Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ENT

中園ミホの作品や夫と息子は?タモリとの不倫報道は事実なのか?

美人脚本家の中園ミホさん。その作品はドクターXから西郷どんまなど人気作品を次々によに送り出しています。

今回、タモリさんとの不倫報道が週刊新潮が報じています。

中園ミホさんの夫や、息子さんについても調べてみました。

スポンサーリンク



まさに波乱万丈な中園ミホさんの人生

まずは、簡単に中園ミホさんの経歴をご紹介してみたいと思います。

中園ミホさんは1959年に東京都中野区生まれ。

早くに両親を亡くしています。

10歳で実の父を、19歳の時に母を病気で亡くしています。

幼いころから勉強は優秀で、様々な芸術家や芸能人が多いる日本大学芸術学部に入学している。

日本大学芸術学部を卒業後は、広告代理店に就職しています。

この年令の女性で一流大学を出て、広告代理店に出社するといのは並大抵のことではありません。

そんな中園ミホさんが、どうして脚本化を志すことになったのでしょうか。

中園ミホさんは大失恋がきっかけで脚本家を目指すことに

日本大学芸術学部を卒業した中園ミホさんがどうして、脚本家を目指すことになったのでしょうか。

中園ミホさんは二十代で、とてつもない大恋愛をします。

そのお相手は、なんと脚本家。

「もう二度と会わない」

そのショックな一言でも中園ミホさんはどうしても彼に会いたかったそうです。

自分も脚本家になれば、いつか彼に会えるかもしれない。

その夢をもって脚本家を目指したといいます。

しかも、中園ミホさんがすごいのは、二年後には本当に脚本家になってしまったことです。

20代なかばでの大失恋を経験してからわずか二年で脚本家に、そして29歳で岩城滉一さにゃ岡田奈々さん、江本孟紀さんに佐野量子さんなど、当時の話題の俳優さんやスポーツ解説者などが出演した「ニュータウン仮分署」で脚本家デビューします。

このニュータウン仮分署は1988年1月10日から4月3日まで全13話放送されたテレビ朝日系列の連続ドラマ。

ここから、中園ミホさんがヒットドラマを連発してきます。

中園ミホさんの作品がとにかくすごい!

中園ミホさんは、押しも押されもせぬ超人気脚本家。

しかも、どんなに名前があってもヒットするとは限らなドラマの世界で長年に渡って脚本と担当。

ヒット作を連発している。

anego

主演:篠原涼子
原作:林真理子
白鳥麗子でございます!主演
西郷どん主演:鈴木亮平
原作:林真理子
Dearウーマンキャスト:東山紀之 大竹しのぶ
Dr.倫太郎主演:堺雅人
原作:清心海(原案)
ハケンの品格
花子とアン
南くんの恋人
やまとなでしこ
Age,35 恋しくて

中園ミホさんは夫がいなくても息子を育て上げた

そんな中園ミホさんは34歳で息子さんを出産しています。

中園ミホさんは、息子さんをシングルマザーという形で出産しています。

 

しかも、ネットなどでは「認知されないまま息子を出産」と書いてあります。

両親も頼るべき夫もいない状況で中園ミホさんはシングルマザーの道を選択します。

この選択は「人生最良の選択だった」と話しているそうです。

 

タモリさんとの不倫報道は本当か?

 

「笑っていいとも!」(フジ系)の終了からはや4年。このたびタモリ(72)の“最後の恋”が明らかになった。
お相手はNHK大河「西郷どん」を担当する脚本家・中園ミホ氏(59)である。

東京・品川のある日の昼下がり。タモリの姿は、さる高級マンションにあった。
エントランスを出たタモリは、建物の周辺を行き来し、ときにあたりを見回している。

尋常ではない警戒の様子だが、それもそのはず、このマンションは中園氏の自宅なのだ。

「ハケンの品格」(日本テレビ系)や「ドクターX~外科医/大門未知子~」(テレビ朝日系)、
そして「西郷どん」など数々の有名作品を手掛けてきた中園氏は、シングルマザーとして長男を生み育てた経歴の持ち主で、未婚の身。

一方のタモリは、2歳年上の妻との仲が“おしどり夫婦”として業界で知られてきた。
古希越えであることを考えると、中園氏が“最後の愛人”になるのだろうか。

2人の接点について、芸能関係者は以下のように明かす。

「14年のNHK紅白(歌合戦)でゲスト審査員として“共演”しています。タモリさんはこの年の3月で『笑っていいとも!』が終わり、
一方の中園さんは『花子とアン』を担当。彼女にとっては初の朝ドラであり、お互い節目の年だったと言えるでしょう」

所属事務所「田辺エージェンシー」社長に、タモリの不倫について尋ねると、
「それ、事実じゃないと思いますけど」という答えが返ってきた。

7月19日発売の週刊新潮では、サングラスを外した“変装”姿で中園氏の自宅へ通うタモリの写真とともに、詳しく報じている。

この報道に、ネットでは様々な声が上がっています。

これって本当に不倫なの?

この年令って、なんか、不倫とは違うきがする。

変装でサングラス外すっての好きw

スポンサーリンク