世界仰天ニュース・奇跡体験!アンビリバボー」

デービッドスウェットとリチャードマットがクリントン刑務所を脱獄

デービッドスウェットとリチャード·マットが170年もの間、脱獄者が0のクリントン刑務所の鉄壁の要塞を破った男として2016年11月24日(木)19時57分~20時54分放送の奇跡体験アンビリバボーに特集される。

デービッドスウェットとリチャード·マットはもともとは凶悪犯罪を起こして、クリントン刑務所に服役していた。

果たして、鉄壁の要塞として170年間もの間脱獄を許さなかったクリントン刑務所の脱獄には以外な内部協力者の存在があった。

ショーシャンクの空にやプリズンブレイクばりの大脱走の内幕に迫ってみよう。

鉄壁の要塞・クリントン刑務所とは?

デービッドスウェットとリチャード·マットの脱走劇の前にどうしても記さなければならないのが米東部ニューヨーク州ダンネモラのクリントン刑務所だ。
約3000人の受刑者がいる州内最大の刑務所。正式にはクリントン矯正施設という名前の刑務所でダネモラ村に位置している。カナダとの国境にあって、リトルシベリアといわれるように、1度入ったら出てこられないといわれているのがこの刑務所。

鉄壁の要塞と呼ばれ170年の長きに渡って1人の脱獄者も出すことのなかったクリントン刑務所。
なんと塀の高さは18メートルの壁で覆われ受刑者数約3000人に対して、刑務官は約1400人という厳重な警備態勢で知られる

最高レベルの警備刑務所として、凶悪犯の中でも最悪のレベルの罪を犯したものが服役する刑務所だった。

看守や刑務官は屈強な男性ばかり。さらに最高レベルの刑務所だけあって、その設備を目の当たりにしただけで多くの犯罪者は脱走そのものを考えもしなくなるという強固な刑務所だった。
1845年の刑務所開設以来、厳重警備区画から脱獄に成功した者はいなかった。

デービッドスウェットとリチャード·マットはどのようにしてクリントンを脱走したのか?

さて、ここからがデービッドスウェットとリチャード·マットの脱走劇の本編になる。

脱獄囚は、リチャード·マット(Richard Matt)48歳と、デビッド・スウェット(David Sweat)34歳の二名。

datugoku

【リチャードマット(Richard Matt) 48歳】
前科3犯・誘拐3犯・強盗2犯で服役中
懲役25年の刑
身長182cm・体重95kg・背中に”メキシコよ永遠に”の刺青
【デービッドスウェット(David Sweat) 34歳】
保安官代理殺害の罪で第一級殺人で有罪判決を受けて服役中
仮釈放なしの終身刑
身長180cm・体重75kg

いずれも凶悪な事件を起こしたものの、クリントン刑務所では模範囚として服役していた。

リチャードマットは通称最悪の色男と呼ばれ、塀の外ではかなりの色男だった。
そんな彼が目をつけたのがクリントン刑務所の女性職員だった。

その女性職員のジョイスは受刑者に裁縫を教えていたジョイス。御年50歳の女性だ。

50歳の女性といっても、実はジョイスは離婚歴があり、その原因はジョイスの夫への裏切り行為が原因だった。
つまり、もともとが恋多き女だったのだ。

底に目をつけたのが最悪の色男と言われたデービッドスウェットだった。

模範囚として真面目に刑に服していたスウェットは裁縫グループのリーダーとして働いていた。
当然のように、指導係の女性職員のジェイスとリーダーのスウェットは話す機会が自然と多くなっていき、次第にお互いを男女としてお互いを意識するようになっていった。

信じられないかもしれないが、屈強な看守ばかりの刑務所では50歳の女性は癒やしの存在でもあるのだ。

しかもそれが恋多き女だとしたら・・・

でも、そんな密かなロマンスは長続きはしなかった。
当然のように刑務所でも噂は広まっていく。これを問題視したクリントン刑務所はスウェットを縫製チームから切り離す処置をとった。

この時点ですでに男女の感情を抱いていた二人は激しく落ち込んでしまう。
ちなみにジョイスは二人目の旦那がいる。

恋は切り離されれば切り離されるほど、燃え上がって今うもの。

スウェットは激しく落ち込み、ジェイスも完全に意気消沈していた。

そこに、現れたのが恋のキューピットのリチャードマットだ。

スウェットとジェイスの二人は恋仲を切り離されて意気消沈していた。

そこに現れたのがマットだった。

マットはスウェットと同じ独房にいたために二人の禁断の恋仲を理解していた。

ジェイスがスウェットの為の差し入れを運搬してあげるなど、始めは禁断の恋のキューピットとなっていた。
しかし、何しろクリントン刑務所の中は男ばかり。

女性と接することのないマットも、あっさりとジョイス・ミッチェルの恋心が芽生えてしまったのだ。

マットとも恋仲になっていまった50歳の女性職員は舞い上がっていた。

そして、ついにとんでもないものを差し入れしだすのだった。

ひき肉の中に工具を入れて差し入れ

なんと、ジョイス・ミッチェルは二人の男性と恋仲になりながら脱獄の用具を冷凍したひき肉の中に忍ばせて差し入れするなどした。

そして二人はついに170年間誰一人として脱獄できなかったクリントン刑務所からの脱獄に成功するのだ。
絶対不可能だと思われていた“鉄壁の要塞”からの脱獄。

その真相は、50歳の女性職員ジョイス・ミッチェルのとんでもない禁断の三角関係だった。
ジョイス・ミッチェルは看守らによく焼き菓子などを差し入れ、両受刑者に便宜を図るよう依頼していた。スウェット受刑者をマット受刑者の隣の居室に移してほしいと頼んだこともあるというのだ。

クリントン刑務所の所長は会見で「調査の結果、受刑者たちは房室の穴から脱走したことが明らかとなった。受刑者たちはその後、建物の6階に出て、下へ降りた。彼らは道具を持っており、穴を掘って、トンネルから逃げることに成功した」と発表した。

スウェット受刑者とマット受刑者は、衣類などをつめてフードをかぶせたダミーをベッドに置き、監獄の後ろ側の鋼壁を切断、レンガの壁を壊し、蒸気管に道を切り開いて脱走したと、警察は語った。2人は、刑務所外の農村地域にあるマンホールから抜け出したと言う。

切断された蒸気管の一つには、アジア人風の似顔絵に「Have a nice day(良い一日を)」と書かれた愚弄したようなメモが残されていた。

11月24日放送の奇跡体験アンビリバボーでは驚愕の真相を獄中インタビューを元に放送する!