Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ENT

小泉今日子の株式会社明後日の公式ホームページがダウン!豊原功補さんとの不倫関係も認める

女優の小泉今日子さんが2018年1月31日をもってバーニングを離れて、自らが立ち上げた株式会社明後日に完全独立を宣言した。

すでに完全独立明後日の公式ホームページはサーバーダウンするなど大きな反響になっている。

さらに、以前からフライデーなどの写真週刊誌で報道されいた豊原功補さんとの不倫関係も認めた上でご家族に謝罪の言葉を述べている。

小泉今日子さんの株式会社明後日の設立と豊原功補さんとの不倫関係にはなにか裏があるのだろうか?

スポンサーリンク






小泉今日子の株式会社明後日の公式ホームページがダウン!

女優の小泉今日子(51)が所属事務所から独立したことが1日、分かった。15年に設立した制作会社サイトで発表した

小泉は「私、小泉今日子は2018年1月31日をもちまして永年お世話になりました株式会社バーニングプロダクションから独立することになりましたことをご報告致します」と報告。「バーニングプロダクションにはデビューから36年もの間、育て守って頂いたことに返しきれないほどの恩を感じておりますが、50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました。より成熟したエンターテイメントの世界を見てみたい。そのために自分が出来ることは何か。マネージメントとアーティストとの関係性も含めて模索して行きたいと思っています」と芸能界での活躍を支え続けた事務所に感謝の思いをつづってから、独立を決意した理由を説明した。

スポンサーリンク


豊原功補さんとの恋愛関係を認め家族に謝罪


小泉今日子さんのバーニングからの独立に際して、以前から報道されていた小泉今日子さんと豊原功補さんとの恋愛関係も公表。

さらに事実上の不倫であることも公表している。

「2015年に立ち上げた株式会社明後日は新しい夢のために設立した制作会社です。設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」と恋愛関係にあると認めた。

さらに、ネットやメディアでは事実とは異なる報道も多くスタッフには豊原功補さんの家族に迷惑がかからないようにとの支持をだしていたという。

小泉今日子さんは目して語らずということで豊原功補さんのご家族を守ろうとしたのだろうか。

結局、このことが裏目に出てしまい、事実とは異なる記事が多く出てしまったとうのだ。

「事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。豊原氏にはご家庭があります。最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました」

一方で豊原功補さんも不倫関係を認めコメントを発表

一方で豊原功補さんも不倫関係を認めコメントを発表した。

​本日、小泉今日子さんから独立のご報告と共に記されている件について、私からも述べたいと思います。

私と小泉さんとの関係性はご本人からの報告にあるように、互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております。そして私が既婚者であるということも事実です。しかし一部週刊誌やネット上で伝えられてきた内容には実際と異なる部分もあり、中には私が既に離婚しているかのように書かれたものもありますが、それは事実ではありません。私には家族、妻子があります。このことで双方関係者の皆様にはご心配ご迷惑をおかけしておりますこと大変申し訳なく思っております。また私自身、家族に対し様々な厳しい思いを強いていることへの自責の念は尽きませんが、それをどのような言葉を持ってここに記すのも相応しいとは思えません。自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいと思っております。責任は私にあります。

これまでの間、虚実ないまぜの記事や、直接の取材要請も他メディアでの報道もなかったことに違和感を覚えつつもこれを黙認し、口を閉ざしていた自分の数年を反省しております。おこがましくも、半ば私的なことを述べさせていただくことになりましたが、私の心で置き捨てにしてはならないと思うところ、また俳優業の端くれとしての自己と、この先の純然たる創作世界を見つめる上でも、私における事実として発することにさせていただきました。つきましては、今後全て私の一身で受ける所存でありますことご了承いただきたく存じます。

尚、家族とは三年近く以前より住まいを別にしており、家族はこの仕事とは携わりのない明らかな私人であり、一般的な環境の中で日々の暮らしを過ごしております。大変恐縮ですが、家族及び親類などへの取材、詮索等は一切ご遠慮下さいますよう、ご配慮、ご理解のほど切にお願い申し上げます。

​豊原功補

スポンサーリンク