Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
世界仰天ニュース・奇跡体験!アンビリバボー」

ホテル恐怖の225室・ジニーとジェフリーら3人の命を奪った恐怖のホテル死を招く客室の謎がアンビリバボー!

人気リゾートホテルで起きた225号室の連続殺人事件。

事件は2013年6月8日。

アメリカのノースカロライナ州のホテルでジニーとその息子のジェフリー君が225号室の部屋で倒れているのが発見されたのです。

225号室のホテル連続殺人の招待は?

事件が起きたのは2013年6月8日。

アメリカ人で宿泊客のジニーさん。

さらにジニーさんの息子のジェフリーくんが宿泊していました。

フロントには新人のフォロンマン。

しかし、二人は225号室でなんらかの原因で床に倒れてた状態で発見されたのです。

当日、母のジニーさんは、普段とおりにシャワールームで汗を流していました。

ジェフリーくんはベッドの上でゲームに熱中していました。

いつもと変わらない中で事態は急変します。

母のジニーさんがシャワーを浴びていると急に気分が悪くなってきたのです。

そして、助けを呼ぼうとするものの、そのまま意識を失ってしまったのです。

ジニーさんとジェフリー君はすぐに救急搬送されます。

ジニーさんは緊急手術の末に奇跡的に一命を取り留めます。

一方で残念ながら息子のジェフリー君は息を引き取ってしまうのです。

どうしてこんなことに・・。

225室では1ヶ月前にも同様の事件が

実はこのリゾートホテルでは1ヶ月前2も同じ225室で同様の事件が発生していたのです。

225室で発見されたのはジェンキンス夫婦。

死因は、ジェフリー君とおなじ急性心不全。

ジェンキンス夫婦の死因とジェフリー君ともの不審な点は見つかっていなかったのですが・・

わずか1ヶ月半の間に4人も・・呪われた255室の謎

わずか1ヶ月半の間に老若男女問わずに4人もの人たちが被害にあったリゾートホテル。

当然のように、殺人鬼が引き起こした連続殺人事件なのでは?

もしくは、何かしらの呪いがかけれた225室との話題でもちきりになっていたのです。

225号室の呪いの正体は・・・

わずか、1ヶ月半の間に複数の被害者を出した呪いの225号室。

果たしてこの犯人の正体は何だったのでしょうか。

何かの呪いなのか、もしくは・・

実はこの225号室は、絶対に客を停めては駄目な部屋だったのです。被害にあった親子を担当した受付が新人でなかったら・・

225号室の下にはプールを温めるためのガス管が通っていたのですが、そのガスヒーター管が腐敗してガスが漏れていたのです。

結果として、225室に漏れ出したガスによって一酸化炭素中毒になってしまったのです。

ボイラー室の管理不足が原因でガスが漏れ出していたのです。

225号室ら数部屋にしかない暖炉。その中にガス管が通っていいたのですが、立て付けが悪くボイラー室からのガスが漏れ出してしまっていたのです。