INCIDENT

ニコラスセペダコントレラスの顔写真や画像も!黒崎愛海さんの事件でついに実名報道で逮捕間近か!

ニコラスセペダコントレラスの顔写真や画像だけでなく日本のマスコミ各社も一斉に実名報道に踏み切った。

これで黒崎愛海さんの事件は逮捕へ向かうのだろうか?

フランス当局はニコラスセペダコントレラスの顔写真や画像に氏名を公表。さらにチリ当局にも捜査強力を依頼。逮捕監禁容疑から罪状をより重い罪に切り替えてニコラスセペダコントレラスの行方を追っている。

ニコラスセペダコントレラスの顔写真や画像も!ついに実名報道へ!

黒崎愛海さんが行方不明になっている事件でフランス当局に国際指名手配されたニコラスセペダコントレラス容疑者。

まずはその画像をご覧いただこう。

筑波大からフランス東部ブザンソンの大学に留学中の黒崎愛海さん(21)が行方不明になっている事件で、一部の仏メディアは5日、当局が重要参考人として行方を追っている元交際相手のチリ国籍の男が「ニコラス・セペダ容疑者」だとして、実名と顔写真を報じた。

チリのメディアは、男を26歳と伝えている。

黒崎さんは昨年12月4日に消息を絶った。セペダ容疑者は同7日ごろにフランスを出国し、チリに帰国したことが分かっている。仏紙パリジャンは、同容疑者が帰国後、生まれ故郷のチリ南部テムコに向かった可能性があると伝えた。

さらに最新の報道によると、すでにチリに帰国してから身を隠すように自宅マンションに戻ったという。

その後、実の父がニコラスセペダコントレラスを軽トラックの荷台に隠すように乗せている姿がマンションの防犯カメラに映っていたという。
父親はマンションからかなり大掛かりな荷物をトラックの荷台に乗せて何処かに走り去ったという。

フランス当局は当初から黒崎愛海さんの元交際相手を重要なターゲットとしていた。
さらに、ニコラスセペダコントレラスの国際指名手配の際には異例の発表までしていた。

ニコラス・セペダ容疑者はあまりにも危険すぎる人物だと異例の発表を行う

ニコラスセペダコントレラスはフランス当局から「あまりにも危険すぎる人物」と指摘されていたのだ。

しかし、ニコラスセペダの地元のチリでは違った評判がたっていた。

ニコラスセペダコントレラスは地元で1.2を争うチリ有数の進学校を卒業して超名門のチリ大学に進学していた。
この男は日本の筑波大学に留学経験があった。

その時に黒崎愛海さんと出会っい交際していたという。

そして交際に際してニコラスセペダコントレラスは黒崎さんに向けたとみられる動画を投稿していた。
「最近、ナルミはいくつかの悪いことをした」「彼女は信頼を取り戻す必要があるし、自分が犯した過ちへの代償を払わなくてはいけない」などと発言をしていたが、これが何を意味するものかは、まだ性格にはわかっていない。

それに、してもこの事件はあまりにも謎が多い事件だ。

何しろ、チリ人のニコラスセペダコントレラスは日本の筑波大学で黒崎愛海さんと出会い交際。

黒崎愛海さんはフランスに留学してしまった。
ニコラスセペダコントレラスは黒崎愛海さんを追いかけてわざわざ日本からフランスに渡ったのだろうか?

フランスに留学中の黒崎愛海さんが行方不明になっている事件で、事件後、黒崎さんの部屋には、普段外出の際に着ていたブルゾンなどが残されていたことが分かっている。

部屋には争った形跡はなかったということだが、黒崎さんが外出の準備ができない状態でニコラスセペダコントレラス連れ出されたとみられている。

ニコラスセペダコントレラスの実家はかなりのお金持ちだとういう報道があった。

当然のように、地元の進学校から名門のチリ大学に進んだ。

このようなボンボンエリートは挫折を知らない人間だ。
一部の人間は性格に難があり、歪んだ人間像を形成してしまいがちとの指摘がある。

いわゆるサイコパスとの指摘があるのもうなずけるだろう。

ネット上では以前からこのチリ人の男性・ニコラスセペダコントレラスはサイコパスではないかと噂になっていたのだ。

サイコパスの特徴として・・

■表面上は魅力的で口達者
■自信満々で自慢話を好む
■刺激を好む
■平気でウソをつく
■良心の異常な欠如
■他人に冷淡
■衝動的に行動する
■他人には責任を追わせて自分は無責任
■自分の非を認めない
■犯罪に対して執着する

ほんの一例だが、このような症状がみてとれるがサイコパスだ。

フランス当局がニコラスセペダコントレラスに対してかなり突っ込んだ表現をしていることからもかなり危険な人物だということは想像出来るだろう。

いずれにしてても、状況はきびしくなる一報だがニコラスセペダコントレラスの逮捕と黒崎愛海の安否が非常気になるところだ。