TV

ファイナルカット2話のネタバレとあらすじ!感想などを一気にまとめます

亀梨和也さん主演のファイナルカットの第二話が2018年1月16日火曜日から放送されます。

そこでファイナルカットのあらすじと前回の第一話のネタバレとあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク






ファイナルカット2話のあらすじ

中村慶介(亀梨和也)は、12年前に起きた女児殺害事件で、百々瀬塁(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』によって、母・恭子(裕木奈江)を犯人扱いされ、結果、母親を自殺で失った。そして現在、警察官となった慶介は、愛する母を奪ったメディア関係者への復讐(ふくしゅう)のために動き始める。最初のターゲットは番組プロデューサー・井出正弥(杉本哲太)。さらに、事件当時、捜査線上に浮かんだ男の家族である小河原雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)の姉妹に、慶介はそれぞれ別人を装って近づいていた。

ストーリー | FINAL CUT(ファイナルカット)
そんな慶介が運営するメディア被害に関する通報サイトに、今度は、『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)についての相談が寄せられる。スクープのためなら手段を選ばない真崎の取材によって、殺人事件の容疑者が逮捕直前に逃亡してしまったという。かつて、言葉巧みに恭子に近づき、インタビューを行った真崎に裏切られた過去がある慶介は、次なるターゲットとして真崎への制裁を決意する。そんな中、逃亡中の容疑者から真崎の元に一本の電話がかかってくる。そこで持ち掛けられた“ある条件”に真崎は…。はたして、慶介が激しい怒りとともに突き付ける公開されると真崎の人生を終わらせる映像…ファイナルカットとは?

スポンサーリンク


ファイナルカット2話のネタバレ

ファイナルカット2話のネタバレは放送後に追記・更新します。

ファイナルカット2話のネタバレの前に一話のあらすじ・ネタバレ

24年前・・

慶介の母・恭子(裕木奈江)「今日はハンバーグだからね」
中村慶介(亀梨和也)「え?本当?やったー!」

慶介の母・恭子(裕木奈江)「慶介はハンバーグ大好きだもんねー」

24年前の夕暮れの母と息子の回想から入る・・

中村慶介(亀梨和也)のナレーション「違う・・そんな人じゃない・・」


12年前

レポーター水野美紀「園長!お話を聞かせて下さい!」
慶介の母・恭子(裕木奈江)を取り囲む報道陣。

レポーター水野美紀「現場から遺留品が発見されましたが!」「事件に関与されているとの情報もでていますが?」

報道陣からの執拗な質問に無言でカメラを睨み返す慶介の母・恭子(裕木奈江)。


睨み返す母にモザイクをかけて報道番組「ザ・プレミアムワイド」の報道シーンに切り替わる。

藤木直人「では、続いて新宿無認可保育園事件の速報です」「東京都新宿区の熊谷しほちゃん5歳の事件です」

その報道をネット越しみ見つめる1人の男性。中村慶介(亀梨和也)。

藤木直人「警察はルミナスキッズの保育園の女園長から任意で事情を聞いているとのことです」
中村慶介(亀梨和也)「嘘だ」

藤木直人「では現場から中継です」
真崎久美子(水野美紀)「こちら、女の子が通っていた保育園前です」「この保育園の女園長は事件発生の12日夜1人で夜勤をしていたと見られる園長から警察は事情を聞いているようです」

中村慶介(亀梨和也)の母の恭子は、マスコミの加熱報道によって、あたか犯人であるかのように仕立て上げられていく。
実際の恭子はどんなに忙しくても中村慶介(亀梨和也)の晩御飯を作っていく息子思いの優しい母親だった。

とくに、報道番組のザプレミアムワイドの報道はあることないことを全て事実のように報道。「疑惑の園長」として保護者トラブルなどがあったのではと報道する。

園長の恭子が七年前に夫と離婚。

母子家庭でギリギリの生活をしていたことなどを報道。プレミアムワイドの司会者百々瀬塁(藤木直人)からも犯人のようなコメントを浴びせられ、世間や警察からも犯人のような扱いを受ける。

