INCIDENT

成宮寛貴 週刊文春12月15日号でグレートサスケの息子について独占手記!「息子は成宮に襲われた」

成宮寛貴について、週刊文春がグレートサスケの息子について独占手記を掲載することがわかった。

ネット上では、グレートサスケ元岩手県議のブログで話題になっていた息子さんへの何かしらのハラスメント行為があったのではないか?
そんな話題でもちきりになっていた。

そこに炸裂したのが週刊文春砲だった。今年は週刊文春に始まり週刊文春に終わるのだろうか?

ついに炸裂!週刊文春にグレートサスケ氏が成宮寛貴の本性を暴く!!

12月2日のフライデーの成宮寛貴コカイン吸引疑惑で様々な報道が出る中で、セクシャリティの部分に問題をすり替えて引退した成宮寛貴さん。

説明責任を果たさぬまま多額の違約金だけを残し芸能界を引退。海外に旅立ってしまった。ファンはなぜか、フライデーを炎上させるなどすでにカオスな状態に入っていた。

そんな、中で沈黙を守っていた2016年を代表する週刊誌・週刊文春がついに成宮寛貴34歳に対して伝家の宝刀『文春砲』の炸裂を予告したのだ。
成宮寛貴が逃げるように芸能界を引退した二日後、1人のプロレスラーがブログをアップした。

『引退する成宮さんへ』

その幕の引き方じゃぁ
我々家族は
逆に許しませんよ。

10年程前に
愚息があなたから受けた
ハラスメントが
真実だった
って認める事に
なっちゃうじゃないですか?

いつか
「全て冗談に決まってるでしょ」
って言ってくれれば
それで良い
と思って
許してたのに。

出典:ザ・グレート・サスケオフィシャルブログ http://ameblo.jp/thegreatsasuke/page-5.html#main 

このブログの発表で「2ちゃねんる」では、すでに大きな騒ぎになっていた。

■愚息って誰のこと?
■グレートサスケが何かされたの?
■ただの売名じゃない?ナリは被害者!同性愛もウソ!
■確か、グレートサスケの息子はパリコレに出演するくらいのモデルだった
■成宮寛貴とお風呂に入ってどうのこうのっては噂になってる
■ナリはカミ!
■ダークナイトは本当にダークカイトじゃねーかよ

などなど、本当はもっと具体的かつリアルな書き込みも見られたが、さすがにリアルすぎる書き込みで裏が取れないために割愛する。

そんな事件があってからというもの、Yahoo!ニュースになるなどしていたが、ノンスタイル井上の当て逃げによって事態は沈静化したかのように見えていた。

週刊文春が成宮寛貴についてグレートサスケの独占手記!疑惑を告発したA氏についても言及!

そんなコカイン疑惑にゼロ回答で海外に逃げるように高飛びした成宮寛貴さん。
問題をセクシャリティの部分にすり替えたつもりが・・・

自らが、コカイン疑惑の目をそらすためにすり替えた部分にスポットが当たってしまったのだ。

12月15日発売の週刊文春にとんでもない告発独占手記が掲載されるのだ!

グレート・サスケ独占告白「息子は成宮に襲われた」

あまりにも強烈なタイトルだが、プロレスの選手の息子となると若い頃に喧嘩でもしたのか。

誰しもがそうい思うだろう。

なんと先程のブログの十数年前に元モデルの長男と成宮の間に起きた“ハラスメント”とは何か。本誌の取材にザ・グレート・サスケ氏が重い口を開いというのだ!!

「息子が高校一年生の時、モデルを始めてしばらく経った頃、突然、PTSDを発症したのです。医師によるカウンセリングで、成宮さんから無理やり—-を求められたことや、『一億円あげるから俺と寝てくれ』と迫られた事実を打ち明けたのです。成宮さんがゲイだと知らなかったから、正直、息子の言ったことを100%信じきれなかった部分があった。

引用:週刊文春Web http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6887

※過激な表現は一部表現を変更しております。

なんと、まさかコカイン疑惑薬物中毒疑惑の成宮寛貴さんが同性愛だとは思いもしなったようだ。
グレートサスケさんは息子がカウンセリング中に発言した内容を100%信用しきれなかったようだ。

結局、そんなことあるだろうか?
事実関係がはっきりしない為に抗議もせずにグレートサスケさんは自分の胸に疑惑のまま、しまいこんでいたというのだ。

さらに、週刊文春では成宮寛貴さんをフライデーに告発したA氏についても詳細を報道する予定だという。

現在、成宮寛貴さんは日本を脱出してシンガポール経由で東南アジアのどこかの国に入国しているという。

ファンの間でも釈然としていないのはその引退理由だ。

「セクシャリティな部分」「間違った情報が広がる恐怖と不安」「信頼していた友人に裏切られ複数の人が仕掛けた罠にハマってしまった」

上記の理由に芸能界を突如として引退した。

しかし、熱心なファンの間では成宮寛貴さんのセクシャリティな部分は誰もが知っているものだと思っていた。
むしろ「え?本当に隠していたの」的な振る舞いが多かった。

事実、成宮寛貴さんは堂々と二丁目界隈の男性人を連れて街中で普通にいっちゃいちゃしていた。
二丁目でも実に堂々としていたと言われている。

熱心なファンは当然知ってるし、役者として何ら恥ずべきことではないし、人としてももはや世田谷区などでは※「宣言書」などの形で認められているこの時代。
偏見はまだ根強いものの、あの卓越した役者としての評価は何ら変わるものであるはずがない。

※「宣言書」とは
東京都世田谷区が7月29日、同性カップルについて区発行の「宣誓書」でパートナーシップを認める方針を明らかにした。11月をめどに実施する。実現すれば、4月に同性パートナーシップ条例を施行した渋谷区に続き、全国で2例目となる。
引用:http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/30/setagaya-samek-sex-couple_n_7901076.html

事実、成宮寛貴さんが通っていた美容室では男性と楽しそうにスキンシップをとる成宮寛貴さんの目撃談など実に堂々としたものだった。

それが、コカイン疑惑が出ると同時に

「この仕事をする上で絶対に知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、この間違った情報が拡がり続けることに、言葉では言い表せないようあn不安と恐怖と絶望感に押しつぶさされそうになっている」

として、収録が4話まで終わっていたテレビ朝日の連続ドラマやCMの契約が残ったまま引退してしまった。

あれだけ、半ばファンの間でも公認と思われているほど堂々としていたのに・・・

ネットでは「コカイン疑惑から問題を逸らせたかったんだろ」という声が上がっていた。