Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
世界仰天ニュース・奇跡体験!アンビリバボー」

健二郎さんの歯で目が見える「歯根部利用人工角膜手術」で視力が回復!世界仰天ニュースで特集

世界仰天ニュースで光を取り戻した健二郎さんが特集されます。

健二郎さんは居酒屋を切り盛りしていたが、ある日異変に気がつく。

体調がすぐれず、病院で診察を受けると風邪と診断されて様子を見ていた。

しかし、ある日、突然体中に発疹や水ぶくれで救急搬送される。

健二郎さんはスティーブンス症候群と診断される。

 

目が少しずつ光を失って行きます。

 

 

スティーヴンス・ジョンソン症候群

スティーヴンス・ジョンソン症候群(Stevens-Johnson syndrome:SJS、皮膚粘膜眼症候群)は、高熱や全身倦怠感などの症状を伴って、口唇・口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、びらん、水疱が多発し、表皮の壊死性障害を認める疾患である。

15回の角膜移植でも見えるようにならなかった男性。目に「自分の歯」を移植する手術で視力が1.0に。

 

世界で数人しかできない奇跡の手術。それを執刀したのが

近畿大学医学部の福田昌彦医師。

 

それが、「歯根部利用人工角膜手術」という手術。

2011年12月に手術。

 

その後、健二郎さんが次第に視力を取り戻して言ったといいます。

 

「歯根部利用人工角膜手術」とは・・・

犬歯を周囲の骨ごと取り出し、形を整えたのち、穴を開けてそこに光学レンズをはめ込む手法。この手法では、レンズをはめた歯は患者のほおまたは肩の皮下に移植され、歯とレンズがしっかり結合するまで2か月間放置される。こうしてできあがった人工角膜に細かい処置を施した後、目の中心に移植した。

 

スポンサーリンク