「どうしても我々は疑惑を持たざるをえない!是非園長は真相究明を!」と勇ましく報道するが・・・事件から12年たっても真相は謎のままだった。

その、混乱のさなか、母の恭子は追い詰められていく「私じゃない!あの夜見かけたあの男・・」

園長の母への世間からの厳しい目と保育園への嫌がらせ、さらに追い詰められていく母。
報道のせいもあり、街中から白い目で見られるようになってしまう。

家にはいたずら電話や誹謗中傷のFAXが届く中で1人の男が訪ねてくる。

「ザ・プレミアムワイドの井出正弥(杉本哲太)です!おつらいですよね?あなた方の助けになりたいのです」

それから数日、中村慶介(亀梨和也)が帰宅すると、母の恭子(裕木奈江は)風呂場で自らの命を絶っていた。

「母さん!!!!」


場面は切り替わり成人になった慶介が早朝の出勤する街中を猛スピードでランニングする。

通勤するサラリーマンたちに向って大声で叫ぶ。

中村慶介(亀梨和也):「いってらっしゃーい!!!」

幼なじみ野田大地(高木雄也・Hey! Say! JUMP)「止めてください慶介さん・・迷惑ですよ」そう言って飲み物を差し出す野田大地。

うると、品川の大型ビジョンには母を追い込んだザ・プレミアムワイドの百々瀬塁(藤木直人)が大きく映し出されていた。

野田大地(高木雄也):「やってやりますか?」
中村慶介(亀梨和也):「やってやるよ・・」 

中村慶介(亀梨和也)は不敵な笑みを浮かべる。


場面は変わって、ある夜。中村慶介(亀梨和也)は小河原若葉(橋本環奈)と待ち合わせをしている

中村慶介(亀梨和也):「わかばー!!」手を振る
小河原若葉(橋本環奈):「もう会わない!」「何考えてるかもわからないしネイル変えても気が付かないし」

必死に今後についてあやふやな慶介に対して怒りをぶつける小河原若葉(橋本環奈)だったが、慶介(亀梨和也)はクレーンゲームに夢中になって話しもろくに聞いていない様子。

話しを聞かない慶介に若葉は呆れて帰ろうとすると、慶介はクレーンゲームで取った人形を差し出す。

中村慶介(亀梨和也):「はいこれ、みたらあげたくなって」
無邪気な笑顔でカバのぬいぐるみを手渡す慶介。

小河原若葉(橋本環奈):「カバ?」
中村慶介(亀梨和也):「ただのかばとおもうなよ「WA!かば」っちゃん!」

無邪気な慶介にけっきょく若葉も笑顔になってしまう。
小河原若葉(橋本環奈):「ばーか」


若葉は自宅に帰宅すると姉と恋愛の話しをしている。
小河原若葉(橋本環奈):「かれかもしれない」「私の運命の人」
小河原雪子(栗山千明):「あの・・・興味ないんですけど?人の幸せばなし」

若葉は慶介と出会って二ヶ月で慶介を運命の人だと思っている。
しかし、まだ付き合うなど具体的な話しが出ていないし部屋にも呼んでくれない事を相談する。

姉は小河原雪子(栗山千明)は、見かけは美人だけど、女性としの潤いはなくパッサパサだった。
姉のの雪子は自分では理想は高くないという。

小河原雪子(栗山千明):「一緒に絵を見て語れる人だったら・・」

そんな会話をしながら、妹の若葉(橋本環奈)の彼氏の名前を聞く。

小河原雪子(栗山千明):「彼氏、何君だっけ?」
小河原若葉(橋本環奈):「マモル・・高橋マモル。普通のサラリーマン」


一方で姉の小河原雪子(栗山千明)は自らが務める美術館の数字が悪いことを上司に小言を言われていた。

小河原雪子(栗山千明):「作家を育てる・・それも美術館の使命ではないでしょうか」

しかし、実際は次の展覧会を開く上でもやはり採算は大切だった。

自分の理想と現実になやみながら絵を見ていると1人の男性が絵を食い入るように見ている。

中村慶介(亀梨和也):「希望ですね」「この絵、希望・・ですか・」

姉の雪子(栗山千明は)嬉しそうにその問に応える
小河原雪子(栗山千明):「そう感じたのなら・・そうなんだと思います」

中村慶介(亀梨和也):「良かった。観に来て。」

姉の雪子は絵が来場者の男性の小心に届いた事を喜ぶ。
中村慶介(亀梨和也):「僕、絵の勉強をしていて。こういうのが見たかったんです!」「吉沢です。吉沢ゆうです」

ふたりは自己紹介をして別れる。

嬉しそうな雪子とは対照的に偽名で自己紹介をした中村慶介(亀梨和也)の表情は何かを企んでいる顔だった。


慶介と幼なじみの大地はMPインフォネットというサイトを運営していた。

そこでは、大手メディアからの報道で被害を受けた人々の相談にのるサイトだった。

慶介が帰宅すると、1通のメールが届いていた。

江藤喜美子(矢田亜希子)という女性からのメールだった。


スポンサーリンク