Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
MENU
礼和(れいわ)新元号

令和の元号を予想を当てた人がいたと話題に!

新元号の令和。

ネットでは、この新元号の令和を的中させた人がいたと大きな話題になっています。

3年前に令和を的中させたTwitterが話題に

ネットでは新元号が湧き上がるとともに、「令和」を当てた方が発見されて話題になっています。

そのツイートがコチラ。

ツイートはj2016年・・・

しかも、ごく普通のアニメがスキな方のアカウント。

ネットでもかなり大きな話題になっています。

ネットや民間企業、さらに人工知能までもも新元号を予想

「安久」から始まって「嵐」「安政」「安永」など安倍総理の安の字が入るのではといったとんでもない噂まで浮上していましたした。

新元号に決まった「令和」は、福岡の古都「大宰府」

新元号に決まった「令和」は、福岡の古都「大宰府」に由来する言葉とされています。

九州・大宰府の大伴旅人の邸宅であった梅花の宴で読まれた和歌の序文にある言葉が由来とのこと。

出典部分は、天平2(730)年正月に開かれた宴席で出た和歌の数々を記すのに先立ち、その情景をまとめて記した序文。「令月」(めでたい月)の柔らかな風や梅花の香りなどをたたえている。著名歌人の山上憶良(おくら)ら出席者の歌そのものは、漢字の意味ではなく音を借りた「万葉仮名」で記されているが、この序文は和歌を説明する「詞書(ことばがき)」とも呼ばれる部分で、正式の漢文で書かれている。