INCIDENT

白石隆浩の最新 複数犯や共犯説も!兄と協力者女性が突き止めた事件の輪郭が明らかに!

白石隆浩が逮捕された、昨日の座間のクーラーボックスの事件では今、ネット上では4つの大きな関心があるようだ。

○白石隆浩には複数犯で共犯がいたのではないか
○23歳の兄がネットを追跡、協力者の女性とトもに白石隆浩の部屋を突き止めていた
○白石隆浩には複数犯で共犯がいたのではないか
○白石隆浩の供述と背後に何か裏の組織が?

一夜あけた座間クーラーボックス事件と、逮捕された白石隆浩について、最新の情報をまとめる。

さらに毎日新聞の捜査関係者での取材では、行方不明になった兄が協力を名乗り出た女性と白石隆浩を突き止め情報提供したことから事件が発覚したという。

広告

白石隆浩の最新情報

白石隆浩が逮捕された事件で一夜があけて様々なことがわかってきている。

白石隆浩は地元の中学を卒業しており、自宅も今回のアパートから歩いて30分くらいのところに父親が住んでいた。

地元出身で「会えば挨拶をする、とても優しい好青年」というのが白石隆浩の近所の方々の評判だった。

白石隆浩は座間の地元中学を卒業後、県内の高校に進学。
部活動をすることもなく、どこか無気力な雰囲気のある少年だったようだ。
地元スーパーの惣菜コーナーでアルバイトをするごく普通の高校生だった。

しかし、白石隆浩は少し変わった性格の持ち主で「睡眠薬を飲んだ」と、時折変なことをほのめかして周囲を困惑させていたという。

広告

23歳女性の兄が執念捜査でネット上から協力女性のちからを借りて白石隆浩の部屋を突き止める

毎日新聞の報道によると、兄が警察に容疑者情報を提供、白石隆浩の部屋を割り出して捜査員が一斉に踏み込んだ様子が報道されている。

報道にようrと女性は10月21日午後6時30分に勤務先の知人と合ったことを最後に行方がわからなくなっている。

兄が三日後の24日に警視庁高尾署に捜索願を提出した。
警視庁が捜索を開始する。

警視庁が八王子駅の防犯カメラを解析すると23歳女性と男が二人で歩いている姿を駅の防犯カメラが捉える。
※のちにこの男性が白石隆浩と判明

しかし、警視庁はこの男がどこの誰なのか特定することはできなかった。

兄が、動いたの被害届と同時期だった。

妹の女性のtwitterアカウントにログインに成功。

妹がtwitter上で交流していたあるハンドルネームを突き止めたのだ。
兄は、妹のtwitterで妹がいなくなった事をツイート。そおtwitterをみた別の女性利用者が情報適用を名乗り出たのだ

兄が協力女性と白石隆浩をおびき寄せて自宅を特定・警察に情報提供

兄のツイートに反応したのが1人の女性だった。

「そのハンドルネームの人を知っています」

この返信で事態は一気に動き出すのだ。

兄は、この情報提供者の女性に白石隆浩をおびき寄せる事を依頼。

同時に、警視庁に情報提供。
情報提供者の女性は10月30日に神奈川県内のある駅に白石隆浩をおびきよせることに成功する。

おとり捜査で白石隆浩を突き止める

神奈川県内の駅に協力者の女性とともに兄と警察は張り込みを開始。

そこに現れたのが、今回逮捕された白石隆浩だった。
捜査員は協力者女性と犯人の白石隆浩をそのまま尾行。

今回の事件現場となった白石隆浩の自宅アパートに入った瞬間に捜査員が白石隆浩の部屋をノックした。

部屋を明けた白石隆浩の部屋から被害女性のバックが見えた

捜査員が現場に踏みこむと、部屋には23歳の被害女性のバックが見えたという。

そこで、捜査員が単刀直入に女性の居場所を白石隆浩に聞くと、だまってクーラーボックスを指差したというのだ。
「クーラーボックスの中」

そのクーラーボックスには消臭効果のある猫砂を被された状態だった。

白石隆浩には複数犯で共犯がいたのではないかという憶測

ちなみに今回の事件でネット上では様々な憶測が飛び交っている。

その一つが白石隆浩は単独犯ではなく複数犯の共犯の可能性を排除するべきではないとする声が圧倒的に多い。

この事件ではソースが不確かな情報が多いが、メディアの取材に応える形で近隣住民が重要な証言をしている。

近隣住民の話しによると、クーラーボックスを出し入れしている3人の男をみた。

この取材証言が放送されてから、ネット上では流石に二ヶ月の短期間に人知り合って事件を起こすにはかなり無理があるのでは?と当初から複数犯の犯行を疑っていたのだ。

父が共犯という憶測はアパート契約時の「慌てた様子」といところからか?

ちなみに、この父が共犯ではという憶測が当初から流れているが、これに関してはメディア報道のソースが全くない。※現時点では。

しかし、どうして白石隆浩の父が共犯と疑われてしまったのだろうか。

それは、このアパートの不動産契約時に遡るようだ。

周辺住民に衝撃 容疑者2カ月前に入居

事件の現場となったアパートの関係者の男性によると、白石容疑者は約2カ月前に入居した。父親から不動産会社に「すぐに入居したい」と電話があり、その後、容疑者本人が来店して契約したという。入居した2階の部屋はロフト付きのワンルームで、家賃は管理費込みで2万2000円だった。

この物件には、契約した月の家賃が無料になる「フリーレント」というサービスがあった。不動産会社が「月が変わってから契約した方が得ですよ」と説明したが、「割引を受けられなくてもいいから早く入居したい」と急いだ様子だったという。

契約時、白石容疑者は無職だったが「就職先は決まっている」と説明した。

この報道がでると、白石隆浩の父親はなにか事件をしていったのでは?さらに共犯ではとの憶測が飛び出したようだ。

現時点で、警察から父親が共犯とする情報は一切出ていない。これに関しては続報を待ちたい。
ただ、たしかに実家からアパートまでは数キロで歩いて行ける距離にあるなどわざわざ賃貸物件を借りる必要性があったのか。

また、白石隆浩の父親が急いで入居したい理由が何だったのかが謎のままである。

ネット上では裏の組織説まで浮上・・・

今回逮捕された白石隆浩が新宿歌舞伎町でスカウトマンとして町に立っていた。

さらに、今年5月には逮捕された茨城県警から起訴かれ水戸地裁で執行猶予付きの判決を受けている。

これらのことから、ネット上では「裏組織」との繋がりを指摘する声が上がっている。

白石容疑者は今年2月、茨城県内の、店に女性を紹介したとして、同県警に職業安定法違反の疑いで逮捕され、5月に水戸地裁土浦支部で懲役1年2月、執行猶予3年の判決を受けていた。捜査関係者は「女性を風○店に送り込むスカウトマンをしていたようだ」と話している。

これ事件のせいで、紹介会社の社長も逮捕されて会社は解散。

裏組織から恨みを買っており、そのために末端の仕事を扠せられていたとの憶測のようだ。

さらに臓器売買などの話しもあるが、これに関しては高度な医療機関との連携が必須なために、さすがに日本国内に於いては荒唐無稽すぎる。

広告