INCIDENT

栃玄武と矢作嵐の画像や成績!春日野部屋の福岡出身元力士として活躍も15年名古屋場所を最後に引退!

栃玄武という元力士が今、話題になっている。
そこで春日野部屋の福岡出身元力士として活躍も
15年名古屋場所を最後に引退した栃玄武の成績や評判に噂などのをまとめてみたい。

さらに、矢作という力士も名前が浮上している。

栃玄武が入門していた、
春日野部屋の弟弟子暴行事件や
親方の春日野親方のゴルフ殴打事件。

ネットの声などをご紹介します。

栃玄武の画像や成績!

まずは、小さい体で日本の国技である大相撲の世界に飛び込んだ栃玄武に戦歴やプロフィールをご紹介します。
https://twitter.com/n_k_tochiimari/status/638343423624265728

最高位:序二段 22
本名 :緒方 晃一郎
生年月日:平成6年1月25日
出身地:福岡県福岡市東区
身長: 172センチ
体重 :75.7キロ
所属部屋:春日野
改名歴:緒方 晃一郎 → 栃玄武 晃一郎
初土俵:平成25年1月
最終場所 :平成27年7月

栃玄武晃一郎、本名は福岡県出身の緒方晃一郎。

生涯成績は45勝60敗/105出(16場所)となっている。
しかし、栃玄武は2015年7月の名古屋場所を最後に残念ながら引退している。

5月の成績が0勝7敗だった栃玄武は、7月の名古屋場所で奇跡の復活を果たす。
5勝2敗という、これから大きく成長すると期待されている中での突然の引退だった。

栃玄武といえば巨漢の謙豊の対戦が話題に!

栃玄武といえばなんといっても小さい体で、大きな力士にぶつかっていく姿が人気だった。

なんといっても2015年の春場所14日目の巨漢の謙豊と小兵・栃玄武との対戦は今でも有名だ。

twitterでも筋金入りの相撲ファンをうならせる戦いだった。

相撲経験無しで飛び込んだ世界

そんな相撲ファンを賑わせていた栃玄武は2012年に
「緒方晃一郎 相撲経験なし!「飛び込み新弟子」が登場 話題になっていたのだ。

なんでも深刻な減少に悩む角界に「飛び込み新弟子」が登場とスポーツ紙を飾ったのだ。

報道によると、福岡市出身の緒方さんは相撲経験はないが、九州場所中に初めて同部屋を訪れ師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)に直訴。スポーツトレーナーの専門学校を中退してまで飛び込んだという。

その段階で体重や身長は体格基準ギリギリ。とくに体重は本当にぎりぎりだったようだ。

スポンサーリンク

矢作嵐の成績

矢作 嵐 (やはぎ あらし)
最高位 序二段 64
本名 矢作 嵐
生年月日 平成7年4月15日
出身地 東京都江戸川区
身長 体重 190センチ 123キロ
所属部屋 春日野
改名歴 矢作 嵐
初土俵 平成26年3月
最終場所 平成26年9月

生涯戦歴 7勝7敗7休/14出(4場所)
序二段戦歴 3勝4敗7休/7出(2場所)
序ノ口戦歴 4勝3敗/7出(1場所)
前相撲戦歴 1場所

矢作嵐は、うってかわって非常に体格に恵まれた力士だった。

栃玄武が入門を直訴した春日野部屋は不祥事続き

とにかく、不祥事続きの大相撲。

栃玄武が所属していた。春日野部屋は何かと問題が頻発していた。

なにしろ、春日野親方が率先して暴力行為を働いてるのだ。

「春日野部屋 ゴルフクラブで弟子3人を殴打」といったセンセーショナルな見出しが紙面を踊ったのは2017年だった。

大相撲の春日野部屋(東京都墨田区)の師匠・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が14日に幕内・栃ノ心(24)を含む弟子3人をゴルフクラブや自らの拳で殴って軽いケガを負わせていたことが18日、分かった。春日野親方は既に警視庁本所警察署からの事情聴取に応じた際に暴力を振るったことを認め、日本相撲協会にも報告済み。本所署は事件性はないとみて、今後の様子を見守るという。

本所署によると、春日野親方から暴行を受けたのはグルジア出身の幕内・栃ノ心と幕下力士2人。3人は何度も相撲協会の規則である着物や浴衣ではない服装で外出したり、門限を破ったため、春日野親方が激怒。同親方が14日夕方、ゴルフクラブのグリップの部分で腹、背中、臀部(でんぶ)などを叩くとともに、拳で頭を殴った疑いがもたれている。後日、匿名のタレコミにより、連絡を受けた同署の捜査員が春日野部屋に出向いて聴取をしたところ、春日野親方は暴力を振るったことを認めた。

報道によると、春日野親方は2011年10月18日の夜に弟子を殴打したというのだ。

しかし、これを事件性はないとして、不問になっている。

相撲協会もなんと春日野親方本人からの説明で「事件性はないと判断」処分はしない方針だという。
加害者からの話しを聞いて「事件性はない」なかなかの人物だ