Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ENT

沖田彩華が山本裕典との合コンの噂で木下春奈さんの夫のが激怒か

一体どうなっているのか。果たしてこのライン画面は本当なのだろうか。

NMB48沖田彩華が山本裕典との合コンに結婚間近の木下春奈を誘い
婚約している男性が激怒するという噂がネット上を駆け巡っている。

現在のところ、公式から何の発表も無いために
本当にNMB48沖田彩華が山本裕典との合コンに
結婚間近の木下春奈を誘ったのか事実関係はわかっていない。

山本裕典さんが全く無関係の可能性もあるが
ネットではそうではないかと疑いの目が上がっているのだ。

流出元の夫とされる男性のラインは本物なのだろうか。

これまでの経緯をまとめます。

スポンサーリンク



沖田彩華が山本裕典との合コンで木下春奈さんを誘う


まずは今回の経緯を振り返ってみたい。

大筋はこのような流れになる。

現役アイドルでNMB48の超人気メンバーの沖田彩華さんが
ゆうすけさんから「誰か可愛い娘誘って」と合コンの依頼を受ける。

沖田彩華さんは木下春奈さんにLINEを入れる。

夫の秋田新太郎さんが激怒。
「ゆうすけって今度の結婚式も出るのに俺の嫁誘うとかキチガイか?」と怒る。

簡単に説明するとこのような流れになる。

しかし、この炎上はとにかく出てくる方々がとにかく豪華。

次は今回の登場人物をご紹介します。

NMB48沖田彩華さん

まずは、沖田彩華さんをご紹介します。

沖田彩華さんは人気アイドルグループのNMB48の
押しも押されもせぬ超人気メンバー。

氏名:沖田 彩華
かな:おきたあやか
生年月日:1995年10月11日
年齢:22歳
血液型 : AB型
出身地 : 広島県
身長 : 156.5 cm
好きな食べ物 : ママの作るごはん♡
趣味 : おでかけ、日帰り旅行
特技 : ダンス、水泳
将来の夢 : 広島観光大使!

「ゆうすけ」は山本裕典さんとの言われている

今回は、ゆうすけというのはネットでは
元俳優の山本裕典さんではと言われています。

山本裕典さんと言えばイケメンと引き締まった肉体。
さらに、高い演技力で将来を期待されていた超人気俳優。

しかし、副業や素行が問題になって
別の事務所から共演NGが多くなっていまい
事実上の干された状態に。

結局事務所から話し合いの結果
事務所から突然解雇されて話題になっていた。

女優の前田敦子さんやお持ち帰りした女性との
親密な写真が問題になっていたが
一部では、夜の副業の方が問題になったと
いわれている。

木下春奈さん

今回、とんだとばっちりを受けてしまった形の
元NMB48のメンバーだった木下春奈さん。

NMB48オープニングメンバーオーディション』に
応募総数7256名という狭き門をくぐり抜けて
オーディションに合格。

2016年10月23日、NMB48として活動を終了してる。
https://www.instagram.com/p/BjukeHJlzVa/?taken-by=haruna_kinoshita

久しぶりのりぃ♥️♥️

A post shared by Haruna Kinoshita (@haruna_kinoshita) on

木下春奈さんの夫の秋田新太郎さん

秋田新太郎さんは年商100億円とも噂されていた
会社の経営者で若くして実業家として成功した人物。

一時期はみずほ銀行との詐欺事件で裁判を経験。

熱心なNMBファンが沖田彩華さんの今回の騒動に苦言も

沖田彩華さんは、熱心なファンがいる一報で
実は少しだけですが要注意人物と見るファンの方も・・。

数年前のドキュメントでNMB48の良心と言われ
ファンの間でも非常に人気の支配人から
ルール違反がないかを問われ涙ながらに疑惑を否定。

しかし・・

現在はゆうすけなる人物に結婚間近の
はるちゃんこと木下春奈さんを紹介しようとする。

さらに、夫の秋田新太郎さんが
このLINEを目撃してしまい激怒。

何しろ、このゆうすけさんは
秋田さんと木下春奈さんの結婚式にも
出席する予定だったのだ。

果たして、本当に登場人物が山本裕典さんなのか別人なのか?

それにしても、今回のLINE流出事件。

事実関係は不明ながらネット有志によって
どんどんと様々な疑惑が浮上している。

はたして、これらのネット有志の予想は的中するのか。
本人たちが無関係であるならこれは大迷惑な話。

はたして真相はどうなのか、今後の真偽の行方を
ファンは慎重に見守っている。

スポンサーリンク