TV

平手友梨奈の怪我の原因理由や容態は?てち大丈夫の声笑顔になって欲しい・・

欅坂46に何が起こっているのだろうか?押しも押されもせぬ絶対的センター平手友梨奈が右腕の上腕三頭筋損傷のけがを負っていたことが13日、分かった。

ネットでは、てち大丈夫?てち笑顔になって!とたくさんの心配の声や、平手友梨奈の怪我の原因や理由。さらに平手友梨奈の容態を心配する声が上がっている。

さらに、一番多いのが、「やっと運営は平手を休ませるのか!休ませるのが遅い」といった声がファンの間から上がっていた。

スポンサーリンク






平手友梨奈の怪我の原因理由や容態を心配する声

まずは平手友梨奈の怪我を報じた日刊スポーツの報道から引用する。

欅坂46の平手友梨奈(16)が、右腕の上腕三頭筋損傷のけがを負っていたことが13日、分かった。グループの公式サイトで発表された。全治1カ月との診断を受けたという。

公式サイトでは

「平手友梨奈に関しまして、右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1カ月のけがと診断されました」
「日本武道館公演への出演に向けて治療を続けて参りましたが、万全のパフォーマンスが困難だと判断いたしました」

このように報道されているのだ。

欅坂46は1月31日と2月1日に東京九段下の日本武道館で単独コンサートを開催予定だった。

平手友梨奈無しでの欅坂46の公演開催は不可能と判断。運営で協議した結果、2日間とも、関連グループけやき坂46(ひらがなけやき)の単独公演に振り替えるという。

ネットでは、連日握手会を原因不明で欠席していた平手友梨奈に心配の声が上がっていた。

とくに、平手友梨奈の握手会の事件以降、明らかに平手の顔から笑顔が消えていった。

紅白歌合戦後のバックステージでの集合写真は笑顔に見えたが、舞台の上で平手友梨奈の笑顔はもう随分見ていない。

スポンサーリンク


平手友梨奈の怪我の原因究明や運営を批判するファンの怒りの声があがる 

ネットでは、とにかく運営へ批判が噴出。
熱心なファンは勿論のこと、年末の歌番組で顔面蒼白でフラフラになりながら歌う平手友梨奈の姿に明らかな異変を感じた人たちが多かったようだ。

▼欅坂は平手ありきのグループですって告白しちゃったようなもん。平手に依存しすぎ。
▼確かに紅白のパフォ中に倒れた後の腕の振りがおかしかった 精神的にはもはや自傷に近いものがあったのかも知れないね
▼まさか、自分で傷つけてなければいいけど
▼怪我には理由があるだろう・・一度立ち止まる事は大切
▼どうして、1人が怪我したら公演が中止になるんだ?
▼メンバー一人が出れないかライブ事態やらないとはどういうこと 他のメンバーはこの人のおまけ?
▼てちが引退したら欅は解散すんのか?運営おかしいよ
▼本当の理由は腕の怪我なんかじゃないだろう。
▼平手が背負っているけど、実はメンバー全体が相当負担かかってるんのでは?

平手友梨奈以外にもメンバーに負担?紅白歌合戦の異常事態


昨年の大晦日の第68回NHK紅白歌合戦での欅坂46のメンバー3人が過呼吸で舞台上で次々に倒れていった。

欅坂に異変が起こったのは総合司会のウッチャンナンチャンの内村光良さんとのコラボレーションパフォーマンスでの出来事だった。

鈴本美愉、志田愛佳、平手友梨奈が次々にステージ上でぶっ倒れていったのだ。

欅坂46といえば、コンセプトが「反権力」。

アイドルらしからぬ反抗的な態度で歌やダンスのパフォーマンスは他のグループとは一線を画している。

絶対的センターとして君臨する平手友梨奈は秋元康からも笑顔を期待されないという異色のアイドルだ。

平手は憑依体質のようで楽曲に入り込んでしまうために不協和音から次第に体調を崩して行くようになった。

結局、運営も年末の特番の大型歌番組も「不協和音」の楽曲を事実上封印していた。

紅白歌合戦でも、NHKからの要請で曲を変えられず、結果、2度目の同曲のパフォーマンスでのメンバーの過呼吸ダウンが発生してしまったというのだ。

すでに、この時点で1月後半から2月の日本武道館の公演を乗り切れるの不安視されていた。

ネットにはファンの愛情あふれる温かい声で溢れている。


https://twitter.com/hyuga_aoi88/status/952187275982467072


https://twitter.com/kuropanman__/status/952186121126952960

スポンサーリンク