Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
TV

和田竜人 その後・・やらせや松岡伸矢くんのDNA鑑定などが大きな話題に!

緊急!公開大捜索’18春で放送された記憶喪失の和田竜人さんのその後が放送される。

2018年1月31日(水) よる7:00から3時間の生放送された番組で和田竜人さんの記憶喪失からおじさんと暮らしていたとう衝撃の過去が特集されました。
ネットでは、特定の経緯などからやらせや

スポンサーリンク







和田竜人さんの現在とその後が話題に

2018年1月31日に三時間に渡って放送された緊急!公開大捜索18春にてTwitterを中心としたSNSで話題となったのが記憶喪失の和田竜人さんでした。

和田竜人さんが誰なのか?

その衝撃の過去が大きな話題になりました。

まずは、番組に登場した和田竜人さんの衝撃の情報からまとめてみたいと思います。

和田竜人さんのプロフィール

≪プロフィール≫

氏名:和田竜人(わだ・りゅうと)仮名
年齢:25歳(推定)
保護年月:2014年7月29日
保護場所:愛知県弥富市のショッピングセンター内トイレ
身長・体重:167cm/50kg未満(発見当時)

和田竜人さんは、現在は便利屋の仕事で生計を立てていました。

しかし、和田竜人さんは発見当時、かなりやせ細っていて、とても働けるような状況ではなかったそうです。

ただ、本人は非常に真面目で、現在は力仕事も普通にできるようになり、冷蔵庫なども1人で持ち運びできるほど体力も回復していったとのことです。

自分が誰だかもわかっておらず、身元を示すものがなにも持ってない状態でした。

そのため、自分で部屋を借りることもできないために、自立支援センターの個室で生活していました。

しかし、ネットを騒がせたのは、和田竜人さんが知らない「おじさん」と生活していたという事実です。

4歳から17年間もの間「おじさん」に軟禁状態におかれていた

和田竜人さんは、17年間もの間、「おじさん」と呼ばれてる男性の支配下で軟禁状態で生活をしていたとされているのです。

その記憶は非常に鮮明なものでした。

保護された時の状況

17年間、おじさんと呼ぶ見ず知らずの男性と生活。軟禁状態にあったが、2014年6月に脱走。その1ヶ月後、愛知県弥富市のショッピングセンター内トイレで意識不明の状態で発見、保護。当時の服装は、黒色の長袖カッターシャツ・黒色のズボン・赤のスニーカー。着衣以外の所持品は一切なし。地元警察による調査でも身元特定に至らず。

和田竜人さんは、17年間もの間、「おじさん」と呼ばせる男性に軟禁状態で生活していました。

そのおじさんとの奇妙な生活のスタートも異質なものでした。

 

和田竜人さんによると、その生活は今から20年ほど前にさかのぼります。

 

1996年ごろに、大人と外出します。記憶では両親だった可能性も。

移動していると、少年だった和田竜人さんは疲れて眠ってしまったというのです。

 

そして目が覚めると、おじさんの自宅にいたというのです。

そこから、おじさんとの生活がスタートします。

翌年、おじさんとの共同生活から一年がすぎたころに和田竜人さんは「今日で5歳だ」と言われたことで自分が5歳であることを認識したと言うのです。

その生活はあまりに異様なものでした。

 

自宅から外出は許されない

テレビなどもみせてもらえない

学校にも行けずにドリルだけを与えられる

おじさんは自宅にいてパソコンでグラフを見ていたために、トレーダーのような事をしながら生計をたてていた。

 

 

その後、和田竜人さんは学校に行くこともできずに軟禁状態で生活していくうちに、チャンスをみてこの自宅を脱出することを思いついたといいます。

和田竜人さんは、おじさんの財布からわからない程度に現金を抜きながら資金を集めて脱出のチャンスを狙っていきます。

そして、ついに2014年6月28日におじさんが自宅に不在の時に和田竜人さんは17年間の軟禁生活から脱出を試みます。

おじさんを名乗る男性の自宅を出ると一気に自分の足で町を出ます。

その後、神社の境内で寝泊まりしていたものの、現金が入ったバックを奪われて一文無しに。

結局、ショッピングセンターのトイレで意識を失っているところを保護されていたのです。

和田竜人さんが松岡伸矢くんに似ていてDNA鑑定も

じつは、和田竜人さんがここまで大きな話題になったのは、ある誘拐事件の被害者の少年にそっくりだったのです。

松岡伸矢くんに似ていた和田竜人さん

和田竜人さんは、1989年に徳島県の親戚の家付近で、ほんの一瞬行方不明になった松岡伸矢くんと顔がそっくりだったのです。

松岡伸矢の行方不明事件

栃木県牛久市の松岡伸矢くん、当所4歳。
平成元年3月7日に徳島県貞光町(現つるぎ町)に家族で帰省していたときに行方不明に。

松岡伸矢くんは未だに発見には至っていません。

松岡伸矢くんは茨城県牛久市に住んでいました。

父の松岡正伸さんと母ケイコさん、さらに伸矢くんを含む三人姉弟。
3月5日にケイコさんの実母が急死して6日に一家で徳島県で行われた葬儀に参加していました。

一家は車で1時間ほど離れた貞光町の圭子さんの親戚宅に家族で宿泊。
翌朝、朝の八時頃に伸也くんの姉弟とお父さんと散歩に出かける。

しかし、朝食まえだったために、10分ほどで散歩を切り上げたが伸矢くんはこの時、もっと散歩したそうだったため、正伸さんは抱いていた次男を家の中にいた圭子さんに手渡し、玄関先に戻ってみると、伸矢くんの姿はなかった。この間、40秒ほどである。

 

 

和田竜人さんは30年前にわずか数分でこつ然と姿を消した松岡伸矢くんと、和田竜人さんの顔が酷似していたのです。

 

警察は年齢などから、関係性が薄いとみていたものの複数の情報が警察に寄せられたためについに和田竜人さんと松岡伸矢くんが結びつけるのかdna鑑定を行います。

和田竜人さんdna鑑定も一致せず

 

結局、和田竜人さんと松岡伸矢さんとのDNA鑑定が行われたものの、一致しませんでした。

コンビニ定員の北澤尚(ひさし)さんと和田竜人さん説が濃厚に

そんな、中で和田竜人さんが放送中から、ある人物の名前が取り沙汰されていました。

それが北澤ひさしさん。

コンビニ店員として働いていた北澤ひさしさんではとコンビニの店長さんが証言していたのです。

スポンサーリンク