INCIDENT

小里泰弘 愛人インスタ画像の名前が誰か特定の動きも・・さらに二人振込している愛人がいると報じられる

自民党の二世議員として地元の熱い期待を背負っていたはずの小里泰弘議員の愛人契約が報道され大きな話題になっています。

しかも小里泰弘議員の愛人がインスタ画像つきで報じられているのです。

ネットではすでにこの愛人のインスタ画像から名前や素性を特定しようとする動きが起こるなどしています。

小里泰弘議員が上智大学の読モと愛人契約の末にゆすりに

明日発売の週刊新潮で詳しく報じられるこの問題。

当選5回、鹿児島県選出の小里泰弘議員(61)は、これまで環境副大臣兼内閣府副大臣や農水副大臣等を歴任してきた。父・貞利氏の地盤を継いだ二世議員でもある小里代議士が、会員制ラウンジの上智大生と愛人契約を結んでいた。

「3年ほど前の六本木の会員制ラウンジに勤めていた時に知り合いました。程なく“もっと払うから、外で会いませんか?”とか、そういう感じで誘われて。ホテルで会って封筒に入った10万円くらいを手渡しで貰っていて。多い時は月に3回とか、ありましたね……」

こう証言するのは、小里代議士と愛人契約を結んでいた女性当人(23)だ。上智大学3年生の頃から関係があったという彼女は、著名ファッション誌の読者モデルのような形で誌面を飾ったほか、キー局のバラエティ番組に出演したこともある経歴の持ち主。ミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナを細面にした顔立ちだ。

 

小里泰弘の愛人のインスタ画像も週刊新潮は掲載

週刊新潮はすでにこの小里泰弘の愛人のインスタ画像も掲載。

モザイクが入っていますがいわゆる港区女子てきな雰囲気の女性のようです。

 

週刊新潮ではこの小里泰弘の愛人から直接話しを聴いている模様。

 

「3年ほど前の六本木の会員制ラウンジに勤めていた時に知り合いました。程なく“もっと払うから、外で会いませんか?”とか、そういう感じで誘われて。ホテルで会って封筒に入った10万円くらいを手渡しで貰っていて。多い時は月に3回とか、ありましたね……」

これは小里泰弘議員の愛人本人を取材した内容のように読み取れます。

さらに次のように週刊新潮では小里泰弘議員の愛人女性をまとめています。

上智大学3年生の頃から関係があった
著名ファッション誌の読者モデルのような形で誌面を飾った
キー局のバラエティ番組に出演した
ミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナを細面にした顔立ちだ。

小里泰弘議員は元上智大生以外にあと二人援助費を振り込む相手がいる

さらに驚くのは、小里泰弘議員にはこの元上智大生以外に他に二人も偽名を使って援助費を振り込む相手がいると週刊新潮が報じています。

ネットでは様々な意見

小里泰弘の父はミスター新幹線と呼ばれた国民のために働いた政治家

今回の独自の経済活動に勤しんでいた小里泰弘議員。

いわゆる二世議員ではあるものの、幼い頃から勉強はできたようです。

鹿児島県立鶴丸高等学校、慶應義塾大学法学部を卒業し、野村証券に入社。

生粋の超エリート。

父の地盤を引き継いで難なく国会議員になった。

2006年の豪雨災害では地元のために奔走

2006年7月に北薩地域で豪雨災害が発生。地元、川内川の治水事業に奔走し、総額1000億円の大治水事業の実現にこぎつけた。

その後、安倍政権では衆議院農林水産委員長に就任するなど順調すぎるキャリアを歩んでいました。

父はミスター新幹線の異名をもった小里 貞利氏

小里泰弘の父は国政進出後は一貫して整備新幹線事業に邁進。

さらに、まだダイバーシティがあった時代の自民党では影の調整役として自民党内をまとめる実力者でもありました。

RELATED POST