Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ENT

イッテQ打ち切りか!バービーでネット騒然

またもイッテQの事故で打ち切りになるのではとファンからも心配の声が上がっています。

22日に行われた「女芸人一芸合宿」(宮城県松島町)のロケ中に、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(35)が左足に違和感を覚え、現地の病院で診察を受けた結果、左足アキレス腱断裂と診断されたことを発表したしました。

スポンサーリンク

イッテQ!またも事故で打ち切りを心配する声

報道によると、22日に行われた「女芸人一芸合宿」でバービーさんの事故は発生しました。

22日に行われた「女芸人一芸合宿」(宮城県松島町)のロケ中に、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(35)さんがアキレス腱断裂の大怪我を負っていたのです。

撮影後にアキレス腱に違和感を覚えたバービーさんは宮城県の病院で診察を受けた。

すると医師から「左足アキレス腱断裂」という衝撃の診断をくだされます。

日テレは先月28日にもみやぞんが骨折の事故を発

日本テレビの超高視聴率番組として長らく君臨してきた世界の果てまでイッテQ!。

しかし、最近は視聴率の低迷。さらに撮影中の事故が立て続けに起こっています。

先月も人気お笑いコンビANZEN漫才のみやぞんが、インドロケで左足首を骨折し、全治2カ月という大怪我をおする事故。

その時も日本テレビはコメントで「今後の安全対策に万全を尽くす」としていましたが、みやぞんの骨折の大怪我から一ヶ月もしない間にまたも事故が発生してしまいました。

一ヶ月もしない間に今度はバービーのアキレス腱断裂に「万全と尽くすとは?」の声

みやぞんの事故発表から一ヶ月もしない間にまたもロケ中に発生してしまったバービーアキレス腱事故。

みやぞんの骨折事故でも日本テレビは「安全対策に万全を尽くす」としていたもののまたも起こってしまった事故

バービーもコメントを発表していますが、番組に迷惑がかからないようにか最大限に配慮したコメントを発表しています。

フォーリンラブ・バービーさんのコメント
「どうしても踊りたいダンスがあり、沸き立つ想いが抑え切れず、魂の舞を披露した結果、アキレス腱を切ってしまいました。だれよりも美しく高く飛びたい!という気持ちが腱に無理をさせてしまったようです。アキレス腱断裂は誰にでも起きうるものらしいので、みなさまお気をつけください!今は、お医者さんと相談しながら、早く復帰できるように養生します。ご心配をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。これからも応援よろしくお願いします」

相次ぐ芸能人の怪我にヤラセ疑惑で打ち切りを心配する声

世界の果てまでイッテQ!といえば、日本テレビのまだにドル箱番組。

視聴率もよく、長らく日テレを支えてきた長寿番組。

一方で日曜夜8時台の視聴率トップを独走していたが、今年2月に裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に抜かれされてからと言うものの視聴率も伸び悩み。

さらに昨年に週刊文春が報じた世界の果てまでイッテQ!のヤラセ疑惑も大きな話題になりました。

文春が報じたヤラセ疑惑とは

昨年のヤラセ疑惑を人気ネットメディアのサイゾーがまとめているので引用します。

『イッテQ』のヤラセ疑惑とは、昨年11月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じたスクープで、お笑い芸人の宮川大輔がリポーターを務める人気企画『世界で一番盛り上がるのは何祭り?』が、実際には存在しない祭りをデッチ上げているのではないかと指摘したもの。5月に放送されたラオスでの「橋祭り」が番組のためにデッチ上げられたものだったとする「週刊文春」に対し、当初、日テレ側は捏造を否定していたが、翌週、同誌が2017年2月放送の「カリフラワー祭りinタイ」にもデッチ上げがあったと報じると、翌日、再び見解を発表。「番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり実質的な主催者となったりして、イベントとして開催したケースがありました。中には場所や時期を変更して開催したものもありました」と釈明し、ヤラセの意図こそ否定したものの、祭り企画の休止を発表した。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201906_post_207434/

ネタ切れで打ち切り?ファンはイッテQの再起を願う!

度重なる事故に、ヤラセ疑惑。そして視聴率の低迷。

 

長らく王者として君臨してきた世界の果てまでイッテQ!。

ファンは打ち切りになってしまうのではと不安の声が上がっています。

 

スポンサーリンク