INCIDENT

松本英光 ブログに犯行予告・・無能先生は無職の引きこもりだったと告白

昨夜遅くに起きたIT関係のセミナー講師でブロガーの岡本顕一郎さん(インターネットセキュリティー関連企業)=東京都江東区東雲2丁目の事件で無職の福岡市東区筥松1丁目の無職、松本英光容疑者(42)が逮捕されました。

被害に合われた岡本顕一郎さんは人気ブロガーとしても活躍していました。

ネット上の鋭い考察に定評があり多くの著名人からも追悼と事件に対するショックの声が上がっています。

さらに福岡市の無職の松本英光は「低能先生」と名指しされ荒らし行為をおこなっていた事を岡本顕一郎さんに厳しく糾弾されていました。

スポンサーリンク



ネット上での逆恨みが松本英光の犯行理由か

まずは今回の事件で被害者となった男性と加害者の二人の情報を簡単に整理してみたいと思います。

≪被害者・有名ブロガー≫

名前:岡本顕一郎さん
別名義:hagex
生年:1976年生まれ
年齢:41歳
住所:東京都江東区東雲2丁目
職業:IT企業「スプラウト」会社員、IT講師

≪容疑者・低能先生≫

名前:松本英光
別名義:低能先生?
年齢:42歳
住所:福岡市東区筥松(はこまつ)1丁目
職業:無職

今回の事件で被害に合われた東京・江東区の会社員、岡本顕一郎さん(41)はインターネットセキュリティー会社に勤めていました。

一方でメディア出演なども多く、人気ブロガーとしても有名な方でした。

とくに、独自の鋭い考察は著名人にもファンが多かったようです。

メディアの言論空間に置いて、ごく当然の指摘と毅然とした対応は一目置かれる存在でした。

一方で、逮捕された無職の松本英光はネット上でいわゆる「荒らし行為」を行っていました。

次はこの低能先生こと松本英光の荒らし行為を指摘した内容をまとめてみます

低能先生こと無職の松本英光の荒らし行為

岡本顕一郎さんはネット上ではHagexさんとして活躍していました。

Hagexさんは、はてなブログでブログを執筆していました。

その中で、はてなブックマークに上でIDコール利用して複数のユーザーに対して誹謗中傷を繰り返しているアカウントの存在を指摘。

ちなみに、この低能先生とうのは岡本顕一郎さんが名付けた訳ではないようなのです。

どちらかというと、特定の人物の荒らし行為に自然発生した名前と思いきや

一説によると、松本英光の荒らし行為が「低能低能」とくりかえし毎回判で押したような荒らしを行為をしていたためにそのような名前がついたのではとも言われています。

スポンサーリンク



Hagexこと岡本顕一郎さんも松本英光に荒らし行為を受けていた

今回の事件で逆恨みされて被害にあわれた
Hagexこと岡本顕一郎さんも松本英光に荒らし行為を受けていた一人。

一般的にみれば、松本英光の迷惑行為の被害者だったのです。

「低能先生という荒しがいる。はてなブックマークに出現し、IDコール利用して複数のユーザーに対して誹謗中傷を繰り返している。当然、すぐにアカウントが凍結されるのだが、新規のアカウントを作り罵詈雑言を行っている」

このように松本英光の荒らし行為についてコメントしていました。

このような行為についてはすぐにブログ運営会社に丁寧に理由を記入して通報していました。

事件現場となったのは創業支援施設「福岡グロースネクスト」

松本英光は一方的に逆恨みして犯行に及んだ。

事件があった福岡市の創業支援施設「福岡グロースネクスト」は昨年4月、創業間もない企業の支援を目的に旧大名小に開設された。市と福岡地所などが官民共同で運営。賃料が安い小規模オフィスや共同作業スペースなどがあり、170社・個人が入居している。

オフィスがある2、3階は関係者しか入れないが、カフェやバー、イベントスペースがある1階は誰でも自由に出入りできる。各種セミナーが毎日開かれており、さまざまな業種の人が集う。死亡した岡本顕一郎さんは24日、1階会議室でセミナーを開いていた。

松本英光は岡本顕一郎さんのセミナーを受講するこなく誰でも自由に入れるスペースで犯行に及んでいた。

松本英光がブログに犯行声明・本社襲撃も計画か


逮捕された松本英光は警察に出頭する前にネット上に犯行声明と思われる文章を投稿している。

24日午後10時29分に投稿されたブログ「はてな匿名ダイアリー」には、「おいネット弁慶卒業してきたぞ」という書き込みがある。「ネット弁慶」とは、ネット上では強気だが、実生活ではおとなしく小心者な人を指すとされるネット用語。文面には、過去にやりとりしてきた人たちをあおるような言葉が並んでいた。

 「ほぼ引きこもりの42歳はここで体力が尽きてしもうた」とあり、松本容疑者の年齢と一致する。投稿は「これから近所の交番に自首して俺自身の責任をとってくる」「着くまで30分くらいかかるかも」と締めくくられている。県警によると、松本容疑者が出頭したのが午後11時ごろ。ブログを投稿したのが誰かは不明だが、この点も書き込みと一致する。

無職の引きこもりニートへの差別を助長した松本英光

世間では無職の引きこもりニートへの風当たりは強い。

とくに、40歳以上の高齢化する引きこもりは大きな社会問題になっています。

一方で、どうして引きこもりになってしまったのか。
その理由は様々で、多くの引きこもりの人たちは「自分も何か社会の役にたちたい・このままではダメだ」といった問題意識を持っている方がほとんど。

実際にどのような行動を起こしたらいいかすらわからないまま時間が過ぎていくというケースがほとんど。

しかし、残念ながら松本英光のような時間も体力もあるのに一日インターネットにひっついて荒らし行為などで無駄な時間と他人への迷惑行為を続ける人間もいる。

どうしても身勝手で残忍な松本英光のような人間が目立ってしまいます。

松本英光が間違いなく、何かしらの問題を抱えて苦しんでいる引きこもりの方への偏見を助長したのは間違いありあせん。

スポンサーリンク