Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

シンシア・リッグズとハワード・アドベリー80歳女性作家に謎の暗号で書かれた手紙と62年愛の物語とは!?

シンシア・リッグズハワード・アドベリーの愛の物語がアンビリバボーで特集されます。

80歳女性作家に突然届いた謎の暗号で書かれた手紙で、運命が動き出す愛の物語とは・・。

 

さらに、七回に分かれて送られてきた植物の意味とは・・。

スポンサーリンク







シンシア・リッグズとハワード・アドベリーの62年の時を超えた手紙が奇跡を起こす

ざっくりこんなお話

米国カリフォルニア州在住だった、ハワード・アテブリーさんはシンシア・リッグスさん。

二人の出会いは1950年

ハワード・アテブリーさんがシンシア・リッグスさんに想いを寄せるがシンシア・リッグスさんには当時、交際相手いた為に二人は結ばれなかった。

62年後にハワードさんがシンシアさんに突然送ったラブレターがきっかけで二人は再び連絡を取り合うようになる。

お互い、別のパートナーがいたが、離婚していた。

二人は62年という長い時間を経て手紙がきっかけで晴れて夫婦として結ばれることになる。

ざっくりとあらすじはこんなストーリーになります。

しかし、当然この物語は様々な奇跡を重ねた、愛の物語してアメリカでも大々的に報じられました。

それでは、二人の感動の物語をまとめてみたいと思います。

シンシア・リッグズとハワード・アドベリーの出会いは青春時代

シンシア・リッグズさんとハワード・アドベリーさんが出会ったのは、二人の青春時代でした。

1950年の夏。

 

海洋研究所でアルバイトをしていた当時18歳のシンシアが10歳年上のはワードと

二人が同じ時間を過ごしたのは、わずか4ヶ月だけでした。

地質学の研究室でプランクトンの仕分けをする作業で二人シンシア・リッグズとハワード・アドベリーさんは出会います。

当時28歳だったハワードさんは一回りも歳の離れたシンシア・リッグズさんと恋に落ちます。

 

しかし、シンシア・リッグズさんにはすでに、交際していた相手がいました。

 

結果として、二人は結ばれる事はありませんでした。

 

それでも、シンシア・リッグズさんとハワード・アドベリーさんは

地質学の研究室でプランクトンの仕分けをする作業の最中に、ペーパータオルに暗号でメッセージを書いて交換したりして、二人だけの秘密を共有したりして楽しでいました。

恋愛心理学などでは他人と親密になるには「秘密の共有」が二人の距離と縮めるといわています。

二人は間違いなく、普通の男女よりは距離がかなり近づいていたようです。

しかし、結果としていしてシンシア・リッグズさんとハワード・アドベリーさんが結ばれることはありませんでした。

どこにでもある、青春時代の「一夏の恋」。

スポンサーリンク



それぞれが別の人生を歩みだす

その後、二人はそれぞれ別のパートナーと出会って結婚。

全く別の人生を歩むことになります。

シンシア・リッグズさんとハワード・アドベリーさんが海洋研究所でアルバイトで過ごした期間はわずか4ヶ月。

その後、二人は別のパートナーと結婚。

子供を授かっていました。

 

その後、離婚を経験。

この時点でも、二人の接点は62年間途切れたままでした。

しかし、ハワード・アドベリーさんは長年密かに想い続けていた女性がいたのです。

もしもあの時、一緒になれていたら…

ハワード・アドベリーさんは離婚をしてからというもの、長年想い続けていたもしもあの時、一緒になれていたら…

 

その想いがつのりハワードさんはシンシアさんに手紙を送ります。

手紙を受け取ったシンシアさんは、当初は困惑していました。

しかし、友人の「なんて素敵な話なの!」という一言で背中を押されて文通を開始します。

 

をして、ふたりは612年の時を経て再会します。

 

彼の中では18歳の女性。しかし、シンシアさんは「老いた自分」を心配していました。

そんな心配は希有に終わりました。

ハワードは現在のシンシアが愛おしいといって二人は無事に結婚。

なんと、二人は62年ぶりの再会から一時間後にプロポーズ。

 

さらにシンシアさんのそれを快諾して二人は無事に結婚して結ばれることになりました。

 

スポンサーリンク