movie

デスノート light up the new world ネタバレラストのあらすじラストの解釈とは一体?!

2017年11月17日(金) 21時00分~22時54分放送の金曜ロードSHOWに『デスノート Light up the NEW world 特別編』がついに放送になる。

今回は『デスノート Light up the NEW world 特別編』地上波初登場というだけあって注目度も非常に高く高視聴率が予想されている。

そこで地上波初登場で注目の『デスノート Light up the NEW world 特別編』のネタバレあらすじとラストの解釈に注目が集まっている。

 

スポンサーリンク




『デスノート Light up the NEW world 特別編』のみどころをチェック!

名前を書かれた人は死ぬ「デスノート」今回は三人の天才が繰り広げる究極の頭脳戦が最大の見どころだ。

デスノートは2003年に連載がスタート。
連載開始当初からマニア的なファンが定着するなど多くの話題になっていた。

そして、藤原竜也と松山ケンイチの主演で映画化されると史上空前の大ヒットとなった。
デスノートは舞台やアニメ、に小説など様々なメディア展開でヒットして、ついにハリウッドでリメイクされるなど、近年まれに見る大ヒット作品となった。

『デスノート Light up the NEW world 特別編』は、その最新作で金曜ロードSHOWでの放送が地上波初登場となる。

植松壮亮・東出昌大・菅田将暉という若手実力派俳優が魅せる天才三人の熱演にも注目だ。

『デスノート Light up the NEW world 特別編』あらすじ

“キラ”こと夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の死闘から10年。東京で不可思議な無差別大量死事件が発生した。現場に急行したデスノート対策本部の三島(東出昌大)は、相手を見るだけで人の名前がわかる“死神の目”とデスノートを操る女(川栄李奈)を発見する。三島は彼女を確保しようとするが、居合わせたLの後継者・竜崎(池松壮亮)は麻酔銃で彼女を狙撃。その直後、何者かが持つデスノートによって女は殺害されてしまう。

画像
彼女・青井さくらが所持していたデスノートの持ち主・死神のベポ(声:松坂桃李)によると、現在地上に存在するデスノートは6冊。そしてデスノートは、そのルール上、人間界に6冊までしか存在できないのだという。そんな中、死んだはずの夜神月の動画が世界中に拡散され、キラの復活が宣言された。その映像から死神・リューク(声:中村獅童)が関わっていることに気が付いた三島と竜崎は、夜神月の元恋人であり共犯者だった弥海砂(戸田恵梨香)の行動を監視し始める。時を同じくして、リュークのデスノートを手に入れ、月の映像を配信した天才ハッカー・紫苑(菅田将暉)が海砂に接触し…!?
引用:https://kinro.jointv.jp/lineup/20171117

『デスノート Light up the NEW world 特別編』キャストとスタッフ

2003年の連載開始から話題を呼び、映画化と同時に爆発的ヒットを記録。アニメや小説、舞台など様々なメディアで展開され、ハリウッドでも実写化されたモンスター・シリーズの最新作をテレビ初放送! 物語の舞台は、藤原竜也演じる夜神月と松山ケンイチ演じるLの戦いから10年後。世界中にばらまかれた6冊のデスノートをめぐり、新たな戦いが繰り広げられる。デスノート事件を追う警視庁のエース・三島に東出昌大、Lの後継者・竜崎に池松壮亮、そしてキラを崇拝する謎の男・紫苑に菅田将暉。実力派若手俳優3人が扮する天才たちが、自らの正義のために繰り広げる壮絶な頭脳戦は興奮必至! よりダークさとディープさを増して展開する最高のミステリーを見逃すな!

ストーリー
6冊のデスノート、すべてを手に入れるのは誰なのか…
3人の男たちによる熱いバトルの果てに待つのは⁉
画像
“キラ”こと夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の死闘から10年。東京で不可思議な無差別大量死事件が発生した。現場に急行したデスノート対策本部の三島(東出昌大)は、相手を見るだけで人の名前がわかる“死神の目”とデスノートを操る女(川栄李奈)を発見する。三島は彼女を確保しようとするが、居合わせたLの後継者・竜崎(池松壮亮)は麻酔銃で彼女を狙撃。その直後、何者かが持つデスノートによって女は殺害されてしまう。

画像
彼女・青井さくらが所持していたデスノートの持ち主・死神のベポ(声:松坂桃李)によると、現在地上に存在するデスノートは6冊。そしてデスノートは、そのルール上、人間界に6冊までしか存在できないのだという。そんな中、死んだはずの夜神月の動画が世界中に拡散され、キラの復活が宣言された。その映像から死神・リューク(声:中村獅童)が関わっていることに気が付いた三島と竜崎は、夜神月の元恋人であり共犯者だった弥海砂(戸田恵梨香)の行動を監視し始める。時を同じくして、リュークのデスノートを手に入れ、月の映像を配信した天才ハッカー・紫苑(菅田将暉)が海砂に接触し…!?

