Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

井出真代 東京町田美大生行方不明事件を霊視FBI捜査官が徹底捜査!

もう少し早く警察の捜査が始まっていれば・・

これが事件の可能性があるのなら、警察の初動があまりにも悔やまれる事件。

いまからおよそ20年ほど前、東京都町田市の多摩美に通う美大生・井出真代さんが行方不明になったのです。

東京町田美大生行方不明事件がフジテレビ系「特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!」にて特集放送されます。

当時、東京都町田市の美術大学の1年生だった井出真代さん。

現在は30代後半になる年齢ですが、ご家族はまだ井出真代さんが行方不明になった18歳の姿の記憶しかありません。

井出真代さんは幼いころから細身で背が高く、1998年、高校2年の17歳のときにはモデルにスカウトされるなど、その美しい容姿に過去にはつきまといなどの被害にもあっていました。

スポンサーリンク







井出真代さん 東京町田美大生行方不明事件

1999年8月13日から、東京都町田市の美術大学に通う一年生の井出真代さん、当時18歳の行方がわからなくなっているこの事件。

改めて、今回の行方不明事件をまとめてみたいと思います。

井出真代さんはモデルにスカウトされるほどの美人だった

井出真代さんは高校2年生のときにモデルにスカウトされるほどの美人。

身長も170センチとまさにモデル体型。

そんな彼女がどうして行方不明にならなければならなかったのか。

行方不明になったのは1999年8月13日

井出真代さんが行方不明になったのは1999年8月13日。

1999年ろいえば、東海村の放射能事故などがおきた年。

18歳の美大生がどうして行方不明になってしまったのか。

その日、家族は愛知県に帰省。井出真代さんが自宅に残った

8月中旬といえば、お盆の時期。多くの家族が地元に帰省します。

井出真代さんはその日、翌日の歯医者の予約があるとして帰省を拒否。

なぜか、その歯医者は渋谷・・。

自宅から渋谷に行くには成瀬駅から町田に出て小田急線に乗り換えて下北沢で京王線に乗り換えてやっと渋谷につくというかなり長い距離。

当時は快速急行もなかったために一時間半以上の道のり。

どうして、このような長い距離のある渋谷の歯医者を予約したのか?

井出さんのご両親と弟さんも愛知県の実家に帰省することになっていました。

1993年8月13日の早朝、井出真代さんのご家族は愛知県に帰省しました。

双子の弟は合宿で朝九時には家を出る予定でした。

自宅には彼女が一人残ったのです。

両親が最後に会話したのは12日の夜・・変わった様子はなかた

両親と弟は早朝には実家に帰省するためにでかけてしまう。

ご両親が井出真代さんと最後に会話したのは1999年8月12日の夜だったいいます。

井出真代さんのお母様ま全く変わった様子はなく、こう話されています。

「普段と違った様子はなかった。明るく生命力が強い子で、自殺は考えられない」

井出真代さん最後に確認されたのは1999年8月13日午後 5時50分頃

井出真代さんは実際に、いつごろまで行方が確認されていたのでしょうか。

最後に確認されたのは1999年8月13日午後 5時50分頃

井出真代さんは近所のレンタルビデオショプにレンタルしていたビデオを返しに行っています。

ビデオも実際に返却の記録が残っており、ビデオショップの店員も彼女の存在を覚えていました。

スポンサーリンク



翌日8月14日の歯医者の予約には姿を見せなかった

実は、井出真代さん8月14日の夕方に歯の治療に歯医者を予約していました。

しかし、井出真代さんは、歯科医院の予約には姿を見せなかったのです。

これは、ぜん実の8月13日の午後 5時50分頃以降に何かしらのトラブルがあった可能性が出てきます。

ご両親が8月14日にPHSに電話をかけるが電話に出なかった

当時はまだ、携帯電話が今ほど普及しておらず、ポケべルからPHSという電話機が主な通信手段。

ご両親は8月14日に井出真代さんのPHSに電話を書けます。

しかし、コールはなるものの電話に出ることはありませんでした。

そしてしばらくしてPHSが繋がらなくなってしまったのです。

ご家族が帰省から戻った16日に自宅から井出真代さんの姿は消えていた

ご両親が帰省したのが8月13日。

井出さんの姿が最後に確認されたのが13日の5時50分ごろ。

14日には井出真代さんに電話したものの連絡がとれなかったのです。

16日に両親と弟さんが自宅に帰宅すると井出真代さんの姿はすでに消えていました。

き置き等、室内に変わった様子もなく、警視庁町田署には、1999年8月17日届け出ました

モデルをするなど容姿端麗で不審者のつきまといの被害も

井出真代さんは多摩美大学に通う美大の1年生。

大学生活はじめての夏休みは希望に満ち溢れることが多い時期。

しかも、美大出身のご両親の影響もあって幼稚園から絵を描き始めた彼女。

スタイルも抜群で美人だった井出真代さん。

高校2年生のときはモデル事務所にスカウトされてモデル活動をするなど、目立ってました。

過去には不審者につきまといストーカー行為などもあったことから事件性が疑われていました。

警視庁は家出として処理・・その後事件の可能性ありとして改めて捜査を開始

警視庁は当初、井出真代さん(当時 18)を「家出人」として扱っていましたが、2010年に殺人事件の時効が撤廃され、過去の失踪事件を洗い直した結果、井出真代さん(当時 18)に、自殺や自ら失踪する動機がな、忽然と姿を消したことから、事件の可能性があるとみて改めて捜査を始めることになりました

そして、警視庁が再捜査に乗り出すのです・・

事件には3つの謎がありました。次のページではその3つの謎をまとめます。

スポンサーリンク




次ページに続きます

1 2