Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ENT

タッキーは引退へ!タキツバ解散で今井翼は退所して新しい地図へ合流の噂!

デビュー16周年の節目にあたる9月10日でタッキー&翼が解散していた事を発表することがわかった。

昨年には15週年で活動休止を発表したタッキー&翼。

すでに今井翼はジャニーズ事務所を退所の意向を正式表明。
さらにタッキーこと滝沢秀明は芸能界を引退。ジャニー喜多川から後継者指名を受けて芸能活動から引退して経営者としての道を歩むことになる。

かなり、近い段階で仕事のめどがつき次第、滝沢秀明は引退してジャニーズ事務所の社長に就任するのはすでに週刊文春が報じたとおり。

今年は不祥事や脱退など、嵐が吹き荒れる中で滝沢秀明引退という最後の爆弾に火がついてしまった形だ。

スポンサーリンク







滝沢秀明引退でファンからは悲鳴

滝沢秀明の引退がいよいよ現実味を帯びてきた。

オフィシャルサイトによると、タッキー&翼はこの数年、ユニットとしてのよいパフォーマンスが披露できておらず、活動にあたっての話し合いを重ねてきたという。その結果、滝沢秀明と今井翼はグループ活動を休止し、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念し、成長してからユニットに戻ることを希望しているとのことだ。

最近は、メリー喜多川さんと度々衝突してきたと報じられていた今井翼の退所は既定路線。

ファンも、思いは抱えながらも今井翼の意志を尊重する構えのようです。

しかし・・

滝沢秀明さんの引退を受け入れるファンはやはり少ないようです。

タッキーが年内で引退へ

すでに週刊文春が報じていたように、ジャニーズの社長のジャニー喜多川氏から後継者指名をうけた滝沢秀明さん。

タキツバ解散とともにタッキーは年内で引退することがわかった。

で芸能活動を引退。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意志を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサートなどのエンタテインメントをプロデュースする仕事に専念する。

週刊文春で報じられていたタッキーの後継者指名

週刊文春が報じていた、タッキーこと滝沢秀明の後継者指名報道が現実のものとなってきた。。

ジャニーズ事務所の社長をつとめるジャニー喜多川氏(86)が滝沢秀明(36)を後継者に指名していたことが、「週刊文春」の取材によって分かった。

今回、後継者に指名された滝沢は、1995年、13歳でジャニーズ事務所に入所。その直後から、ジャニー氏の寵愛を受け続けてきた。

今井翼とのユニット「タッキー&翼」でデビュー後も、ジャニー氏が演出する舞台を中心に活躍。2010年から公演を行っている「滝沢歌舞伎」では演出まで任されている。

「事務所が肥大化していくなかでテレビの仕事が主流になりつつありますが、ジャニーズ事務所の保守本流の仕事はあくまで舞台。その意味でも滝沢はトップリーダーの条件を備えているのです」(ジャニーズ関係者)

すでに滝沢はタレント売り込みのため、テレビ局詣でを続けているという。

ジャニーズ事務所に今後の滝沢の活動について聞いたが、「担当者不在」との理由で回答はなかった。

滝沢秀明が引退で社長就任・・来年頭からジャニーズは新体制に!

すでに、後継者指名を受けた滝沢秀明さんは年内で引退の意向。

さらにに週刊文春が報じたところによると、来年の頭にもジャニーズは新体制を発足。

ジャニー喜多川の代表引退

 

さらに役員の交代人事が発表されると噂さています。

 

ジャニー喜多川さんの病状もあって滝沢秀明は引退を決意か

ジャニー喜多川社長はさすがに高齢で、最近は大きな病を患っている。

 

さらに最近はあれほど嫌がっていた車椅子にも乗らなければ移動もままならないとされている。

ジャニー喜多川社長が一番残された時間に限りがあることを分かっているようです。

ジャニー喜多川さんが一番頭を悩ませていたのがジャニーズ事務所の後継者問題。

「実は、来年頭、事務所の体制が一新されるという話が持ち上がっています。代表を含めた役員の交代もあります。そのなかでジャニーさんは自分の仕事を引き継ぐ“後継者”を指名し、すでに本人に対し、自身の意向を伝えたといいます」

ジャニー氏の“後継者”。それは意外なことに滝沢秀明(36)だった――。

 

タッキーの引退はジャニー喜多川の後継者へのアンサーか

飯島三智へのパワハラと木村拓哉メンバーの裏切りによって解散を余儀なくされたSMAP。

しかし、ジャニー喜多川はこの頃には、滝沢秀明の後継者指名を心に決めていたのでしょうか。

 

2016年の夏、ジャニー氏は事務所の会議室でSMAPのメンバー5人と向き合っていた。解散を思いとどまるよう自ら説得に乗り出したジャニー氏は、沈黙を続けるメンバーに向けてこう語りかけたという。

「このままフェイドアウトしちゃダメだ。2年後に必ず後悔することになる」

週刊文春の報道ではは上記のようにかなり詳細なSMAPとジャニー喜多川さんのやり取りが報道されている。

この頃、ジャニーズの幹部はこの発言の真意を測りかねていたが、すでにタッキーの引退と後継者指名を決めていたのかもしれない。

スポンサーリンク