スポンサーリンク

出演

<三島創> 東出昌大

<竜崎> 池松壮亮

<紫苑優輝> 菅田将暉

<七瀬聖> 藤井美菜

<青井さくら> 川栄李奈

<松田桃太> 青山草太

<黒元晋> 竹井亮介

<浦上衛> 大迫一平

<御厨賢一> 船越英一郎

<魅上照> 水上剣星

<須加原順郎> 金田明夫

<夜神月> 藤原竜也

<L> 松山ケンイチ

<弥海砂> 戸田恵梨香

<アーマ>(声) 沢城みゆき

<ベポ>(声) 松坂桃李

<リューク>(声) 中村獅童

スタッフ

<「DEATH NOTE」原作> 大場つぐみ 小畑健 (集英社ジャンプコミックス刊)

<監督> 佐藤信介

<脚本> 真野勝成

<音楽> やまだ豊

<撮影監督> 河津太郎

<美術> 斎藤岩男

<録音> 横野一氏工

<編集> 今井剛

<音楽プロデューサー> 志田博英

<装飾> 西尾共未

<衣装> 宮本まさ江

<特撮監督> 神谷誠

<CGディレクター> 土井淳

<主題歌> 安室奈美恵

『デスノート Light up the NEW world 特別編』あらすじ

そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ・・・

かつて、キラと呼ばれた1人の男が このデスノートの力で
粛清という名の事件を起こした・・

これに歓喜した死神大王は 今再び 死神たちに命じた

キラの後継者を探し出し デスノートを与えよ

舞台はロシアからスタートする。

ロシアの男性医師が家に帰る途中にデスノートを拾う。

往診に向った先で患者がこう言う。

「死なせてくれないか? 楽になれないか?死にたい・・」
苦しそうな男性を横目に、ロシア人ドクターは、その患者の名前を試しに記入してみる。

『ヴァシリイ・ニキトビッチに安息を・・・』

医師が患者の名前を記入してもなにも起こらなかった。医師は静かに立ち上がって帰ろうとすると・・・・

なんと患者は静かにイキを引き取っていたのだ。
困惑する医師の後ろには・・

世界中でデスノートによると見られる事件が多発。ICPOは新たに発生している新生キラ事件を解決すべく世界的探偵・Lの後継者 コードネーム竜崎(池松壮亮)を日本のデスノート対策本部に派遣する事を決定する。

日本のキラ対策本部は「デスノート対策本部」と名を変えて存続しており、「三島創(みしま つくる)」を筆頭とした新メンバーたちがデスノートを発見・確保するために奔走する。

スポンサーリンク




遂に日本でもデスノートの被害者が!

大魔王によってばらまかれたデスノートはロシアに続いて日本でも被害者が出る。

青井さくら(川栄李奈)がデスノートを手に入れて事件を巻き起こす。

『もっと面白いものを見せてあげる。』

渋谷のど真ん中で、青井さくら(川栄李奈)はただ面白い、ただそれだけでデスノートに次々と名前を記入するのだ。

「デスノート対策本部」の三島創(東出昌大)はパニックになった渋谷で青井さくら(川栄李奈)の後を追跡する。

パニックになる渋谷のど真ん中で三島創(東出昌大)が青井さくら(川栄李奈)を発見したとき、なんと青井さくらが銃撃される。

竜崎(池松壮亮)がいきなり発砲してデスノートを回収する。

三島創(東出昌大)はデスノートのヲタクと言われるほどデスノートの研究に熱心だった。

そして、「デスノート対策本部」のメンバーは死神のデポと対面。

デスノートが6冊あることを聞き出す。さらに、デスノートは七冊目以降はその効力を持たない事を聞かされる。

三島創(東出昌大)はデスノートを六冊集めて同時に封印することで、二度とデスノート事件が発生しないように行動を開始する。

そして夜神月のメッセージが全世界をジャックする

日本中のネットがあるひ、キラこと夜神月のメッセージによってジャックされる。

キラウイルスとよばれるウイルスが世界中に拡散される。

「僕は夜神月。。キラだ。新世界の為にもキラが必要だ」

竜崎(池松壮亮)はキラウイルスが全世界の個人情報を抜き取る事が目的だと主張。

一報で、10年前にも対策本部にいた松田にはリュークがはっきりと見えた。
リュークが見えたということは新生キラは夜神月なのか・・・

夜神月は生きているのではとの憶測まで立ち始める。

そして、竜崎(池松壮亮)は第二のキラとして行動していた弥海砂(戸田恵梨香)の消息を聞き出す。

弥海砂(戸田恵梨香)はデスノートの放棄とひきかえに記憶を失ってしまった。
現在はアイドルから女優として芸能界で活躍しつつ対策チームから密かに監視される身柄だった。

弥海砂(戸田恵梨香)が控え室に戻ると、夜神月の声がする。

スナック菓子の袋の中からスマホが出て来る。

「プレゼントだよ」

近くにあったギフトボックスを開けると、そこんはなんとデスノートが入っていた。

デスノートを手にした瞬間に弥海砂(戸田恵梨香)は、一瞬にして、あの忌まわしい記憶とデュークを蘇ってしまう。

果たして夜神月は生きているのか?

半信半疑の中、地下駐車場で車に乗り込むとなんと、後ろには夜神月の声をスマホで加工した紫苑優輝(菅田将暉)が勝手に後部座席に乗り込んでいた。

後半、順次追記してきます!

スポンサーリンク