ENT

加賀賢三相手や舞台挨拶YouTube動画が話題!ブログやプロフィールなども合わせてご紹介!

俳優の加賀賢三さんの舞台挨拶YouTube動画が再び話題になっています。加賀賢三はブログでもその思いを綴るなどしてます。

さらに加賀賢三さんが強要を余儀なくされた相手の女優は誰だとネットは騒然となっています。

今回は合わせて思わぬ形で話題担ってしまった加賀賢三さんのプロフィールやブログなども合わせてご紹介します。

加賀賢三さんのプロフィール

まずは、俳優で現在は映画監督としてご活躍されている加賀賢三さんをご紹介したいと思います。

名前:加賀賢三
出身:新潟県
職業:自営業(映像制作)
監督・脚本・撮影・編集

新宿国際映画祭実行委員長
ボンダンス映画祭実行委員長

加賀賢三の舞台挨拶YouTube動画が話題に

現在は映像制作・監督などをされている加賀賢三さん。

昨年のとある舞台挨拶で加賀賢三の行動が大きな話題に上がったのです。

かなり衝撃的な内容となっています。

動画はyou tubeで「加賀賢三 舞台挨拶」検索すればすぐに見ることができます。

それにしても、加賀賢三さんの怒りが本物で10年間の鬱積し積み上げられた怒りが非常に伝わる内容となっています。

加賀賢三さんに配給会社代表が謝罪

そもそも加賀賢三さんと上映された映画にどのような経緯があったのでしょうか。

報道によると、松江哲明監督が2人の青年をプロデュースすると言うこの映画。

2部構成のドキュメンタリー映画として2007年に公開となっています。

その10年後の2017年に映画の10周年を記念して行われた上映会の舞台あいさつで、出演者の加賀賢三氏は、撮影で強要があったと告発。

舞台挨拶は揉み合いになるなど大混乱となっりました。

その後、松江監督と直井氏は連名の文書で加賀氏の主張を否定していました。

加賀賢三さんの主張が掲載されると事態は一変する

昨年12月、加賀氏がこれまでの一連について語ったインタビュー記事がネット上に掲載されると事態はさらに多くなります。

はじめはセンセーショナルに捉えられていた加賀賢三氏の舞台挨拶騒動と告発の内容が事実であれば許せないと炎上状態に。

松江監督と配給会社代表が謝罪

松江監督は「最近の加賀さんのインタビューを読んで、私が製作した映画の撮影、その後の上映を強引に進めてしまっていたことを改めて実感しました。加賀さんの気持ちを無視して、作品の完成、展開を優先してしまったことを、深く反省しています。申し訳ありませんでした」と謝罪。

さらに、配給会社代表の謝罪を発表しました。
「2017年8月31日に松江監督と本作品の配給である弊社の連名で出した公式声明において、事実と異なる内容を発信してしまっていたことを厳粛に受け止め、心よりお詫び申し上げます」

そして本日、長文の謝罪文を公表し改めて加賀賢三さんに謝罪しました。

加賀賢三さんはTwitterのリツイートなどで様々な思いを語る

加賀賢三のブログで思いを綴る

加賀賢三さんは騒動のあとに開設したブログでその詳細な思いを綴っています。

加賀賢三さんのブログ

また、藤本洋輔氏によるインタビュー記事も詳細に経緯が書かれています。

https://getnews.jp/archives/2308598

加賀賢三の相手は誰?

ところで、加賀賢三さんに対して女優が強要した事実がネットを騒がせています。

ネットでは加賀賢三の相手が女優Rだと言われています。

ただ、現時点で正式な相手の名前は不明でわかっていません。
こちらに関しては改めてご報告したいと思います。