Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
世界仰天ニュース・奇跡体験!アンビリバボー」

アルメダ・エレルとゲイリー・ハードウィック54歳差の71歳老女と17歳が恋をして結婚してしまう!

2016年の7月に日本で常識を覆すニュースが報道された。
アルメダ・エレルとゲイリー・ハードウィック。

71歳老女と17歳が恋をして、結婚してしまうという驚きの話題がニュースとして報じられた。

アルメダ・エレルとゲイリー。アルメダの人生、は彼のゲイリーの四倍生きているが、お互いに一目惚れ同士だったのだ。

スポンサーリンク




しかもその青年アルメダ・エレルは、息子の嫁の甥っ子で年齢は17歳。
なんと54歳もの歳の差があったというのだ。
2017年12月19日(火) 19時56分~22時54分放送の世界仰天ニュースでも特集される「アルメダ・エレルとゲイリー54歳差の恋」をご紹介します

71歳が17歳に恋・・アルメダ・エレルとゲイリー・ハードウィック54歳差の結婚が話題に

世の中には常識を覆す人たちがいる。

しかし、今回の事はある意味で人間の常識を超えたものと言ってもいいのかもしれない。

アメリカテネシー州でとんでもない年の差を超えて、結婚したカップルが話題になっているのだ。

アルメダ・エレル71歳には45歳になる息子がいた。
しかし、不幸なことに自分の息子が45歳という若さで先に旅立ってしまったのだ。

悲しみにくれる中でアルメダ・エレルは45歳で旅立った息子の葬儀に参列していた。

その葬儀ではアルメダ・エレルは人目もはばからずに涙を流していた。
そこに1人の青年が、そっとハンカチを差し出してくれたのだ。

その青年は自分の息子と嫁の間に生まれた甥っ子のゲイリー・ハードウィック17歳だった。

アルメダ・エレルはその青年を見た瞬間に、なんと一目惚れをしてしまったというのだ。

「葬儀の最中のことだけど、愛らしい笑顔の青年がいるのがわかったわ。それで、これって運命の人かも、って思ったの」

なんとも信じがたい話しだが、これは実話だ。

「彼は教会内の私から随分離れた場所に立っていた。でも私は彼のことをずっと見ていたの。悲しみを通り越して、明るい光のようなものが見えたわ」

アルメダ・エレルは自分の息子の葬式で、親戚の甥っ子の恋をしてしまったというのだ。

これが日本であれば「不謹慎」といって、ぶっ叩かれて炎上は間違いないだろう。

しかし、二人の愛はそんなものでは止まるものでは無かった。

スポンサーリンク

マダム専科と報じられたゲイリー・ハードウィック

ちなみに、この奇跡の年の差婚には当初はだれもが、反対、もしくはハードルが高いものと思われていた。

しかし、肝心の一目惚れの相手のゲイリー・ハードウィックだけは違ったのだ。

日本でもマダム専科と表現されたゲイリー・ハードウィックはこれまでにも77歳の女性とデートをするなど、かなり歳上の大人の女性が好みだったのだ。

さらにアルメダ・エレルとゲイリー・ハードウィックの恋はトントン拍子で進んでいく。

彼の叔母リサさんがアルメダさんの息子のお嫁さんだったことで、その後リサさんがこの2人を9歳になった自分の娘の誕生日に招待したところ、2人は急接近。その後は話がトントン拍子に進んだという。

当然のように二人の交際に否定的な親戚もいた・・二人が出した答えは「他人がどう思っているかなんて全く気にしない」

当然のように17歳という若さ。

さらに女性は71歳で年の差は54歳。

親族関係者というだけあって、親戚の中では二人の交際を理解する人もいれば、まったく理解できない人間もいて当然だ。

むしろ、2人が付き合うことは親族の中でも、ゲイリー君の母と祖母を含めた少数には理解されていたらしいが、他の人間から総スカンを食っていた。

まあ、当たり前といったら当たりまえだ。

しかし、アルメダはまったく気にしなかった。

「家族の中のある人たちは、ゲイリーは私には若すぎる。私がおかしくなったんではないのか、と思ってたらしい。でも私は『私は変じゃない、だって2人は愛し合っているんだもの』って彼にわかってもらったの」

ゲイリーもそれは同じだったという。

「アルメダはとてもはつらつとしていて、年齢を気にすることはないね。ホントに全くそんなこと考えたことない。分かっているのは、自分の祈りが神に通じて、彼女が僕の人生に入ってきてくれたんだよね」と、幸せいっぱいのコメントをしている。

そして、ふたりは今回の大恋愛を次のように話している。

「人を心から愛する時、今回ひとつ学んだこととは、他人がどう思っているかなんて全く気にもとめません」

スポンサーリンク