Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
TV

和田竜人と両親のDNA採取見送り中止で北澤ひさし確定?TBSヤラセ疑惑まで浮上、これまでの経緯まとめ

※2018/2/6追記 22:00

民放番組で身元の情報を求めた男性が1989年に徳島県つるぎ町で行方不明になった男児に似ているとの声が寄せられ、県警が男児の両親のDNAを鑑定した結果、男性のDNAと一致しなかったことが6日に分かった。共同通信が報じた。


2018年1月31日に放送されたTBSの「緊急!大捜査2018」がヤラセや捏造などネットでは大混乱になっている。
和田竜人と松岡伸矢くんの両親のDNA採取見送り中止で北澤ひさし確定かといえば、そうではないという声もある。

記憶喪失の男性として登場した和田竜人さん。
和田竜人さんがテレビ画面に途上すると、twitterを中心に1989年に行方不明にになった松岡伸矢くんではないかとの声が多数上がったのだ。

しかし、もう一つの声が浮上する。

愛知県のコンビニエンスストアのローソンでバイトしてた北澤くんという説。

ついに、ネットの声は警察をも動かして一時は1989年に行方不明になった松岡伸矢くんのご両親とDNA鑑定するとの報道がでるなどしていた。

しかし・・

スポンサーリンク






和田竜人さんはは北澤ひさしで乃木坂ヲタ?ミヤネヤの画像がネットに拡散

正直、どこか説明をしていけばいいのか
わからない状態になっている。

まず時系列で、簡単に今回の騒動をまとめる。

「緊急!大捜査2018」にて記憶喪失の和田竜人さん(仮名・推定25歳)が登場。
⇩  ⇩
17年間「おじさん」に軟禁状態にあった。
⇩  ⇩
意を決して脱走。一ヶ月後に愛知県のショッピングセンターで保護される。
⇩  ⇩
ネットで2つの説が浮上。
①1989年行方不明になった松岡伸矢くんに似ている
②愛知県のコンビニエンスストアでバイトしていた北澤くん
⇩  ⇩
北澤説と松岡伸矢くん説で意見が別れる
⇩  ⇩
徳島県警は松岡伸矢くんのご両親と和田竜人さんのDNA鑑定の方針を一度は決定
⇩  ⇩
しかし、ネットでは北澤説が有力に。
ミヤネヤでAKBファンとしてインタビューに答えている和田竜人さんに似た画像も拡散。
⇩  ⇩
2ch(5ちゃんねる)で和田竜人さんが誰なのかで論争に。
⇩  ⇩
そして2月2日の23時ごろ、共同通信が警察DNA検査見送りを報じる。

これまでの流れになっている。

徳島新聞が和田竜人DNA鑑定見送りの詳細を報道「別の失踪者に似ている」

現時点(2018年2月3日1:40)の最新の情報を松岡伸矢くんが行方不明になった徳島新聞が速報で伝えている。

 1月31日に放送されたテレビ番組で身元不明者として紹介された男性が、29年前に徳島県貞光町(現つるぎ町)で失踪した松岡伸矢(しんや)ちゃん=当時(4)=に似ているとの情報が寄せられたため、伸矢ちゃんの両親のDNAを採取し鑑定する方針だった徳島県警が2日、両親に見送りを伝えたことが分かった。

捜査関係者によると、県警に「男性は伸矢ちゃんではない別の失踪者に似ている」などとする有力な情報提供があり、男性は伸矢ちゃんとは別人であると判断した。

県警は、3日に伸矢ちゃんの両親を訪ねてDNA採取を行う予定だったが、2日夕に訪問を中止することを伝えたという。

報道によると、徳島県警には
「男性は伸矢ちゃんではない別の失踪者に似ている」という有力な情報提供があったとしている。

これは、つまり北澤ひさしさんで確定ということなのだろうか?

スポンサーリンク


徳島県警が別人と判断した

さらに、徳島県警が「男性は伸矢ちゃんとは別人であると判断した。」と報道が出ている以上、少なくとも和田竜人さんが松岡伸矢くんである可能性は限りなくゼロになった。

一度は警察がDNA鑑定の方針を決定。

TBSが、お昼のニュースで報道している。

昼から2月2日の夜にかけて、伸矢ちゃんとは別人であるとという別の失踪者に似ているという有力な情報提供があったようだ。

TBSはヤラセ疑惑も、過去に医師のブログや地方テレビにて和田竜人さんは特集されていた

ネットでは松岡伸矢くんのご家族のDNA鑑定見送り。さらに別の失踪者に似ている。という警察の断定からTBSのヤラセ説まで浮上している。

しかし、和田竜人さん自身は、診察をした医師のブログにも登場。

さらに、2016年12月15日(木) 18:15~19:00朝日放送の「特集 オフレコ vol.239 本当の自分探し (ニュース)」にて戸籍を申請しているという特集が組まれている。

親の事情で出生届が出されなかったケースなど、戸籍のない人は全国に1万人以上いると言われている。そんな無戸籍の境遇から立ち上がろうとする和田竜人さんを取材。見ず知らずのおじさんに育てられ、外出もできず人とも会わずという生活が17年も続いたという。単調な生活の中に恐怖を抱くようになったのは思春期の頃。サイズの合わないおじさんの靴を履き、家を飛び出したのが自称21歳の6月。約1ヵ月後、スーパーで保護され、愛知・一宮市にある「のわみ相談所」に引き取られた。

のわみ相談所は過去に戸籍がない人を支援し、新たな戸籍をつくった実績がある。2年前、竜人さんは戸籍をとるために裁判所に申立てをした。しかし、裁判所は申立てを却下。竜人さんの証言を裏付ける証拠や身元の特定につながる情報がなく、日本国民であると認めることができないというのが理由だった。一般企業での就職ができない竜人さんは、のわみ相談所に持ち込まれたリサイクル品の仕分けなどを行う便利屋の仕事を始めている。

竜人さんはある日、予防接種の痕を発見。医師が検査した結果、母子手帳に基づいて打つことができる予防接種である可能性が浮上した。竜人さんは2度目の戸籍申請を行い、新たな自分への期待を胸にこれまで外せなかったマスクを外し、「弁護士になって自分のように無戸籍で苦しんでいたり、戸籍上でトラブルを抱えている人に寄り添っていけるようになりたい」と夢を語った。

果たして和田竜人さんは一体誰なのだろうか?

スポンサーリンク


ネットの声は

https://twitter.com/__pcrce/status/959438606518513664

スポンサーリンク