未分類

ケイティとダルトン・・自分の命より彼とのキスを選んだ美女に号泣

ケイティ・ページさんとダルトン・プラーガーさん。二人の生きることよりも彼とのキスを選んだ物語が全世界を感動に包んだ。

ケイティ・ページさんとダルトン・プラーガーさんの感動の物語が「自分の命より彼とのキスを選んだ美女…史上最高の恋愛に涙」として2017年12月19日(火) 19時56分~22時54分報道のザ!世界仰天ニュース 2017仰天大年表!人間のパワーを感じる!!3時間SPにて放送されます。

スポンサーリンク




ケイティ・ページは生きる事よりも、ダルトン・プラーガーさんとの一瞬のキスを選んだ…史上最高のラブストーリーに号泣します。

ケイティとダルトン・・史上最強のラブ・ストーリー


愛し合う二人は会うことを禁じられていた。ケイティとダルトン・・には絶対に守らなければいけないルールがあった。

二人はが出会ったのは18歳の頃だった。

ダントンの母親が病気療養中の息子をFacebookに投稿したことがきっかけになりケイティはダルトンと知ることになる。

二人は嚢胞性線維症という難病と闘っていました。

ダルトンさんはグラム陰性桿菌(セパシア菌, バークホルデリア・セパシア)という感染症の入院治療をしており、 ケイティさんはどうしても彼のことが気になって仕方がなかった。

この病気は現代の最先端の医療でも生存率が30代に満たないという難病。wikiでは先進国での寿命は42歳から50歳である

さらに、多くの合併症の心配もあって日常生活にはいつも細心の注意が必要だという。

嚢胞性線維症とは (wikiより引用)

嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic Fibrosis)は、遺伝性疾患の一種で、常染色体劣性遺伝を示す。白人に高頻度で見られ、欧米白人では2500人に一人発病し、患者数は30,000人、最も頻度の高いユダヤ人のアシュケナジーでは25人に1人は保因者である。原因は塩素イオンチャネル(CFTR)の遺伝子異常で、水分の流れに異常をきたし粘液の粘度が高くなる。鼻汁の粘性が強くなると副鼻腔に痛みを感じ、痰の粘性が強くなると、気道を閉塞し肺炎を繰り返すようになり、ついには気管支拡張症をきたす。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症も併発しやすい。胆汁の粘性が強くなると、胆石をおこしたり、膵炎をおこしたり、肝機能障害からついには肝硬変をきたす。ただし軽い場合は成人後発病することもある。先進国での寿命は42歳から50歳である

そんな、二人は同じ年齢や境遇に次第に心を惹かれ合うようになる。

最初にSNSでメッセージを送ったのはケイティさんの方だった。

ケイティがダルトンに「あなたは私のことを知らないと思うけれど、誰かと話したくなったら連絡ちょうだい」とSNSを介してメッセージを送ったことをきっかけに交流が始まりました。

本人同士にしかわからない不安や恐怖、さらにわずかな希望をSNSのメッセージでやり取りする間にすぐにケイティとダルトンは惹かれう。

そうなれば、募る想いは一つ。
「お互いに会いたい」

しかし二人は絶対に会うことを禁止されたいたのだ。

ケイティが先に退院してやっと二人は初対面することだできる。
そう思った矢先に、二人を失望の底に落ちる非情な宣告がまっていたのだ。

スポンサーリンク

医者から突然「ダルトン会ったらきみの命は5年と持たない」と宣告される

ケイティが先に退院して、やっとダルトンに会える。

しかし、そこで二人には非情な宣告が下る。

医者から突然「ダルトン会ったらきみの命は5年と持たない」と告げられてしまうの

ダルトンと親密になり、キスをするとケイティの病状は悪化してしまうとい、お互いに命の危険に晒されるというのだ。

そこには、医師の苦悩もあった。
命と恋、どちらを優先させるのか。医師としはやはり命を優先せざるを得なかった。

医師はケイティとダルトンが愛し合い肌を重ね合うことを避けられないと判断していた。

ケイティとダルトンが親密になれば、ダルトンのグラム陰性桿菌がケイティにも感染してしまうリスクが極端に高まってしまう。

医師は、ケイティとダルトンに会うことを禁止したのだ。

しかし、ケイティは生きること引き換えに母の運転でダルトンに会いに行く

医師はケイティの身体や病状を心配してダルトンへ会いに行くことを是としなかった。

しかし、ケイティは自分の命のリスクよりも、ダントンと会う事を選んだのだ。

2009年8月、ケイティさんは母の運転する車で6時間かけてダルトンさんの元へ会いに行く。

その日のうちに若い二人は熱いキスを交わすのだった。

この二人のキスがもたらす悲しい未来など若い二人には想像も付かなかったのか。
それとも死がリアルだからこそ、二人は唇を重ねたのか。それは二人にしかわからない。

グラム陰性桿菌に感染するもケイティとダルトンは結婚する


結果的に、グラム陰性桿菌に感染してしまったケイティだったが、幸いにもそれによる症状は軽症で済んだ。

そして、ケイティとダルトンはその後お互いに愛を育んでついには2011年に結婚するのだ。

二人は、家にお互いの友人を招いてパーティーをしたり、二人の写真を飾ってとても幸せな生活を謳歌していた。

ただ、二人に残された時間は長くは無かった。
2011年の結婚から三年。

2014年、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグの病院に二人の姿が。
肺の移植手術のため、ドナーを待つ人々のウェイティングリストに2人の名前が記されていた。

2014年11月にダルトンが肺の手術が行われる。
術後の経過は決して予断を許さない状況だった。リンパ腫や肺炎、感染症を繰り返し入退院を繰り返すことになる。

医療保険のトラブルで手術を待たされてたケイティも半年後に肺移植手術が行われた。

ケイティは手術は成功したもの、ケイティさんはがんを発症。
そして肝機能の低下、肺にも水がたまり、心臓の機能も低下。

二人は、お互いの未来に時間が残されていない事はお互いに気がついていたのだ。

そして、また二人は離れ離れになる。

スポンサーリンク

離れ離れになった二人は最後まで心は一つだった

命のリスクをとって唇を交わした二人。

さらに結婚して幸せな日々。

しかし、病状は次第に悪化して、ケイティとダルトンは別々の病院に入院することとなったのだ。

ダルトンはミズーリ州の病院、ケイティはケンタッキー州の病院と、離れ離れに生活が再び始まったのだ。

二人の家族は、なんとかケイティとダルトンが再会する方法はないかと考えたが、二人の身体は移動に耐えられるだけの体力は残っていなかった。

結局、9月17日にダルトンさんが天国に。その最後はフェイスタイムでケイティと会話しながらの最後だった。

さらに、夫となったダルトンの死から5日後に妻のケイティもダルトンの後を追うように天国にたびだったのだ。

生前、ケイティさんはダルトンさんとの出会い、命の危険を冒してまでダルトンさんと共に生きることを選んだことについて

20年間なにも無く孤独に寂しく生きるより、私は5年間愛し愛された幸せな人生を送りたい。


スポンサーリンク