TV

濱田祐太郎は盲目でも吉本でネタを磨いて「R-1ぐらんぷり」優勝!!

R-1ぐらんぷりの優勝で話題のR-1ぐらんぷり濱田祐太郎さんが今話題になっている。

 

濱田祐太郎さんは生まれつき全盲に近い弱視。

しかしながら、高校卒業後は吉本の養成所に入所。

見事に「R-1ぐらんぷり」優勝することで、今年はいつもとは違った流れになっています。

ほぼ全盲の漫談家として、さらに大きく羽ばたいていくであろう濱田祐太郎について調べて見ました。

スポンサーリンク






濱田祐太郎はほぼ盲目でも才能を高く評価されて優勝!

今回のR1グランプリで優勝した濱田祐太郎さん。

まずはR1グランプリとはどのような大会かを簡単にご説明します。

R1グランプリとは?

R1グランプリとはピン芸人で誰が1番面白いかを決める大会。

吉本主主催の若手漫才の日本一を決める
「M-1グランプリ」が定着。

その後に続くピン芸人の日本一を決める大会。
タイトルの「R」は本来落語を意味していた。

※第1回大会(2002年)は座布団の上で漫談を披露することが決まりだった。

 

そんな、若手芸人の登竜門として多くの人気と実力を持った方々が歴代優勝している。

今年のR―1ぐらんぷり 2018は、濱田祐太郎さんが堂々の優勝を果たしている。

※歴代の芸人の方々も実力派が沢山いる。。

◆歴代優勝者
02年 だいたひかる
04年 浅越ゴエ
05年 ほっしゃん。
06年 博多華丸
07年 なだぎ武
08年 なだぎ武
09年 中山功太
10年 あべこうじ
11年 佐久間一行
12年 COWCOW多田
13年 三浦マイルド
14年 やまもとまさみ
15年 じゅんいちダビッドソン
16年 ハリウッドザコシショウ
17年 アキラ100%

濱田祐太郎さんの経歴プロフィール

まずは、吉本興業の濱田祐太郎さんの経歴プロフィールをご紹介していきましょう。

濱田祐太郎さんの経歴プロフィール

濱田祐太郎

はまだゆうたろう

芸人
性別:男性

生年月日:1989年09月08日

身長/体重:171cm /85kg

血液型:O型

出身地:兵庫県 神戸市

趣味:フォークギター アコースティックギター フィンガーピッキング 大食い

特技:あんまマッサージ指圧師 針師 自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事

 

濱田祐太郎さんは、先天性緑内障という病で
生まれつきほぼ全盲。

右目に関しては、明るさは認識できるということです。

私自身、友人に子どもの目のがん、網膜芽細胞腫の友人がいます。

ただ、本人は至って明るい。

友人に、ボランティアに誘われるまで右目が全盲と気が付かなかったほど。

それだけに「全盲なのに芸人で凄い!」というよりは、
単純にネタを評価されてのR1ぐらんぷり優勝はさすがという思いがあります。

※網膜芽細胞腫は年間でも80人ほどしか発症することがない目のガン。
詳しくは「網膜芽細胞腫」でGoogleやYahoo!で検索してみてくださいね。

濱田祐太郎さんの漫談がガチで面白い!!

どうしても、全盲とか、病気を克服して・・的な部分に光りが当たりそうですが、
濱田祐太郎さんのネタはガチで面白いです。

漫談というスタイルに好き嫌いはある思います。
でも個人的にはマジで面白いです!

まずはyoutubeでも上位にきていたバリアフリー漫談。

お姉さんにアシストされての登場で、お客さんも笑っていいのかどうなのか戸惑っている感じも後半は完全に濱田祐太郎さんのペース。

お客さんの心をしっかりと掴んでしまっています。

スポンサーリンク


平成29年度 NHK新人お笑い大賞で一気にその才能に注目が集まる

濱田祐太郎さんは、昨年10月に行われた
『平成29年度 NHK新人お笑い大賞』にて
堂々の決勝進出。

さらに、どしても笑っていいのか戸惑うお客さんに
自分の体験をガンガンネタにして披露。

「迷ったら笑っといて!」
そういいながら
独得の間合いと軽快なテンポでお客さんを笑いの渦に引き込んでいく。

「2012年にアマチュアで出た『R-1』の1回戦が生まれて初めて立った舞台で、自分にとっての原点だったので本当にうれしい」

濱田祐太郎さんは小学校の頃から笑いに目覚める

濱田祐太郎さんは小学校6年生のときに
テレビの漫才番組に夢中になっていたという。

ビッキーズやハリガネロックの漫談に夢中になって
お笑いの世界にハマっていた。

中学生になるとすでに夢は「お笑い芸人」

流石に、ご両親もすぐに納得することなく
しっかりと高校卒業後に「あんま師」の資格をとってから
吉本の養成所に入所しているから、
その本気度たるや、まさに本物。

お笑いの天才・ゆりやんレトリィバァとは同期

ちなみに、濱田祐太郎さんとゆりやんレトリィバァとは吉本NSCの同期だったという。

ただ、ゆりやんレトリィバァは成績優秀。

濱田祐太郎さんは、優秀ではないクラスわけになっていた。

ある意味で雲の上の存在。

しかし、その天才・ゆりやんレトリィバァを倒してのR1ぐらんぷり優勝にネットでは大きな感動に包まれている。

まさに「浪花節だよ人生は」っと言ったところか。

あそどっぐさんなど様々な芸人さんが活躍

最近は、あそどっぐさんや濱田祐太郎さんなど、
様々な個性を持った方がガンガン笑いでのし上がって言っている。

健康だとかそうじゃないとか
それよりも、笑いにどれだけ本気かが大切ということだろうか。

独得の笑いで
これからも様々な芸人さんが活躍して欲しいですね。

スポンサーリンク