Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
世界仰天ニュース・奇跡体験!アンビリバボー」

カイル メイナードの先天性四肢欠損でダンアダムスとキリマンジャロ登頂がアンビリバボー!「NO EXCUSE」=言い訳をしない

まずはカイルメナードの実際のキリマンジャロ登頂の様子をご覧いただこう。


カイルにとってほんの数十センチの段差を登るだけでも相乗以上の負担がかかる。

予定よりもかなりの時間がかかってしまう。

さらに、着いてを貸したくなる場面でもカイルは言った。

「手を貸さなくていい」「自分で登る」

予想外の苦難として、地面の土埃もカイルの体力を消耗していった。

このままでは間に合わない。

それどこか、カイルメナードに命の危険がある。

誰ものメンバーが登頂断念が頭をよぎる。

スポンサーリンク


健常者でも避けるウエスタンブリージの挑戦を懇願するカイロ

キリマンジャロには困難だが最短ルートになるコースがある。

そこは難関コースで誰もが避けるコースだ。

どうしてカイルはそこまでして頂上を目指したのか?

実は、登頂の少し前、ある女性が彼の元を訪れていたのだ。

線上で命を落とした兵士が身につけていた兵士が身につけていたペンダント。

その兵士はキリマンジャロ登頂が夢だった。

そのペンダントを頂上に連れていくため・・・メンバーはついにウエスタンブリーッジの最難関で最短コースを進む道を決めるのだった。

そして2015年1/15日午前7時。

登頂の瞬間を迎える。あのペンダントとともに。
「あんなに自分に鞭打った苦しい経験は、今までで初めてだった。前に前にと思っても、まだ山が高く立ちはだかっていて、絶望的な気分にさせられたよ」
「でも、山は僕に教えてくれた。この先の困難を憂慮するよりも、自分がどれだけ進んできたのかを見るべきだってね。これは、登山にしたって人生にしたって同じだ」。

ジョンソン兵士の遺灰は、地上から5895メートルの空に舞った。
「Nothing is impossible」
「Never giver up」
カイル・メイナードが、またこの言葉を証明してみせたのだ。

登頂の様子とコリーの位牌の入ったペンダントの様子をアンビリバボーで密着の様子が放送される!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

1 2