武士の娘として登場。

狂四郎を「父上」と呼び、周囲を困惑させる彼女は、果たして何者なのかもドラマを見る上で非常に楽しみの一つ。

眠狂四郎 the final キャスト

眠狂四郎 the final キャスト田村正和(眠狂四郎役)
吉岡里帆(操役)
八嶋智人(金八役)
津川雅彦(松平主水正役)
堀内正美

名取裕子(文字若役)
椎名桔平(加賀美耀蔵役)

田村正和(眠狂四郎役)
吉岡里帆(操役)
八嶋智人(金八役)
津川雅彦(松平主水正役)
堀内正美

名取裕子(文字若役)
椎名桔平(加賀美耀蔵役)

眠狂四郎 the final あらすじ

複雑な生い立ちを持ち、伝説の剣を操る眠狂四郎(田村正和)が、江戸にもどり自らの出生や運命に立ち向かう!『眠狂四郎 The Final』。そして今作で対峙する、最大の敵!その剣豪は、狂四郎と同じく円月殺法を使う妖術の使い手・加賀美耀蔵(椎名桔平)だった!!果たして狂四郎は最大の敵を前にして、自らの残酷な運命を切り開けるのか!?
狂四郎の育ての親とも言える空然和尚(中原丈雄)が何者かに斬殺され、江戸に戻ってきた狂四郎。幼い頃から慈しみ深く育ててくれた空然の死に狂四郎は言葉にできないほどの悲しみを覚え、幼い頃の記憶を思いおこす。そんな中、なじみの文字若(名取裕子)の家でくつろいでいると、瓦版屋の金八(八嶋智人)が血相を変えて騒々しく駆け込んできた。狂四郎に会いたいという若い娘がたずねてくるというのだ。文字若の家に現れた操(吉岡里帆)は、狂四郎をいきなり父上と呼び、狂四郎を絶句させる。

スポンサーリンク


一部週刊誌報道では田村正和が眠狂四郎をもって役者引退とも報じられる


一部週刊誌報道では田村正和が眠狂四郎をもって役者引退とも報じられるなど、ファンの間では田村正和を心配する声が上がっていた。

昨年3月12日放送の『松本清張ドラマスペシャル・地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理』(テレビ朝日系)に出演してから1年、表舞台からすっかり姿を消している田村。そんななか、彼の驚くような“激やせ”姿が目撃されていたという。

――心臓のステント手術をされたとお聞きしまたが?

本誌の問いかけに「えっ」と驚きを隠さない。少し間を置くと「いいえ」とだけ答えた。 だが“激やせ”ぶりについて聞いてみると、彼は苦笑しながらこう続ける。

「よく言われる。体重も下がったしね。今は52kgぐらいかな。歳を取ると、やせる人と太る人がいるでしょう。俺はやせたんだよね」

身長174cmで体重52kg。標準体重より10kg以上もやせていることになる。「体調面での問題は特にないのでしょうか?」と続けると、こう答えた。

「うん、身体は大丈夫。これから、京都の撮影所で仕事も待っているから。詳細はまだ言えないけど、時代劇のドラマ。4月から撮影も入っているので」

歩きながら答える口調はいつもの“田村節”だ。記者が「楽しみです!」と言うと、マスク越しに笑顔を見せてくれた。

スポンサーリンク