Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

吉田純子 死刑執行の様子と子供や現在・・黒い看護婦はこうして生まれた

吉田純子 死刑執行の様子と子供や現在・・黒い看護婦はこうして生まれた・・

九州の福岡件久留米市で起きた連続保険金殺人事件から20年。

本来であれば吉田純子らは白衣の天使であるはずが、なんといつしか黒い看護師として呼ばれるようになっていた。

日本の中でも数少ない地道な調査報道と脅威の取材力に定評のある森功さんが記した「黒い看護婦~福岡四人組保険金連続殺人~」はベストセラーに。

「恐怖アピール効果」を使って、友人たちを次々に支配下においていったのだ。

久留米看護師連続事件の犯人

主犯・・吉田純子

池上K
石井H
堤M

看護学校の同級生だった四人が、いつしか吉田純子の支配下に置かれ夫を保険金目的で殺害するという事件・・

吉田純子は、どのようにして看護学校の同級生をマインド・コントロールし支配下に置いていったのか。

吉田純子は「ある偉い先生」をちらつかせながら少しずつマインド・コントロールをしていった。

まず、毒がにかかったのは、ドラマでは「伊藤」という仮名の人物。

おそらく、堤Mではないかと言われています。

堤は、当時、行きつけのバーのマスターと不倫関係にあった。

不倫相手の子供を宿すものの、当然許されるわけもなく、堤M(ドラマでは伊藤)はずるずると続く不倫関係に神経が参っていた。

そんなとき、看護学校からの友人だった 吉田純子が親身になって堤M(伊藤)を心身ともに支えるようになっていった。

「あんたは、マスターと関係を断ち切らないとダメ!」

そういうと吉田純子は「裏の世界に通じる先生」が解決してくれると言ってマスターとの交際を終わらせた。

この事件がきっかけとなって、吉田純子と子どもたちと夫、さらに吉田純子との奇妙な共同生活を送ることになった。

しかし、共同生活が始まると、今であんなに優しかった吉田純子が突然豹変したように暴力的になった。

久留米看護師保険金殺人事件事件概要

久留米の看護師の四人のグループが引き起こした犯罪史上に残る保険金殺人事件。

吉田純子、堤美由紀、石井ヒト美、池上和子が引き起こした事件はあまりにも常軌を逸したものだった。

四人は同じ看護学校の同級生。

学生時代からの顔見知りだった四人の女性が医療技術を駆使して二人の夫を殺害。

 

さらに1人の実母から預金通帳を奪う計画を立てていた。

吉田純子は散々、三人から金を巻き上げた挙げ句に犯罪の共犯として保険金目的で夫を亡き者にしたのだ。

次ページでは驚愕のマインド・コントロールが始まる!

1 2