Lifestyle

イングバル・カンプラード イケヤの創業者!世界第七位の資産家だった!

イケヤの創業者として有名なイングバル・カンプラード氏が91歳で亡くなった。

イングバル・カンプラードさは世界第七位の世界的大富豪だった。

弱冠17歳でイケアを創業したイングバル・カンプラードさん。

農家の息子として生まれた男性がどうして家具店を世界的大企業に成長させることができたのだろうか?

スポンサーリンク






イングバル・カンプラード イケヤ創設者が91歳で亡くなる

あまりにも突然の不法だった。
イケアがツイッター(Twitter)の公式アカウントがスウェーデンの家具販売大手イケア(IKEA)の創業者、イングバル・カンプラード(Ingvar Kamprad)氏が28日、スウェーデン南部の自宅で死去したと発表したのだ。

スウェーデン南部・スモーランド地方の農場で育ったイングバル・カンプラードさん。

その天才的な商売の才能を振り返ってみたいと思う。

わずか五歳で天才的な商才を見せつける

イングバル・カンプラードさんはわずか五歳で天才的な商売の才能を発揮する。

マッチ箱を大量に安く仕入れ、金額を上乗せして販売。
さらに森で収穫した果実やクリスマスカードなど様々な商品を売り歩くようになる。

そんなイングバル・カンプラードさんはある理念が生まれる。

「人々の役に立つものを安く、確実に届けたい」

その思いは。1943年、弱冠17歳で会社を立ち上げる。

イケヤを法人登記すると家具やインテリアを中心に販売するようになる。

イケアの名前の由来

ちなみに、イケアの名前の由来は

Ingvar Kamprad Elmtaryd Agunnaryd

IKはイングバル・カンプラードのイニシャル、
Elmtaryd(エルムタリュード)は育った農場の名前、
Agunnaryd(アグナリッド)は、その農場があるスモーランド地方の村の名前

他社と同じことをしてはダメだ!現在まで続く販売すたいるとは?

イングバル・カンプラードさんが創業したイケヤは創業してすぐの頃は、他社と同じように新聞広告をメインに集客していた。

しかし、イングバル・カンプラードさんは、他社と同じようにやっていては頭ひとつ抜け出すことはできないとアイデアを形にしていく。

それが、展示会場で実際に商品を触ってもらうことと、カタログを制作して配布する。

低価格で高品質、その商品を知ってもらうための戦略は当時としては画期的だった。
実店舗と通販。現在まで続くスタイルだ。

イングバル・カンプラードが重視したのは血縁ではなく優秀な人材育成だった

イングバル・カンプラードさんは徹底したコンセプトをイケヤに根付かせていく。

そして、力を入れたのが、強固なイケアの組織作りだった。

イケアの有名な理念がこれだ。

「優れたデザインと機能性を兼ねそなえたホームファニッシング製品を幅広く取りそろえ、より多くの方々にご購入いただけるようできる限り手ごろな価格でご提供すること」

このコンセプトを基本に高い基準を設ける。

イケアの商品には高い基準がある

・形(自然で美しい形、イケアらしいユニークさがあるか)
・機能(使う人の日常をより便利にする使いやすさがあるか)
・品質(耐久性、安全性は十分か)
・サステナビリティ(人や地球にやさしく、環境に配慮した持続可能性があるか)
・低価格(手頃な価格設定であるか)

これらをしっかりと守ることができる組織作りに尽力する。

日本の場合だと血縁を重視した世襲制度があり、二世、三世が売上を低下させていくという悪しき習慣がある。

しかし、イングバル・カンプラードさんは血縁よりも、徹底したイケアプライド共有する組織作りに尽力した。

イケアはカンプラード家のものではない

イングバル・カンプラードさんは今までとは違った強固な組織運営を行っている。

カンプラード一族で取締役に就任できるのは多くても一人だけだ
有能な社員の登用
全世界のイケアの管理職はエルムフルトで行われる研修に参加し、会社の歴史や製品に対する考え方からスモーランド地方の文化まで、イケアが育んできた理念を学ぶ

などのなど、多くのイケアプライドの継承を実践している。

イングバル・カンプラードさんが一番大切にしたの次の言葉が有名だ。

「何よりも私は謙虚であることに最大の価値を置いている」

スポンサーリンク