INCIDENT

岡本顕一郎Hagex 人気ブロガーが被害に!犯人の名前や顔の写真は?

最近の日本はどうしてしまったのだろうか。凶悪な事件が続くなかでネットセキュリティー会社につとめる岡本顕一郎さんが被害にあう事件が発生した。
岡本顕一郎さんは人気ブロガーのHagexではとの声がネット上がっており心配の声が上がっている。

当初、犯人は凶器をもったまま逃亡していました。

犯人は自転車で現場から逃走。警察は現場検証を進めるととも岡本顕一郎さんに危害を加えた犯人を追跡していました。

その後、犯人は最寄りの交番に出頭していました。

スポンサーリンク



闇ウェブ・ダークウェブ専門家だった岡本顕一郎さん・・

まずは、Hagexさんと話題の岡本顕一郎さんの事件を改めて振り返ってみたい。

24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2の旧大名小学校内の施設で、施設関係者の男性から「人が刺された」と110番があった。IT関連のセミナーの講師をしていた東京都江東区東雲2、インターネットセキュリティー会社員、岡本顕一郎さん(41)が背中をナイフのような刃物で刺され、病院に搬送されたが死亡が確認された。刺したとみられる男は自転車で逃走した。

福岡県警によると、24日午後11時前、40代の男が福岡・東署管内の交番に「中央区の殺人は自分です」と出頭した。男の持っていたバッグの中から血が付いた刃物が見つかった。県警は男を殺人容疑で逮捕する方針。

今回の事件で被害にあったのは、インターネットセキュリティー会社に勤める岡本顕一郎さん。

岡本顕一郎さんは人気ブロガーのHagexさんと同一人物ではないかと話題になっています。

現場となったのは福岡市中心部の天神の西側に隣接する繁華街にある施設天神の旧大名小学校。
岡本顕一郎さんは人気ブロガーのHagexとして施設1階の会議室で事件直前まで開かれたIT関係のセミナーで講師をしていました。

被害者となった岡本顕一郎さん

この事件で被害にあったのは闇ウェブ・ダークウェブ専門家だった岡本顕一郎さん。

岡本顕一郎さんはインターネットセキュリティー専門のメディアの編集長で、匿名化ソフトを使わないとアクセスできない「ダークウェブ」など最新のサイバー犯罪の調査を手がけていました。

当日はネットウォッチ勉強会「かもめ」#2を開催していた

岡本顕一郎さんは、事件にあった当日ネットウォッチ勉強会「かもめ」#2を開催していました。

プログラム
17時30分 開場
17時45分 勉強会スタート
・「100万PV達成への道」
・「ブログトラブル110番」
19時30分 終了予定

参加費 2000円(会場でお渡しください)
定員 30名

当日はブログのアクセスアップの秘訣やブログPVの稼ぎ方、PR方法、記事の書き方、ネタ見つけ方などをテーマに抗議をしていました。

タイムテーブル

時間概要
17:30 – 17:45開場
17:45 – 18:45「100万PVブログ達成への道」Hagex
18:45 – 18:50休憩
18:50 – 19:20「ブログトラブル110番」Hagex
19:20 – 19:30質問コーナー
19:30終了

岡本顕一郎さんは、人気ブロガーのHagexとして活躍。

さらに、インターネットのセキュリティー会社で、闇ウェブや、ダークウェブと呼ばれ得るサイトのセキュリティーの専門家としても活躍していました。

岡本顕一郎Hagex氏は一ヶ月前に日大とヤクザのつながりを指摘して話題に

実は、岡本顕一郎さんはHagexとして人気ブロガーとしても活躍。

最近では『悪のデパート日本大学』との刺激的なタイトルで日本大学理事長と山口組とのつながりを鋭く指摘していました。

さらに有料雑誌のFACTAのタイトルを引用して日大の闇の部分を鋭く糾弾していました。

今回の事件の犯人と、日大と山口組との関係は現在はわかっていませんが、何かしらのつながりがあるのではとの声も上がっています。

スポンサーリンク