ENT

源田壮亮と衛藤美彩と結婚で妊娠でき婚は?今宮も祝福か!!

今年の4月に交際宣言をしていたプロ野球西武ライオンズ源田壮亮内野手(26)と、元乃木坂46の衛藤美彩(26)が結婚とデイリースポーツが報じてネットでも大きな話題となっています。

とくに、元乃木坂46の衛藤美彩は福岡ソフトバンクホークスのショートストップ・今宮選手のファンを公言。

高校時代からその勇姿を追っていたとメディアでも言及していただけにファンはまさか西武ライオンズの源田壮亮選手との結婚に祝福の声が上がっています。

衛藤美彩さんは、四歳の頃に大病を患い車椅子生活体験。その後、病を克服してアイドルやモデルとして活躍。
源田壮亮選手は押しも押されもせぬ球界トップクラスのショートストップに成長。

そんな二人のスピード婚はお祝いムードに包まれています。

源田壮亮と衛藤美彩と結婚とデイリースポーツが報じる


各新聞が日本シリーズにて四連勝して日本シリーズ王者に輝いたS福岡ソフトバンクホークスが一面の中、デイリースポーツだけは安定の阪神ネタ【鳥谷DeNA獲得か?】の一面見出し。

しかし、裏一面に衝撃のスクープが報じられていたのです。

交際半年でのスピード婚

西武ライオンズでショートストップのレギュラーとして活躍する源田壮亮選手。

そして元乃木坂46の人気アイドルとして活躍した衛藤美彩さんが12月に挙式する準備を進めいていると今日10月24日発売のデイリースポーツが報じています。

報道によると、「関係者の話」として「12月に挙式の準備を進めていて、そのタイミングで結婚することがわかった」としています。

衛藤美彩の妊娠でき婚は?

記事によると、衛藤美彩さんの妊娠・デキ婚についての言及は無い模様です。

また、12月に挙式の準備を進めているということで、衛藤美彩さんと源田壮亮選手の結婚妊娠という説はないよです。

馴れ初めはフジテレビONEプロ野球ニュースでのインタビューがきっかけ


元乃木坂46の人気アイドルの衛藤美彩さんと西武ライオンズの源田壮亮選手。

二人の出会いはフジテレビONEで放送されているプロ野球ニュースの取材でした。

源田選手をインタビューした衛藤美彩さんはふたりとも大分出身。さらに1993年生まれと共通点が多くすぐに意気投合。

食事会などを重ねて交際に発展。

交際発覚からわずか半年でのスピード婚となったようです。

乃木坂46を卒業してら大好きな野球を通じてスポーツ関連の仕事が増えていた衛藤美彩さん。

2016年には女子野球日本代表の公式サポーターに就任するなど活躍。

そして昨年2018年4月からついにプロ野球ニュースのレギュラーとしてキャスターを努めることに。
しかし、謙虚さが仇となりスタッフが「誰に取材したい?」との問にも「私が誰かを決めるなんておこがましい」となかなか話が前に進まなかったようです。

そこで起点を聞かせたのが番組スタッフ。

「同郷で同い年、さらにプロ野球選手とは思えない柔らかい物腰の源田壮亮選手が話しやすいのでは?」

スタッフが衛藤美彩さんが話しやすいインタビューをセッティング。

インタビューはスムーズに進んだようです。

衛藤美彩さんと源田壮亮のインタビューがこちら

乃木坂時代に交際していたのではとの噂もあったが・・

乃木坂46といえば、今や日本を代表するトップアイドル。

人気グループだけに恋愛はご法度。

当然のように一部のファンからは「もしかして乃木坂46時代から源田壮亮さんと衛藤美彩さんは交際していたのでは?」と心配の声が上がっていました。

しかし、週刊新潮の直撃取材に疑惑を否定。

誠実な受け答えに、ファンの間ではさらに高感度が上がっていました。

「確かに、今月からお付き合いをさせていただいております。交際前に2人でお会いした時も、一緒にローカルCMの曲を歌ったり、小さい頃、同じ時期に地元のプールに行っていたことが分かって盛り上がったり。お話していると、彼の落ち着いた性格が自分を穏やかにしてくれて、芸能人じゃない衛藤美彩でいられることに気持ちが楽になりました」

なんともほっこりするエピソード。源田は衛藤の立場を慮って、乃木坂46を卒業するのを待った上で、想いを告げたという。

引用:週刊新潮
引用元URL:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/04120001/?all=1&page=2

ふたりとも苦労人で努力の人だった

今回、デイリースポーツが報じた衛藤美彩さんと源田壮亮選手の結婚報道。

アイドルの結婚にもかかわらずこれだけ祝福の声が多いのには理由があります。

ふたりとも西武ライオンズと乃木坂46という華やかなエリート街道を歩いているように見えるますが、実はふたりとも苦労人だったのです。

源田は本当はサッカーが好きだった・・

大分出身の源田壮亮選手。

地元大分商業から愛知の愛知学院大学に進学。卒業後はこれまたエリートコースの社会人の超名門・トヨタ自動車で二年間プレーしました。

実は高校時代にすでに育成契約ながらプロ野球から声がかかるほどの逸材でした。

ただ、当時はかなり線が細く、プロ野球で戦える体力がない冷静に判断。

地元大分を出て愛知、そして社会人と地道に練習を重ねてプロ野球の世界に飛び込みました。

新人にして150安打・フルイニング出場の大活躍

プロ野球の西武ライオンズにドラフト指名されてからの大活躍は、そんな冷静な自己判断と地道な努力が実った証。

入団一年目から150安打・フルイニング出場という大記録を達成します。

その後のプロ野球ファンの間でも流行いしてる「源田たまらん」は有名に。



RELATED POST