Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

余根田渉と橋本貴彦 向日市地域福祉課の主査との関係にネット疑問の声

橋本貴彦と余根田渉の関係は一体どのようなものだったのか・・

昨日、京都府向日市のアパートの駐車場で全身をテープで巻かれた女性が変わり果てた姿で発見されました。

この事件で逮捕されたのは向日市地域福祉課の主査、余根田渉容疑者と2階建てのアパートの1階の部屋に住む橋本貴彦容疑者(55)。

一体この二人はどのような関係だったのでしょうか。

ネットでも、理解が出来ないの声が上がっています。

 

スポンサーリンク

余根田渉と橋本貴彦の逮捕でネット騒然

余根田渉と橋本貴彦が逮捕された今回の事件。

事件の詳細が少しずつ分かってきました。

まずは余根田渉と橋本貴彦の現在までにわかっている情報と、事件の詳細をまとめてみたいと思います。

 

警察は現場近くにいた男性二人に事情を聞いたところ、二人が女性を部屋から運び出した事を認めたために逮捕しました。

逮捕されたのは次の二人。

余根田渉(29)向日市地域福祉課の主査

氏名:余根田渉
生年月日:不明
年齢:29歳
職業:向日市地域福祉課の主査

橋本貴彦アパートの住人

氏名:橋本貴彦
生年月日:不明
年齢:55歳
職業:無職 生保を受給

アパートの駐車場に女性をテープで・・

事件が発覚したのは昨日礼和元年6月11日のことでした。

警察によりますと、11日午前11時ごろ、京都府向日市上植野町で「近くで異臭がする」と住民から通報があり、警察が駆けつけたところ、アパートの駐車場で全身を白い粘着テープで巻かれた女性が変わり果てた姿で見つかりました。

 

警察が現場近くにいた男2人から事情を聞いたところ、駐車場に女性を放置したことを認めたため、警察は遺棄の疑いで逮捕しました。

2人は容疑を認めている

警察の取り調べに対し、2人は容疑を認めていて、遺体を2人で手で運んだという趣旨の話をしているということです。女性の遺体は成人とみられ、腐敗が進んでおり、警察は身元の確認を急ぐとともに、事件の詳しい状況について調べています。

余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカー

一体この二人はどのような関係だったのでしょうか。

報道によると、29歳の余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカーだったということです。

どうして、ケースワーカーの男性と無職の男性がこのような事件を起こしたのでしょうか。

ネットの反応

○最近の事件は本当に理解ができない・・どうしたらこんな事件に発展するのか?

○この三人の関係性も事件の理由も全く理解不能

○これは、また偏見が広がらなければいいが。ケースワーカーも児童相談所も他人の生活に直接介入する者に、人生経験が足りない者は不適合、そんな当たり前に即気づいて人事の大改革をしなければ、とんでもない事件を続ける事になる。

○駐車場で発見、1階に容疑者在住、
2階から異臭←解決してなくない?

○これは二階の住人が被害者ってことでいいのか?

○理解不能。
安物のテレビドラマよりわけわかめ

スポンサーリンク