INCIDENT

スーパードルフィー「100体限定ロリーナ」転売でネットで大炎上

スーパードルフィー「100体限定ロリーナ」転売でTwitterでは怒りの声が上がる中、ついに読売新聞がこの問題を取り上げた。

今回は京都高島屋だったが、次回は日本橋タカシマヤで販売が予定されている。


スポンサーリンク




「1人2体まで」の人形すべて購入、転売目的か

京都高島屋(京都市下京区)で31日、100体限定で客1人2体までを条件に受注販売された人形を男性客1人がすべて購入し、ツイッターなどで「転売目的の買い占め」などと指摘する書き込みが相次いだ。

 人形は今後製作されるが、同店は「転売目的かどうかを判断するのは難しい」とし、予定通り引き渡すという。

 京都市の玩具メーカーが開発した「スーパードルフィー」と呼ばれる精巧な人形で、大きな瞳の美少女の絵で人気を集めた画家中原淳一(1913~83年)のデザイン画を再現した。白いブラウスに赤いスカートを身につけた「ロリーナ」という女の子の人形(約65センチ)で、価格は1体12万4200円(税込み)だった。

報道によると、京都高島屋には開店前からおよそ200人以上の長い行列ができいた。

この時点で一人、二体までとのルールがあったために、先頭の50人が二体購入したら後ろの150人はアウト。

しかしこれが現実になってしまう。

先頭から並んでいた全てが1人2体分の整理券を先頭から50人に配布。

この50人が複数のブースに分かれて購入手続きを進めたが、ここでとんでもないい異変が起こる。

男性1人が各ブースを訪れ、すべての人の代金をまとめて支払うことを繰り返したという。計1200万円を超えるとみられ、引き渡しは5月末の予定。

スポンサーリンク


スーパードルフィーを本当に欲しい方が怒りの声をあげる

次回は日本橋高島屋でスーパードルフィーの販売が予定されている

次回は日本橋高島屋でスーパードルフィーの販売が予定されているが転売対策はどなるのだろうか、。

スーパードルフィー転売でTwitterには様々な意見が

スポンサーリンク