Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
MENU
INCIDENT

エアガン煽り運転犯人のナンバーは盗難車だった!警察は犯人特定か

今度は9月8日、東名高速道路上りの東郷PA付近でエアガンを煽り運転してくるとんでもないドライバーが撮影されました。

このエアガンの煽り運転をした犯人はナンバーも特定され、警察がすでに犯人とみられる男の身元も特定しているとTwitterで被害者が報告しています。

エアガンあおり運転犯人は盗難車を運転していた

エアガンで車を打たれる・・

まさかの出来事がおきたのは9月8日、東名高速道路上りの東郷PA付近。

すでに地元テレビ局が報じてヤフーニュースにも掲載されています。

『カン、カン、カン、カン、カン』

車内に響き渡る甲高い音。そして…

『ビー、ビー、ビー』

突然、後ろの車から鳴らされたクラクション。

よく見ると、運転手が窓から手を差し出し、何かを持って前の車を狙っています。

「男性の車は、高速道路を走行中、突然後ろの車からエアガンを発射されたということです」

スポンサーリンク

エアガンあおり運転の車にはマスク姿の2人の人物

今回のエアガンあおり運転の犯人はマスク姿の男性。

すでに犯人の車のナンバーも被害者のTwitterによって次のように記載されています。

エアガンあおり運転犯人のナンバー横浜 304 ま 8050

被害者は警察に被害届・道路交通法違反と器物破損で捜査を開始

今回のエアガンあおり運転事件で被害者はTwitterで被害状況はナンバーの拡散と同時に警察に被害届を提出。

警察も警察が道路交通法違反と器物損壊の疑いであおってきた車の行方を追っています。

 

過去にもエアガンで後続車を脅して男性が逮捕されている

実は、このエアガンでのあおり運転。

今回のケースとは若干ことなるものの過去には、「自分が煽られた腹いせにエアガンで脅して逮捕」といった事件も起こっています。

徳島警牟岐署は17日、エアガンを持って女性を脅迫した疑いで自称トラック運転手の男(53)を逮捕した。男のあきれた言動に加えて、意外にも脅された女性の行動もネット上で物議をかもしている。

トラブルが発生したのは、16日午後6時50分ごろ。軽ワゴン車の助手席に乗った男が後続の車を停止させ、運転手の40代女性に対し、窓ガラス越しに拳銃型のエアガンを見せ「撃つぞこら」などと怒鳴って脅したという。

警察によると、男は酔っており知人女性の運転する車に同乗していた模様。エアガンで脅した動機について男は、「ライトをつけて後ろからあおってきたから怒った」「エアガンは勤務先の運送会社に寄ってくるカラス駆除のため通販で購入した」と供述しているという。この点について、後続者の女性は「ライトはつけていたが、あおったつもりはない」と話しているようだ。

しかし、このときは被害者となった後続車の運転マナーについてかなり議論になっていました。

当然エアガンは論外として、後続車の運転マナーについての問題も指摘されています。

エアガンあおり運転にネットの反応

 

マスクしてればバレないって思っているんだろう。
警察が本気出せばマスクしてようが、してなかろうが、鑑定の力で本人と確定出来る。

とりあえず車の修理費用を支払いさせ、危険運転罪で逮捕、そして強力なエアガンの試し打ちの的になってもらいましょう。もちろん洋服なんか着せちゃいかんよ。

レコーダーの公開

追い越し車線で煽り運転している後続車両もいる追い越し終わったら走行車線に戻らないとか、それなりの事があったから煽られたのかもですね。
煽り車両も左から抜いていく訳でもないので、走行車線にもそれなりに車はいたのでしょうけどね。
とは言え、エアガンで撃つとかは言語道断、ナンバー公開しちゃっていいんじゃないですかね。悪質なドライバーは。

宮崎に匹敵するレベルの悪質度、
逮捕してほしい。

あおりと言うよりすでに攻撃の域に入ってるね。しかしだ。一瞬、前方もクリアで、左車線にも車が走って無い様子も映ってるが?ずっと右側走行しているとすれば、被害者にも一定の非はあることになるが、そこはどうなんだ?前々から言ってるんだが、あおられる方にも何かしらの問題があると思うんだが。そこもきちっとしなきゃ、あおられ屋的な奴も出てくるぞ。今回の場合は被害者が明確に右側を走る理由があったことも前方のドラレコで確認しないといけないし、もし、左も前方もクリアだとすれば、被害者も通行帯違反で罰則受ける必要がある。