Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

小森勝弘の家族やタクシー会社は?上級国民ではないから即逮捕に飯塚の逮捕を望む声も・・

名古屋市の金山総合駅でタクシーを運転して事故を起こした小森勝弘が逮捕されました。

七人が巻き込まれる高齢ドライバーの事故。
ネットでは、上級国民ではなく七十代になっても働かなくてはならない老人は即逮捕。

母と幼い子どもの命が奪われた池袋の飯塚は上級国民だから逮捕は免れるという声がまたも浮上した。

小森勝弘の家族やタクシー会社の対応は?またも高齢ドライバーの事故

事件は三連休の初日の14日の夜に発生しました。

逮捕されたのは小森勝弘容疑者。

なんと、驚くべきことに年齢は75歳。

小森勝弘と家族やタクシー会社はこれから様々な対応に迫られそうです。

スポンサーリンク
 

金山総合駅で突如暴走した小森勝弘のタクシー

事件が発生したのは14日午後9時20分過ぎ。

名古屋市熱田区の金山総合駅南口のロータリーでタクシーが歩道に乗り上げ、歩行者らを次々とはねました

警察の発表によりますと、被害状況は次の通りです。

被害者:男女7名
被害者はいずれも20代から30代で男性が4人と女性が3人

重症者:30代女性が1名
軽傷者:6名

逮捕された小森勝弘に現在のところ怪我は確認されていない。

目撃者の生々しい証言

目撃者の方々がメディアに事故当時の生々しい証言をしています。

目撃者の話によりますと、タクシーがロータリーから歩道に突っ込んで数人をはね、周りにいた人がはねられた人を助けようとしたところ、タクシーがバックし、さらに数人を巻き込んだということです。

中署によると、タクシーは車道と歩道を分けるコンクリート製のポール2本をなぎ倒し、歩道から続く広場でのライブに集まった人に突っ込んだ上、バックして停止した。

小森勝弘の逮捕容疑は自動車運転処罰法違反(過失傷害)

今回の事件で逮捕された75歳の高齢タクシードライバー。

小森勝弘の逮捕容疑は自動車運転処罰法違反(過失傷害)と報道されています。

現行犯での逮捕にネット上ではやはり、池袋の痛ましい事故を引き起こした人物が未だに逮捕されていないことに違和感や怒りの声が上がっています。


東池袋の事故を起こした飯塚幸三の自宅には強気の張り紙の報道・・

今回、逮捕された小森勝弘は75歳。

しかし、それを一回り以上も上回る人間が東池袋で暴走事故をを起こして、母と幼い子供の命が奪われた事件。

今年4月、東京都豊島区東池袋で旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)が運転する乗用車が暴走。松永真菜さん(31)と長女・莉子ちゃん(3)の尊い命が奪われたあの痛ましい事故。

この事件でプリウスを暴走させた男が旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者。

御年88歳の高齢ドライバー。

これだけの痛ましい大事故を引き起こし、なんの罪もない幼い子どもと母の命を奪った男は、未だに逮捕されていない。

それどころか『週刊女性premium』が報じたところによると、飯塚の自宅マンションには信じられない強気の張り紙がしてあると報じています。

飯塚の自宅マンションには「取材厳禁の貼り紙」の張り紙報道で怒り爆発

ネットの「週刊女性premium」が報じたとろによると、池袋大暴走犯の飯塚の自宅マンションには信じられない強気の張り紙が貼ってあるというのだ。

その報道の一部を抜粋します。

《池袋高齢者暴走事故》逮捕されない容疑者宅に貼られた「強気な貼り紙」
奪った命の重みをどう受け止めているのか、加害者としてどう贖罪しようと考えているかを聞くため、容疑者が住む都内のマンションを訪ねた。玄関には管理人がいて、

「ダメダメ。これ見て」

と取材厳禁の貼り紙を指さして、インターホンも押させてくれない状態だった。

引用:週刊女性PRIME [シュージョプライム] 2019/08/15 21:00

逮捕された小森勝弘と飯塚の違いは経歴か?

今回の名古屋のロータリーでのタクシー暴走で逮捕された小森勝弘。

七人が被害に合う事故で重症が1名でたものの、死者がいなかったのが不幸中の幸い。

しかし、池袋のプリウス暴走では罪のない幼い子どもと母の二人の命が飯塚の運転する車によって失われている。

ネットでは飯塚が元高級官僚だから逮捕されないのではとの声も上がっていた。

たしかに幼い子どもと若い母親の命を奪った飯塚の経歴はまさに上級国民。

旧工業技術院の院長
農機大手の『クボタ』に役員として天下りした14年間で副社長
日本計量振興協会会長

さらに前出の週刊女性premiumでは飯塚の年収や退職金についても詳しく報じています。

旧工業技術院の院長時代は年収約2000万円、退職金として約3000万~4000万円を受け取ったとされる。

農機大手の『クボタ』に役員として天下りした14年間で副社長まで上り詰めた。クボタは「報酬は教えられません」(担当者)というが、2017年の有価証券報告書によると、取締役7人に対する年間報酬総額は6億2700万円。頭数で割ると9000万円近い高給取りになる。ほかに日本計量振興協会会長なども務めている。

一体、小森勝弘は現行犯逮捕で飯塚は未だに普通の生活を謳歌しているその差は一体何なのでしょうか?


スポンサーリンク