Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
INCIDENT

中村泰 死亡でwikiは?東大やスパイでナンペイ関連など名張のアジトからは疑惑の証拠が・・

日本を震撼させたオウム真理教事件、その中で唯一教団が関わりを完全否定し続けながら捜査をした公安が新韓にを逮捕出来なかった事件。

その真犯人だと自ら名乗る男がいる。

東京大学を中退した中村泰。

名張のアジトからは様々な物証もでてきている。

中村泰は現在、岐阜刑務所に収監されているが、パーキンソン病を患い88歳という年齢から自ら死亡が近い事を悟っているはずだ。

中村泰は東京大学中退という高学歴ながらネットではナンペイの事件や満州国から帰国したこともあり何かしらのスパイではとも言われる謎の男。

スポンサーリンク







中村泰のwikiや経歴は?

中村泰のwikiは現在のところ製作されていません。

まずは簡単に中村泰の経歴などをまとめてみたいと思います。

氏名:中村泰
かな:なかむらひろし
生年月日:1930年生まれ
年齢:88歳
出身:東京都新宿
住所:岐阜刑務所
学歴:旧制水戸高校 ⇒東京大学教養学部中退

中村泰の生い立ち

中村泰は1930年昭和5年に東京の新宿で生まれる。

 

中村泰の父親が満州鉄道に勤務していたことから、幼少期を旧満州国で過ごす。

 

中村泰は日中戦争の真っ只中を満州で過ごしていた。

 

幼心に悲惨な戦争体験は彼の人格形成に大きく影響していたようだ。

戦時中ということもあり、子供の頃から武器がゴロゴロとそこら中にある状態で生活していた。

 

わずか10歳にしてすでに拳銃を撃っていたという稀な体験がガンマニアとしての一旦が垣間見れる。

 

戦時中には、貧困に苦しみ、国民の貧困をよそ目に戦争へ突き進む国家を敵視するようになる。

この時の体験をメディアに向けた獄中からの手紙にこう記してある。

「悲惨な戦争体験が一般常識を調節した活動をしなければならないという思いが心奥にそだっていった」

と記している。

戦争の激化から1940年に日本に帰国

中村泰は戦争の激化をうけて1940年に日本に帰国している。

日本に帰国した中村泰は旧制水戸高校に入学している。

中村泰は成績も優秀で誰もが認める秀才だった。

その一方である私塾に通うようになっていた。

 

それが「愛郷塾」だった。

 

愛郷塾は愛国心や同胞愛などの思想が教えられていた。

 

当時高校生だった中村はある人物と出会う。

 

極端な愛国思想で知られる橘孝三郎だ。

昭和を代表する政治運動家で、国家転覆を狙った515事件で犬飼首相が暗殺された事件。

彼の極右的な思想に染まっていたのだ。

 

中村泰は志士的な生き方を学んだとされていた。

スポンサーリンク



中村泰は東京大学教養学部に入学

中村泰は政治的な思想に染まりながらも、頭脳明晰で成績優秀。

 

なんと、東京大学に入学するのだ。

 

担当教授からも「ノーベル賞を貰える頭脳」と高くその能力を認められていた。

しかし・・

中村泰は学生運動に乗りめり込むようになっていく。

 

警察との衝突を繰り返しながら「武力革命」を志すようになる。

 

中村泰は現在は死亡していないが闘病中

そんな中村泰は現在はどうしてるのだろうか。

中村泰は二件の銃を使った現金輸送車襲撃事件で逮捕。

懲役15年の実刑判決を受けて岐阜刑務所に服役されている。

現在は88歳の高齢でパーキンソン病を発症。

手足の自由も効かなくなっていると言われている。

頭脳明晰な中村泰は自ら死亡が近づく現在、一体何を思うのだろうか。

ネットにナンペイやスパイとの文字も

ネットでは、國松孝次長官の狙撃事件について犯行を名乗り出た中村泰に対して様々な疑惑を投げかける声があがっている。

それが、銃をつかった未解決事件だ。

とくに八王子でおきたスーパーナンペイの事件ではソースが不明ながら中村泰の銃と線条痕が一致したなどと真偽不明の情報が駆け巡っている。

さらに、ネットでは中村泰の日本人場馴れした銃の扱いなどに何かの組織のスパイなどを疑う声すら上がっている。

しかし、その実情は孤独な老人スナイパー・もしくは老人活動家といったところが実情のようだ。

中村泰の名張のアジトからはテロリストの証拠が次々と押収される

國松孝次を狙撃した真犯人と言われる中村秦。

中村秦が捜査に浮上したのは偶然だった。

現金輸送車を襲撃した中村秦。

すでに70を超えていた男は躊躇なく警備員を銃撃して5000万円を強奪。

走って現場から逃走するもすぐに警備員に取り押さえられてしまう。

警察が名張のアジトを家宅捜索すると、異様な光景が。

なんと、ガスマスクや國松孝次長官襲撃事件への関与を疑わせるものが複数押収されたのだ。

銀行の貸し金庫から拳銃や銃弾などが押収された。

そして、中村泰は自らが國松孝次を狙撃したスナイパーだと告白する。

中村泰(ひろし )国松を狙撃したスナイパーの現在・・真犯人は俺だ!中村泰(ひろし)。現在は刑務所の中で闘病生活を送っている。その男が今、再び脚光を浴びている。「国松を狙撃した...

スポンサーリンク