Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

小浦愛と武豊のフライデー画像がやばい!元カレ武幸四郎の兄と小浦愛は不倫と報じられツイ消し・・真相はいかに?!

小浦愛さんと武豊さんの熱い抱擁を10日発売のフライデーが画像付きで報じている。小浦愛さんと言えば弟の武幸四郎さんとの熱愛が噂されていただけに競馬ファンにとっても寝耳に水といった感じだ。

すでに、武豊さんといば佐野量子さんと結婚生活は20年近くになる。
小浦愛さんとはどのような女性なのか。

武豊さんとの不倫関係は本当なのか?
Twitterなどはすでに消去されており炎上回避との見方も出る中で、新たな不倫疑惑に注目が集まっている。

小浦愛さんは女優としても活動する傍らで競馬専門チャンネルの「グリーンチャンネル」で「トレセン丸ごと情報局」の美人競馬キャスターとして適格なリポートに定評がある。

果たして、今回のフライデー画像は黒なのか白なのか・・

スポンサーリンク




 

小浦愛の経歴とプロフィール


まずは武豊さんとの抱擁をフライデー画像で報じられる小浦愛さんとはどのような女性なのか、経歴やプロフィールをまとめる

【氏名】小浦愛
【読み方】おうら あい
【生年月日】1991年7月17日
【年齢】26歳
【出身】兵庫県
【血液型】O型
【大学】関西大学
【特技】速読とタイピング
【趣味】歌うこと、音楽鑑賞、買い物、ゲーム
【所属事務所】サンミュージック

小浦愛さんは自らの性格を負けず嫌いというかなり気の強い一面を持ったタレントさんだ。
性格は多少大雑把と自己分析するなど、明るく元気なお嬢様タイプのタレントさん。

aiko、東京事変、HY、秦基博、YUKI、清水翔太、backnumberなど、音楽センスの高い一面をもった女性タレントのようだ。


徳島製粉 金ちゃん亭ぶっかけうどん

スポンサーリンク




小浦愛を巡って武豊と武幸四郎が奪い合っていた?!

実は、競馬ファンの間では、小浦愛さんの彼氏として名前が上がっていたのは武豊ではく、弟の武幸四郎さんだった。

これは、ネット上でもかなり硬い情報ではないかと噂されるなど、一部のファンの間では公然の秘密というような扱いだった。

武幸四郎さんと言えば、現在は騎手の第一線を退き、調教師として活躍している。

しかも小浦愛さんがレギュラー出演する「トレセンまるごと情報局」で何度も競演するなどカナリ話題になっていた。

小浦愛と結婚しているはずの兄・武豊が不倫関係に?

さて、そんな小浦愛さんが、元カレの兄の既婚者・武豊と不倫かとフライデーが抱擁画像を掲載して話題になっているのだ。

武豊さんは過去にも幾度も不倫の噂が絶えない超モテ男。
実際に過去には美馬怜子さんとの手つなぎデートを週刊誌が報道。

騎手の武豊(46才)とフリーアナウンサーの美馬怜子(みまりょうこ・31才)との手つなぎデート現場を、10月22日発売の女性セブンがキャッチした。
記事では、10月4日に中山競馬場での「スプリンターズ・ステークス」に騎乗した武がその夜、六本木の路上で美馬と手をつないで歩いている様子を写真とともに報じている。

この時は、武は黒縁の丸メガネにスーツという姿、美馬は胸元が大きく開き、深いスリットが入った黒いドレスを着ていたという。2人は、麻布十番のドラッグストアで買い物をして、夜の街に消えた。

ちなみに、この報道は実は、二人には何も無かった事が後日明らかになっている。

しかも、手つなぎデートといっても、当日初めて会ったという。さらに写真には映っていないものの複数の関係者がいた中での一瞬を切り取られたというのだ。

小浦愛さんは速攻でツイ消し逃亡?これはクロなのか・・

前回の美馬怜子さんの手つなぎデート報道はほぼ白だったと言われているが、今回武豊さんと抱擁画像をフライデーに取られてしまった小浦愛さんは現在、twitterを消去している。

これは炎上を防ぐ意味合いが大きいようだ。

最近は芸能事務所も早めの火消しを行うケースが多いだけに、ツイ消しとブログ消去も時間の問題だろう。

サンミュージックはスキャンダルになれっこ?

ちなみに小浦愛さんの事務所はあのベッキーと同じさんのサンミュージック。

サンミュージックといえばベッキーのゲス不倫騒動で数億円・数十億円ともいわれる違約金を払っていた。

ベッキーも復帰したものの、以前のような活動はなかなか難しい状況だ。

それだけに、今回の小浦愛さんと武豊さんの対応にも慣れたものだったのかもしれない。

スポンサーリンク